中古フィギュア販売でアカウント閉鎖事例をみて思うこと 【アマゾンFBA】




中古フィギュア販売でアカウント閉鎖事例をみて思うこと 【アマゾンFBA】

 

2018.10でアマゾンのセラーフォーラムで

中古フィギュアを販売し

アカウント閉鎖になったと投稿がありました。

 

 

以前に中古フィギュアを販売せずに

商品登録しただけでアカウントが停止

になった事例がセラーフォーラムに

でていたことを記事にしました。

 

 

アマゾンでは

アカウントが停止・閉鎖しやすい

商品群があります。

 

その代表例がフィギュアです。

 

 

私はこの業界については

無知ですが、偽物が横行している

市場っぽいです。

 

 

そのために購入者からの通報や

同業からの悪意のある通報をされると

簡単にアカウント閉鎖の危機になります。

 

 

 

私の場合はサラリーマンのときにアマゾンで

稼いで自信をつけ起業する直前で

ある商品が真贋調査になり恐怖した経験

があります。

 

 

その時は主力にしようとしていた

商品の1部計60万ほど売れなくなり、

これが全商品に波及したら

300万損をすると恐怖しました。

 

対象商品の出品停止で終わっただけで

ラッキーだったのかもしれません。

 

 

幸い2回目の真贋調査でクリア

アマゾンでの打開策が自分なりに

理解できましたので

ホソボソと再開し現在に至っています。

 

 

アカウント閉鎖者のフォーラムでのコメント

 

要約して紹介すると以下です。

 

①個人的に所有していたものを中古で販売した

②購入者からクレームで真贋調査になった

③アマゾンから証明書等の提出を求められた

④「ない」と返信し、商品は削除した。

 

その後時間が少し経過し

 

⑤アカウント停止になり、改善計画書を求められる

⑥改善計画書を提出

⑦不適でアカウント閉鎖

⑧何が悪いか?説明もなく納得いかない

 

 

無知で対応していると

自分なりに真摯に対応したのに

何の説明もなく

テンプレート対応でアカウント閉鎖された、

 

アマゾンは血も涙もないのか

となってしまいます。

 

至って普通の流れです。

 

が個人的には

④の「ない」と返信し商品を削除したのが

間違った対応だったと思います。

 

投稿者は一切気が付いていませんが

証明書がないながらも代わりに

可能な限りの証拠になりそうなものを提示する

をしなかったと想像します。

 

ただ証明書はありません。とのみ返信し

商品を削除しただけと思います。

 

 

通常は真贋調査に対象になった商品のみが

停止なるのが通常の1STEP目だからです。

 

 

アマゾンの立場を考えてみましょう

 

アマゾンで買うものは微妙なものが

多いという評判が立てば小売りとして

アマゾンは死んでしまいます。

 

品質を保証するために

30日返品保証をアマゾンはつけています。

 

さらに経営理念が

カスタマーファーストです。

 

購入してくれるお客様が1番という

考えです。

 

お客様がこれ本物?と問われたら

出品者から客観的な証明書を

もらう以外ありません。

 

中古なのに証明書ということで

無理なことを言っていると

思いますが、アマゾン側として

そうするしか方法がないのだと思います。

 

対応もテンプレート対応でなく

個別にしっかり対応していたら

どうなるでしょうか?

 

対応内容をもとにどういう対応したら

アマゾンではおkになるという

マニュアル見たいのが完成して

 

偽物商品が横行することに

なると思います。

 

なのでテンプレート対応は

しょうがないのではないかと

思います。

 

が大会社である以上一定のルールに沿って

アカウント停止・閉鎖を

きめていると思われるので

 

事例を丹念に読み込み、研究して

こちら側でアマゾンの臨む対応を

していかねばならないと思います。

 

 

手取り足取り教えてもらおうという考えは間違え

 

学校教育の名残だと思いますが、

手取り足取り教えてもらおうという方が

アカウント停止・閉鎖になった人には

多い印象を受けます。

 

メルカリの登場で簡単に

販売ができるようになったことも

問題のひとつだと思いますが、

 

学生気分のノリで

アマゾンに参入してきている人が

一定数いると思います。

 

 

ビジネスなのに

手取り足とり教えてもらうことを

のぞんでいます。

 

 

☆まとめ☆

 

アマゾン販売して2年程度経って

経験も増えてきているかも

しれませんが、

 

最近はこういうアカウント閉鎖の

事例を見ても

 

よくもまあ

「危険といわれているところを行くなあ」

ということしか思いません。

 

ここまで明らかになっているにも

かからわらず進んでアウトになるのだから

時間の問題でいずれ退場になっただろうと

思ってしまいます。

 

アマゾンで真剣に稼ぎたいのなら

 

アマゾンがどういう場所か

どうすると退場になってしまうか

 

事前に徹底して調べておくのが

通常の考えだと思います。

 
 
 



 
 
 

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

http://haburashi.site/2018/10/23/%e4%b8%ad%e5%8f%a4%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%ae%e3%83%a5%e3%82%a2%e8%b2%a9%e5%a3%b2%e3%81%a7%e3%82%a2%e3%82%ab%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%88%e9%96%89%e9%8e%96%e4%ba%8b%e4%be%8b%e3%82%92%e3%81%bf%e3%81%a6/trackback/

PAGE TOP