アマゾンは評価がたくさんある方が売れる【アマゾンFBA】


アマゾンは評価がたくさんある方が売れる【アマゾンFBA】

 

アマゾンで評価がある方が

売れると思われます。

 

ここ数か月ずっと販売動向を

みていますが、明らかに

同じ値段になったときに

 

評価の多いセラーの方が

確実に多く売れていきます。

 

 

純粋に総評価ではなく、

直近3か月の評価が多いセラーから

多く売れています。

 

逆をいうと総評価が多くても

直近3カ月の評価が少ないと

売れていきません。

 

同じ値段でも0個対10個も平気でおきる

 

私は時間があるときは

10分に1度は販売動向をチェックしています。

 

競合者が、どんなタイミングで

値段を下げるか等細かくチェックしています。

 

細かくチェックしていると

それぞれのセラーの癖もわかって

値付けをみれば在庫を多く抱えているのか

少ないのか一発でわかるようになります。

 

 

値付けの癖もわかるようになります。

 

 

そんな中で評価がある人とない人の

売れ方を比較すると、直近3か月の

評価の過多によって売れ方が

違ってくることに気がつきました。

 

 

直近3カ月の評価が100近くある人と

0に近い人が同値で並んだ時、

 

100個の人は10個売れて

0の人は0個というのが

平気でおきます。

 

 

それを踏まえた対策

 

 

まずは、自分の競合者をみるときに

自分よりも3カ月の評価の多い人を

競合とカウントします。

 

要は同値で並んだときに

売り負ける相手です。

 

 

競合が多くの在庫をもっていたとき

 

この場合はあえて価格競争を仕掛けます。

 

なぜならば、同値になっても

相手の方が売れていくからです。

 

相手の在庫を早くなくさせる作戦を

とります。ある程度自分も安く

売ってしまうことは覚悟します。

 

相手の在庫がある程度減ったら、

値段をあげていくことします。

 

 

そうすることで販売力のある人が

早々にいなくなるわけなので

自分より評価の少ない人が

多くいても売り負けることはないです。

 

 

競合があまりいないとき

 

このとき価格競争を仕掛けてしまうと

自分の物から売れていく可能性が

高いので、価格競争はしないのが

良いです。

 

売りたい値段でドンと構えて

おくのがよろしいかと思います。

 

 

評価を増やすには

 
 
プライスター日本版30日間無料

を利用するのが良いです。

 

商品が売れてるたびに自動で

評価依頼を内包するお礼メールを

送ってくれます。

 

今は迷惑メール対策で

以前よりは送られなくなって

しまいましたが

 

それでも十分に効果は

あります。

 

↓以前検証した記事があります。
 

評価依頼メールの効果検証

 

 

☆まとめ☆

 

この評価と売上の関係は

どこにも書かれているわけではなく、

 

私が毎日販売動向を

細かくチェックして理解できた

ことになります。

 

わかっていないと

自分が競り負けない相手に

価格競争を仕掛けられた場合応じて

無駄に利益を削ることに

なります。

 

やるべきことは

自分が競り負ける相手に

価格競争を仕掛けて、薄利で売らせ、

早々に在庫をなくならせることです。

 

またアカウント販売力を高めるためにも

評価は重要になりますので
 
プライスター日本版30日間無料

導入をおすすめします。

 

 

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

4 件のトラックバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

http://haburashi.site/2018/07/09/%e3%82%a2%e3%83%9e%e3%82%be%e3%83%b3%e3%81%af%e8%a9%95%e4%be%a1%e3%81%8c%e3%81%9f%e3%81%8f%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%82%e3%82%8b%e6%96%b9%e3%81%8c%e5%a3%b2%e3%82%8c%e3%82%8b%e3%80%90%e3%82%a2%e3%83%9e/trackback/

PAGE TOP