子ども・子育て拠出金の会計処理(事業主の場合)【会計】




子ども・子育て拠出金の会計処理(事業主の場合)【会計】

 

 

社会保険料の負担は

①事業主

②従業員

で折半(50%づつ)です。

 

 

 

健康保険・年金以外に

社会保険料を納めた

領収書を確認すると

 

子ども・子育て拠出金というのが

あります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この子ども・子育て拠出金も

折半にするのでしょうか?

 

 

子ども・子育て拠出金は事業主負担!

 

 

国税のホームページより確認すると

 

事業主の方は、児童手当の支給に

要する費用等の一部として、

子ども・子育て拠出金を負担

いただくことになります。

 

 

さらに下記付け加えがあります。

 

 被保険者の負担はありません

 

 

具体的な仕訳は?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

事業主が支払いするのは「法定福利費」

従業員が支払いするのは「預かり金」

で処理します。

 

 

×61420円の折半

 

61420円÷2=30710円。

 

 

法定福利費  30710  普通預金  61420
預り金  30710

 

この処理は「間違っている」

ことになります。

 

〇子ども・子育て拠出金を事業者へ

 

 

①61420円から460円を引きます。(60960円)

②引いた60960円を折半します。(30480円)

③事業者に460円のせる。(30940円)

 

 

法定福利費  30940  普通預金  61420
預り金 30480

 

この処理が「正しい」わけです。

 

☆まとめ☆

 

細かい点にはなりますが、

完全な折半で計算していると

所得税の計算に違いがでてくる

可能性があります。

 

 

所得税は

給料-社会保険料によって

きまるためです。

 

 

しっかり理解して

会計処理しましょう。

 

 



 

 

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

http://haburashi.site/2018/06/03/%e5%ad%90%e3%81%a9%e3%82%82%e3%83%bb%e5%ad%90%e8%82%b2%e3%81%a6%e6%8b%a0%e5%87%ba%e9%87%91%e3%81%ae%e4%bc%9a%e8%a8%88%e5%87%a6%e7%90%86%ef%bc%88%e4%ba%8b%e6%a5%ad%e4%b8%bb%e3%81%ae%e5%a0%b4%e5%90%88/trackback/

PAGE TOP