せどり(転売)に古物商許可は必要?


せどり(転売)に古物商許可は必要か?

 

2017.10月ころ古物商許可を

やっと申請することが

できました。

 

 嬉しい限りです。

審査に40日程度かかるので、

それまでは中古の販売はお預けです。

20171102_205434

 

古物商許可には1万9000円の費用

諸々の書類が必要です。

 

古物商許可申請について

で流れを書いています。

 

古物商は使用承諾書がもらいにくい!

 

ほとんど自分で揃えますが

使用承諾書というのが

 

いわゆる営業所の保有者

印鑑をもらわなければならないので

ここが一番めんどうです。

 

特にマンションの1室でやろうと

する場合は多くのマンションで

事業禁止となっていますので

マンションからの許可が下りません

 

 

私の場合は契約時に事業をする約束で

マンションを借りましたが、

 

不動産屋が判を押すのを渋りましたので

法的に訴える的なことを言って

やっと判がもらました。

 

話はズレてしまいましたので

もとに戻します。

 

転売に古物商許可が必要か?です。

 

そのためには前提となる

古物が何かを理解する必要があります。

 

古物とは?

 

古物とは、古物営業法第2条第1項で

以下のように定義されていることを

まとめると

 

  ・一度使用された物品

  ・使用されない物品で使用のために取引されたもの

  ・これらの物品に幾分かの手入れをしたもの

 

となっています。

 

一度使用された物品、これらの物品に幾分かの手入れを

したものが古物というのがイメージが普通につきます。

 

問題は↓の文章です。

使用されない物品で使用のために取引されたもの

 

日本のほとんどの法律がそうなのですが、

解釈次第でなんとでもなるように

なっています。

 

使用しようと買って未使用のまま売るのは古物

 

×

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば新品のはさみを必要だから買って

やっぱり使わないからいいやで売ると

このはさみは古物にあたります。

 

未使用未開封であっても使おうと思って

買ったものを売る場合は古物になります。

 

転売目的買ったものは新品扱い(古物ではない)

 

おk

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さきほどと同様のはさみ転売しようとして

50個買って転売した場合は「古物」では

ありません(`・ω・´)

 

この件に関しては古物商の申請をするときに

警察で確認をとりました。

 

★解釈で新品にも古物にもなります( ゚Д゚)

 

実際にこのように解釈次第でどうにでも

なってしまうとのことです。

 

2017.10ころはアマゾンの特商法の関係で

転売に古物商が必要かが話題に

なっています。

 

ダメ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中古であれば間違いなく必要

なります。

 

アマゾンの中古販売している人を

みてみると古物商がない方が多いです。

 

ほぼ古物営業法違反になりますので

以下が適用されてしまいます。((((;゚Д゚))))ガクガク

 

 

3年以下の懲役又は100万円以下の罰金

 

 

逃げの言い訳として自分保有の

不必要なものを売ったとすれば

おkかもしれませんが・・( ゚Д゚)

 

同じ商品を何度も売っていたりすると

アウトになってしまうと思います。

 

新品だけを扱っていたとしても

「解釈」によって何とでもなって

しまうので、

 

人によっては新品であっても

古物商は必要だという人が

でてきます。

 

新品でも古物商が必要だという

考えの人は、仕入れ先から買った

段階で使用のための買い付けと

解釈していることになります。

 

ただこの解釈をすべての人(企業)に

適用させるとすべてのものを

販売している人(企業)に古物商許可が

必要となってしまいます。

 

実際には販売活動をしている

すべての人(企業)は古物商を

もっていないことからも理解できます。

 



 

この解釈をする注意事項

 

注意

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新品のみを販売している会社からの

仕入れのみに適用される可能性が

あります。

 

リサイクルショップのように

新品も売っているが中古も売っている

ようなところからでは適用できない

可能性があります。

 

あくまで新品のみを扱っている

ショップからの仕入れに限ると

思われます。

 

これは警察に確認していませんので

あくまでそうなる可能性が

あるという想像です。

 

☆まとめ

意見

 

 

 

 

 

 

 

新品のみを扱っているショップから

新品を購入し、転売しているだけなら

古物商が必要でありません。

 

それ以外のところからの購入だと

新品で未使用未開封であっても

古物にあたります。

 

そのために、古物にあたらない

新品だけを扱っている人なら

古物商はいらないことになります。

 

がしかし、あくまで解釈論の

世界なので悪意がある人に絡まれて

 

脱法行為をしていると

言われても困るので

とっておくのが無難です。

 

申請してから許可がおりるまでに

40日かかるので転売している方は

取っておくのがよろしいかと思います。

 

法律が絡む話になりますので

あくまで私はそう解釈しているという

ご参考にとどめていただければ

幸いです。

 

~~豆知識~~

 

日本の法律はお偉いさんが

追い詰められたときに困るので

解釈次第でどうとでもなるように

作られていると思われます。

 

人によって古物商は必要だという人と

不必要だと言う人がいますが、

どちらも正解です。

 

なぜならば、解釈で、どっちにでも

なるからです。

 

 

 

 



Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

http://haburashi.site/2018/03/27/%e3%81%9b%e3%81%a9%e3%82%8a%e8%bb%a2%e5%a3%b2%ef%bc%89%e3%81%ab%e5%8f%a4%e7%89%a9%e5%95%86%e8%a8%b1%e5%8f%af%e3%81%af%e5%bf%85%e8%a6%81%ef%bc%9f/trackback/

PAGE TOP