2017.10~(年齢40歳)から脱サラし起業しました。これから脱サラしたいという方向けに脱サラを支援する情報発信をさせていただきます。

法人税等税務を自分で勉強し、ある程度理解した上で思う税理士の活用の仕方

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -



法人税等税務を自分で勉強し、ある程度理解した上で思う税理士の活用の仕方

 

税理士を雇うくらいなら

自分で知識をつけた方が

良いと思っていましたが、

 

 

50時間程度勉強したと思います。

 

税理士試験に受かる級だと

最低600時間というのでまだまだです。

 

 

そんな法人税等税務を勉強する上で

少しだけ考え方が変わりました。

 

決算書、申告のためなら不要

 

一般的には下記3点

 

決算書を作成してほしい

法人税申告書を作成してほしい

税務調査が不安

 

 

から税理士を雇うことが

多いのではないか?と思います。

 

月2万~の決算時10万程度でしょうか?

ざっくり年32万程度かかります。

 

これを目当てに税理士を雇うことは

依然として必要ないという

思いは変わりません。

 

経営者たるもの利益に直結する

税務の知識がないというのは

ガンだと思うからです。

 

 

税務の勉強するくらいなら

本業に時間を・・・という人が

いますが、

 

税務も立派な本業になりうるものです。

 

 

日本を代表する経営者

日本電産の永守会長も

若かりしころ税務をしっかり学んでいます。
 
 


技術ベンチャー社長が書いた体あたり財務戦略 (ジャテック・ブックス)

 
 
 
 
 
 
 

絶版でアマゾンでも売っておらず

買うことができなくて残念ですが

上のような本を書いているわけです。

 

 

M&Aの派手なイメージがありますが、

買収した会社を徹底的にコストカット

するのが永守流です。

 

 

ボールペン1本に至る備品まで

直に承認の印鑑を押す徹底度です。

 

 

つまり超一流経営者においても

財務・税務は身につけているという

ことです。

 

本業に集中などという考えは

していないわけです。

 

アドバイザーとして契約はあり。

 

法人税を勉強する中で

税理士さんのブログをみる機会が

増えました。

 

しっかりと勉強されている方は

税務だけでなく色々な角度から

物事を考えており、

 

 

ブログをみていて

とても参考になります。

 

 

そういう方は、税務に関しても

条文を元に話をしています。

 

安心して相談することが

できます。

 

Bizerさんでは正直

自分でもう一度調べようと

思ってしまいます。

 

 

なので私がブログをみて

納得できる方であるなら

 

帳簿記帳、申告等一切お願いせず

質問に答えてもらうだけで

月倍額の4万等で契約するのも

ありだなあと思い始めました。

 

 

質問だけだからと変に値切ると

質が落ちると思うので

 

おいしいお客だと思われた方が

いい付き合いができるだろうとの

思惑です。

 

 

色々な税務の質問にしても

よくわからない税理士に聞くのは

不安だからです。

 

会社に利益がしっかりで始めたら

そういう契約も視野にいれて

行こうと思います。

 

 

☆まとめ☆

 

個人的な

税理士さんの利用の仕方について

ご紹介させていただきました。


この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です