2017.10~(年齢40歳)から脱サラし起業しました。これから脱サラしたいという方向けに脱サラを支援する情報発信をさせていただきます。

税理士に聞き放題サービスbizerを実際に利用した私の口コミ・評判

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -



税理士に聞き放題サービスbizerを実際に利用した私の口コミ・評判

 

私は税理士を雇うことなくすべて自分で経理処理をしています。

 

 

がそれであると不安もあるためbizerという月2980円で税理士に聞き放題というサービスを利用しています。

 

 

bizerでは税理士が無報酬で質問に答えているようです。

 

 

これから税理士を必要とする可能性がある人と接点をもてるため税理士側は確度の高い見込み客を獲得できるために無報酬でも参加しているらしいです。

 

 

bizerでは質問をすると色々な税理士さんが返答してくれます。

 

 

私は月に2件程度多い時で10件程度質問をしています。

 

 

そうするとあることに気が付きます。

 

税理士にもいいかげんな人がいるということです。

 

税理士も結構いいかげん

 

税理士というを今度な専門知識をもったプロというイメージがあります。

 

 

そのため税理士に聞けば正確な回答をしてくれるだろうと通常思います。

 

が現実は違います。結構いいかげんな人がいます。

 

使えない税理士具体例

 

bizerでは無報酬でやっているためなのでしょうか?

 

それを踏まえたうえでの有効な使い方を紹介させていただきます。

 

細かい内容で質問しYESかNOで答えてもらう

 

 

ある税制を適用しようとすると細かい諸条件がついているものも結構あります。

 

 

その際にその条件を適用するにあたり諸条件がクリアしているかを本当は調べなければ正式な答えはできません。

 

がめんどくさいからなのか?一般論で返答してきます。

 

bizerさんだとこれが多いです。

 

顧問税理士契約をしていないのでしょうがないのかもしれませんが、

 

私からすれば逆で適当に答えてくる税理士だからあてにならなく契約したいとはまったく思わないとなります。

 

結局自分で調べることになったり、諸条件をすべて列挙して質問することになります。

 

がしかし諸条件までこちらでわかる状態になると税理士に質問しなくても答えがわかるのが常です。

 

なのでこういう一般論で答えてくる可能性があるようなざっくりした質問をすると満足した返答はもらえません。

 

使い方としては諸条件もすべて列挙しこれであってますか?の確認作業に使うのが良いです。

 

 

いいかげんな税理士からの返答なら再度質問。

 

bizerでは質問に答えてくれた税理士さんの名前がデータに残ります。

 

 

返答内容が蓄積され回答を見返していくといいかげんな適当な返答をしている税理士さんが特定できます。

 

そのためある質問をしたときにいいかげんな税理士さんにあたってしまったら、多少ニュアンスを変えてもう一度同じ内容で質問するのが良いです。

 

 

質問は1個にするべし

 

質問内容を詳しく書いて質問する場合でさらに質問が2つ、3つになる場合最後まで読まれずに最初の1個だけ回答してくる税理士さんもいます。

 

bizerさんでは税理士さんが空き時間でしかも無報酬で対応しているためだと思います。

 

 

よって複数質問したい場合はそれぞれで質問ケースを作って1つで質問するのが良いです。

 

1つのケースで何個も質問するのは2度手間、3度手間になる可能性があります。

 

自分に税務知識がついてくると物足りない

 

会社を設立し、顧問税理士を雇うのも、金額的にもったいない。でも税理士に相談したいというときはbizerはとても便利です。

 

ですが、あくまでかなり初歩のレベルまでです。以後は私が痛烈に思っている耳の痛いことを書きます。

 

私は自分で法人税の申告書作成をやりましたが、そのレベルまでいくとハッキリいって税理士は無用のものとなります。

 

税理士さんは基本一般論的なことしか答えられない人が多いからです。

 

突っ込んだ質問をすると「ウダウダと難しそうな説明をたくさんし、・・結果以上のように考えるのが妥当と思われます」という中身のない返答をすることが多いです。

 

それは税理士の報酬体系に問題があります。基本は、記帳代行と決算書作成で稼いでいるのが通常です。

 

頼む社長の方も「税務は専門家へ。自分は本業へ集中」という謎のキラーワードが普及しているため、税務については無知で丸投げしている人が多いと思われます。

 

そのため、そもそも税理士といえども難しい質問をされる環境におかれていないということです。ひたすら日々の記帳代行、決算書作成に勤しむことになります。

 

すると税理士としては、「現場で出くわした問題に対して条文に照らしてどう解釈するのがいいか?」を体得する機会がなく、知識・経験が蓄積されていないと想像できます。

 

そのため、記帳代行と決算書の作成しかできない方が多く、専門性のある税務解釈にはまずできないとレベルの税理士が量産されている現状になったと思っています。

 

私の質問に答えられない税理士が多くで本当に頭にきています。結局、自己責任で判断するしかないため、「税理士はなんのために存在しているのだろう」といつも思っています。

 

もちろん、優秀な税理士さんもたくさんいて、私レベルでは優秀な税理士さんにアクセスできないという事情があるのかもしれませんが、現状だと接する税理士のレベルが低レベルすぎて、こんな人に何十万も払うの?っと合法的なボッタくりで情報商材を売っているのと何ら変わりがないと思っています。

 

そのため、自分で法人税申告書まで完成できるまでになると、多くの税理士よりも実務経験・知識で上に立つことになります。

 

他人ごとで机上で考えている人と、実際に破産する覚悟がありながら自分のこととして真剣にやっている社長では、血となり肉となる吸収率に雲泥の差がでるからです。

 

200時間程度、真剣に勉強すれば税理士不要の状態まで持っていけます。正確にいうと税理士が頼りがいがなくなるので自分でやるしかないということになります。

ただ勉強のための勉強をしてたら、税理士と一緒なので意味はありません。あくまで実務レベルで勉強していくということが大事です。

 

具体的な事案に対して、「どの条文を根拠にしてどう解釈したか」を1個つづ徹底的に調べて回答をだしていくことを積み上げていくことが大事です。

 

めんどくさいと思う方もいるかもしれませんが、税務に詳しくなると、支出が少なくなるという意味で、稼ぐのと同等の効果があると私は実感しています。

 

利益を30万稼ぐのにも苦労しますが、税務は自分が勉強しただけで30万支出を減らすこともできるからです。

 

 

☆まとめ☆

 

最後の方に毒をたくさん吐きましたが、bizerさんは現状では「自分に税務知識がないときは」極めてコスパが良いサービスだと思います。

 

低コストゆえか微妙なところもありますがそれも考慮しても「知識がないときは」かなりコスパがいいものだと思います。

 

bizerを確認に使いながら税務知識を上げていくというのが良い作戦だと思います。

 

 

以上税理士に聞き放題サービスbizerを実際に利用した私の口コミ・評判をご紹介させていただきました。

 

 

 



 

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です