2017.10~(年齢40歳)から脱サラし起業しました。これから脱サラしたいという方向けに脱サラを支援する情報発信をさせていただきます。

納品後1か月程度で売却する方法【せどり】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

納品後1か月程度で売却する方法【せどり】

 

株式の売買実績と違い

相変わらずの低空飛行をしている

転売(せどり)です。

 

直近3か月の実績としては

 

売上  利益
2018.4  78万  14.7万
2018.3  67万  12.1万
2018.2  56万  12.7万

 

とショボい実績です。

 

 

がしかし内容が

かなり改善しております( ̄ー ̄)ニヤリ

 

 

売上も利益も

ほとんど変化なしですが、

 

 

3月後半~4月に仕入れた物が

すべて売れています( ̄ー ̄)ニヤリ

 

 

今年の1月~3月前半まで

どっぷりと中古せどりを

やった結果、

 

 

どういうものがすぐ売れるか

逆に言えばどういう状態だと

売れ残るかということを

 

 

身をもって体験した成果が

でてきました。

 

よって仕入れたものを

1か月程度で売り切るための

条件が自分なりに理解できたので

共有させていただきます。

 

①出品者が少ない

 

文字の通りですが、

出品者の少ない商品を選びます。

 

 

赤字でも売ろうとしてくる人が

一定数いますので、出品者が多いと

価格競争に巻き込まれます。

 

 

値下げをためらっていると

相場においていかれ

1か月以上寝かすことになります。

 

 

そうなる確率を減らすために

出品者の少ない商品を

仕入れるようにします。

 

 

②実売数>出品者

 

グーグルクロムの拡張機能の

モノゾンで実売数をチェックします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上図だと直近1か月で

 

新品が12個

中古が7個

 

売れていることが確認できます。

 

中古で売るなら、自分の競合になるで

あろう出品者の数をかぞえ比較します。

 

実売数>出品者

 

なら値下げしてくる人がいても

それ以上に需要がありますので

売ることができます。

 

 

③出品者の値段帯が広い

 

値段帯が広いとは

下図のような状態です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出品者の値段が

①7300円

②7980円

③8220円

 

このようになっている

場合です。

 

 

このような値段をつける人は

1円でも安くと値下げをして

きませんので、

 

自分の売りたい値段に

設定して売りやすくなります。

 

 

逆の値段帯が狭いものは

こんなやつです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほとんどの人が

1740円で並んでいます。

 

こういう状態だと

誰かが値下げすると

追随して値下げをほぼ

してきます。

 

 

とにかく

最安値でカート取りたい

人たちです。

 

 

こういう状態の商品は

現時点の見込み利益があっても

 

 

ほぼ価格競争によって

0に近い状況になる可能性が

高いので、仕入れるを避けます。

 

 

※まとめ※

 

これらの3条件をみたすものだけを

仕入しているとほぼ1カ月以内で

売れます。

 

 

見込み利益に近い状態を

確保した上で売れます( ̄ー ̄)ニヤリ

 

 

 

あとはそういう条件を満たすものを

どれだけ自分にリストとして

ストックできるかだと思います。

 

 

おそらくですが、この3条件を

満たす代表例は

ゲーム機本体なんだろう

思います。

 

今、ゲーム機本体は研究中ですので

のちに実績とともにご紹介できたらと

思います。

 

 

以上1か月程度で売却する方法でした。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です