ゲームせどりがゲーム機>周辺機器>ソフトで稼げる理由


ゲームせどりがゲーム機>周辺機器>ソフトで稼げる理由

 

最近はゲームせどりにおいて

ゲーム機、周辺機器もまだ少しつつですが

仕入れをするようになりました。

 

 

取り組むにあたって相場を調べながら

やっていると、なぜゲームせどりが

 

①ゲーム機

②周辺機器

③ソフト

 

の順に儲かると言われているのかを

実感として理解できるようになりました。

 

 

儲けられるということは

価格差が大きいということです。

 

つまり

 

ゲーム機>周辺機器>ソフトの

順に価格差が大きいということです。

 

 

なぜ価格差が大きくなるのかというと

種類が多すぎて店舗側が値付けを

マニュアル化できないためだと

私は理解しました。

 

 

 

種類が多いとは?

 

単純な「商品の数の種類」だけ考えると

 

①ソフト

②周辺機器

③ゲーム機

 

と逆の順番になります。

 

 

がしかし、ここでいうのは

商品の数の種類のことでは

ありません。

 

 

店舗側が値付けをする種類が

多いかどうかになります。

 

店舗側が値付けをマニュアル化できるかどうか?

 

ゲームを扱う店舗側は

バイトや知識がない社員でも

迷わないように価格をある程度

統一する必要がでてきます。

 

あまり複雑にすると、事務作業や

目利きに時間がかかりすぎて

儲けにならないからです。

 

個別にみていきます。

 

 

ゲームソフトの価格差

 

ゲームソフトは種類は一番多いですが、

値付けルールは簡単です。

 

大きく大別すると

 

①箱・説明書あり

②ソフトのみ

 

基本この2つしかありません。

 

そのため、統一した価格に

なりやすく、店舗によって価格差が

でるということは基本ありません。

 

 

価格差があるものを探すには

価格が急上昇したもので

価格改定が遅れたものを

買うというのが基本戦略になると

思います。

 

そのため必然と

商品の急騰を待つことになりますので

仕入対象の絶対数が少なくなります。

 

 

つまり稼げないわけではないですが

稼ぎにくいということになります。

 

周辺機器の価格差

 

周辺機器はバリエーションが

まあまあ多いため、ソフトに

比べると価格差がでやすくなります。

 

 

例えばの例で

ゲームキューブのコントローラーです。

 

 

色々な色があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中でも

 

↓のエメラルドブルーの色や

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓のスマブラバージョンは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他のコントローラーの

ざっくり倍の値段で売れます。

 

 

が店舗側は、このように

ほとんどは1500円売るが

エメラルドブルーは3000円

とかの例外を作ると

 

 

面倒になるのですべて

1500円であるというように

値付けをしていると思われます。

 

 

要は値段のマニュアル化が

ソフトに比べて難しくなっています。

 

 

そのため、価格差がある状態が

ソフトよりも多くなるのだと

思います。

 

 

そういう意味で店舗側の値段を

決める種類が多くなるので

対応できず価格が生じると

想像出来ます。

 

 

そのため、ソフトよりは

価格差がある商品を見つけられる

可能性が高くなるということです。

 

 

この視点でみるとゲーム機は

マニュアル化がとても難しくなっている

ことに気がつきます。

 

ゲーム機の価格差

 

ゲーム機の単純な種類は

数えるほどしかありませんが、

付属品の有無によって

値付けの種類が無数になります。

 

 

例えば任天堂3DSだと

セットの完品でも以下の6品が

ある状態になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・完品の場合

・タッチペンがない場合

・ACアダプタがない場合

・メモリカードがない場合

 

 

等々状態が「無数」に存在します。

 

 

よってソフトや周辺機器の

ようなマニュアル化した

価格設定がまず無理です。

 

ざっくり体感では

 

傷があるかないか

 

のマニュアルしかないように

思います。

 

 

そのため、各店舗の店長の裁量で

付属品の有無による価格差が大きくでやすい

ということに気が付きます。

 

 

さきほどの箱あり説明書ありの

完品3DSと本体のみが別店舗で

同じ値段で売られているという現象が

おきることも多々あるわけです。

 

 

ゲーム機が種類が少ないから

覚えるのが少ないと発信している人が

多いですが、全くの「嘘」です。

 

 

表面的な言葉ではあっていますが、

「稼ぐための本質」としては

ゲーム機が最も値付けの種類が

多く、難しいということになります。

 

 

☆まとめ☆

 

ゲーム機は大きいから保管スペースと

郵送費がかかるからという理由で避けて、

 

ソフトを取り組んでいましたが、

「稼ぐ」という視点では間違っていました。

 

 

せどり(転売)では価格差があるものを

狙うのが鉄則なので、その視点で考えると

ゲーム機が上記にあげた理由より

優れていることが理解出来ました。

 

 

ゲーム機は付属品の有無により

価格差がでやすいジャンルのため

稼ぎやすくなると思われます。

 

決して手数料が8%ということが

ポイントではないと考えます。

 

 

ゲーム機の付属品まで含めた

相場を覚えれば大きく稼げるのでは

ないかと思いますので

 

 

挑戦していきたいと思います。

結果は追って報告していきます。

 

 

 

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

http://haburashi.site/2018/05/20/%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%81%9b%e3%81%a9%e3%82%8a%e3%81%8c%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0%e6%a9%9f%ef%bc%9e%e5%91%a8%e8%be%ba%e6%a9%9f%e5%99%a8%ef%bc%9e%e3%82%bd%e3%83%95%e3%83%88%e3%81%a7%e7%a8%bc/trackback/

PAGE TOP