2017.10~(年齢40歳)から脱サラし起業しました。これから脱サラしたいという方向けに脱サラを支援する情報発信をさせていただきます。

子ども・子育て拠出金の会計処理(事業主の場合)【会計】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -



子ども・子育て拠出金の会計処理(事業主の場合)【会計】

 

 

社会保険料の負担は

①事業主

②従業員

で折半(50%づつ)です。

 

 

 

健康保険・年金以外に

社会保険料を納めた

領収書を確認すると

 

子ども・子育て拠出金というのが

あります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この子ども・子育て拠出金も

折半にするのでしょうか?

 

 

子ども・子育て拠出金は事業主負担!

 

 

国税のホームページより確認すると

 

事業主の方は、児童手当の支給に

要する費用等の一部として、

子ども・子育て拠出金を負担

いただくことになります。

 

 

さらに下記付け加えがあります。

 

 被保険者の負担はありません

 

 

具体的な仕訳は?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

事業主が支払いするのは「法定福利費」

従業員が支払いするのは「預かり金」

で処理します。

 

 

×61420円の折半

 

61420円÷2=30710円。

 

 

法定福利費  30710  普通預金  61420
預り金  30710

 

この処理は「間違っている」

ことになります。

 

〇子ども・子育て拠出金を事業者へ

 

 

①61420円から460円を引きます。(60960円)

②引いた60960円を折半します。(30480円)

③事業者に460円のせる。(30940円)

 

 

法定福利費  30940  普通預金  61420
預り金 30480

 

この処理が「正しい」わけです。

 

☆まとめ☆

 

細かい点にはなりますが、

完全な折半で計算していると

所得税の計算に違いがでてくる

可能性があります。

 

 

所得税は

給料-社会保険料によって

きまるためです。

 

 

しっかり理解して

会計処理しましょう。

 

 



 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です