せどり(転売)の最も嫌なデメリット


せどり(転売)の最も嫌なデメリット

 

2017.12~2018.3の間

1日のかなりの時間を割いて

せどり(転売)に注力してきました。

 

 

実績はショボいかぎりですが、

基礎を鍛えた期間だと思っています。

 

 

野球でいえば、試合に出ずに

ひたすらランニング、1000本ノック、

 

等をしていた時期ということだと

私は思っています。

 

 

そんな基礎的な地味な経験、知識の

積み上げをやったあと、冷静になって

 

自分のやってきたこと、

せどりという業態

 

についてここ1カ月、じっくりと

考えてみました。

 

そして実感するせどりの

最も大きなデメリットは

 

自分のレベルが下がる

 

ということです。

 

 

なぜ、そうなるかをご説明

させていただきます。

 

 

情報発信者のレベルがものすごく低い

 

せどり(転売)をする上では

色々情報を収集することが多くなります。

 

 

がしかし、これが他の業態と違って

せどり(転売)の場合、最大の

ジレンマとなります。

 

情報提供=利益減となる業態

 

せどり(転売)は、

なんらかの事情により

価格差ができたものを仕入れ、

販売するということで

利益になります。

 

 

もしくは過去の傾向からして

値段が上がるであろう

商品を先に買っておくということが

商売の「肝」となります。

 

 

つまり

「情報」が利益の根源になります。

 

 

がこの情報を不特定多数の人に

伝えると、その人たちが商品に

群がり、

 

価格競争→利益出ず

 

という負のスパイラルになります。

 

 

つまり根本的には情報発信すれば

した人が稼げなくなるという

構造の業態になります。

 

情報の質が低い

 

 

結果何がおきるかというと

 

核心にふれない情報

すでに稼げなくなった情報

 

が出回ることになります。

 

 

さらにこの程度の

質の低い情報にでさえ、

簡単にたどりつかないことが

多いです。

 

 

知りたい情報にたどり着かない

 

情報を取りにくい例としては

ブログからメルマガ登録があります。

 

この件に関して詳しく知りたい方は

メルマガ登録してください

 

というのよくある常套手段です。

 

 

ブログの記事にあるものより

踏み込んだ情報が得れると

期待してメルマガ登録をするわけですが、

 

 

メルマガ登録をしても

一切、その情報は提供されないのが

普通です。

 

 

始まるのはステップメールで

お涙頂戴の自己紹介からはじまり、

情報商材を買えというオファーが

10通(10日)を1セットで

行われる残念さです。

 

 

 

情報提供するどころか

押し売りをしてくるわけです。

 

 

優秀な人でさえ情報が薄い

 

実績をともなって稼いでいる人で

あっても、奥歯に物が挟まったような

情報提供が多いです。

 

 

当たり前ですが

情報提供=利益減

というのが顕著な業態のためです。

 

 

そのために、このせどり(転売)

業態にどっぷり浸かっていると

 

・恐ろしく質の低い情報にしか

アクセスできない状況が常態化

 

・結果、目線が下がり

自分のレベルが劣化する

 

 

ということが知らずのうちに

おきてきます。

 

 

これが最大のデメリットです。

 

 

 

私は20万程度は有料な情報商材も

買っていますが、

 

恐ろしく情報が薄く、買って

よかったと思えるものに

出会いません。

 

 

しかも単価が恐ろしく高いです。

 

 

どっぷり浸かってせどり(転売)で

稼ぐぞーと鼻息荒くしていると

 

うさんくさい情報商材を

3万等でなんの疑いもなく

買う羽目になります。

 

 

冷静に考えると異常に

高いのですが( ゚Д゚)

 

 

情報発信している人が

稼いでいる人は稼いでいるにも

かかわらず

 

情報商材にたくさん投資している

コンサルにも積極的に参加している

 

 

等のすりこみをあらゆる局面で

刷り込んでくるためです。

 

 

ただはっきり言えるのは

そんな投資効率の悪いことを

している人は間違いなく

稼げていないと思います。

 

手持ちの資金を効率的に

活用するという視点がないからです。

 

 

☆まとめ☆

 

どっぷりせどり(転売)に

注力していると、気が付かなく

そういうものかと思って

突き進んでしまいます。

 

 

が一歩離れて、違うジャンルの

情報を入手しにいくと

情報の質がびっくりする

くらい違うことに気がつきます。

 

 

せどり(転売)関連の情報は、

イメージでは一時期のテレビのように

知りたい情報に近づくと

 

 

続きはCMの後でジラサレ、

CM後でも中々情報を

出してこなくストレスが

たまるのによく似ています。

 

 

おそろしく、時間効率と

精神衛生上悪いわけです。

 

 

そんなわけで、せどりは

あんまり注力するべきジャンルでは

ないと感じています。

 

 

もともと参入障壁が低いために

モラルの低い人が多いためだと

思っています。

 

 

そうはいってもこの世界で

生きて行きたい場合は

 

質の悪い情報へのアクセスが

常態化することを理解しておくのが

よろしいかと思います。

 

 

以上せどり(転売)での最も

嫌なデメリットとして私が思うことでした。

 

※あくまで私がそう思うという

個人的な感想です。

 

 

 

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

http://haburashi.site/2018/05/15/%e3%81%9b%e3%81%a9%e3%82%8a%ef%bc%88%e8%bb%a2%e5%a3%b2%ef%bc%89%e3%81%ae%e6%9c%80%e3%82%82%e5%ab%8c%e3%81%aa%e3%83%87%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88/trackback/

PAGE TOP