2017.10~(年齢40歳)から脱サラし起業しました。これから脱サラしたいという方向けに脱サラを支援する情報発信をさせていただきます。

他者分析~値付け編~②【せどり】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

他者分析~値付け編~②

 

今回は他者ではなく、自分の

売却事例です。

 

 

最近は、せどりに

ほとんど力を入れていなく、

価格改定もさぼっていました。

 

 

結果、相場においていかれた

ものが今回売れました(((o(*゚▽゚*)o)))

 

 

力を入れて取り組んでいるときでは

つけない値段でしたが、無事売れました。

 

 

その分析をしておきます。

 

 

出品者の値付け状況

 

商品はニンテンドーDSソフトです。

 

最安値がケース、説明書ありの

良いで950円です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ここまでが1ページ目です。

 

↓2ページ目

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで箱あり、説明書あり、

写真あり1600円非常に良いで出品

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この状態で1600円で

売れました(((o(*゚▽゚*)o)))

 

放置のたまものです( ̄ー ̄)ニヤリ

 

 

検証

 

なぜ売れたかを考えてみると

 

写真あり、非常に良いで

最安値であった

 

ということしか考えられません。

 

 

個人的には、

良いと非常に良いは

出品者の主観によって決められ

大して変わらないと思っています。

 

 

甘い基準の出品者の非常に良いは

厳しい基準の出品者の良いと

同じだと感じています。

 

 

よって厳密にみていけば

出品者が厳しめか甘めかを

理解していなければなりません。

 

 

そうして基準の甘い出品者は

総じて評価が悪い傾向にあります。

 

 

評価が同じ程度であった場合、

区別の仕様がありません。

 

私が購入者であったら

以上の観点から

写真ありの良い1400円を

購入したと思います。

 

 

が1600円で売れたということは

コンディション、写真ありで

選ぶ人がいるという事実だと

思います。

 

 

☆まとめ☆

 

評価か良い(98%以上)前提で

非常に良い、写真ありで

出品することで、高値販売が

可能かもしれません。

 

 

資金の回収は遅くなりますが

高値販売したい場合は

やってみるもの一つだと

思います。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です