起業したらやっておくといいこと~売上計上・仕入計上編~




起業したらやっておくといいこと~売上計上・仕入計上編~

 

法人を設立するといちいち仕訳をして

取引を記録していかねばなりません。

 

 

最初はどういう勘定科目で

仕訳をすればいいか悩みますが、

 

種類は多くないので

すぐ慣れて問題なく仕訳できるように

なってきます。

 

MFクラウド会計等を使うことに

よって取引が自動仕訳されていくため

決算書も楽に作成可能になります。

 

 

がしかし余裕だぜ~と

余裕をかましていると

決算時に面倒になります。

 

私の同じ轍を踏まないように

共有させていただきます。

 

売上・仕入は発生した月で計上しましょう!

 

当たり前といえば

当たり前のことなのですが、

月またぎ等があると少し面倒です。

 

 

仕入や費用が発生したときも

まれに自動仕訳されないものが

でてきます。

 

現金取引をした場合などです。

 

アフィリエイト等だと

実際に報酬は発生してから

振り込まれるまでに数か月かかるため

 

自動仕訳ではなく

手動で仕訳していかないといけません。

 

 

そんなときにざっくりと

トータルの数字はかわらないので

適当でいいやと

 

発生した月日を適当に

入力していると後から

入力しなおすことになりますので

注意が必要です。

 

理由は以下です。

 

法人事業概要説明書で月の売上・仕入額が記入要

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

法人税の確定申告で必要になる

法人税申告書の中に

法人事業概況説明書がありますが、

 

その中に月の売上、仕入額を

記入するところがあるからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのため、

私は適当に入力した仕訳を

すべて正式な月日にして

入力しなおしました。

 

めんどくさかったです。

 

自分が悪いんですけど・・。

 

がそうすることで

決算書の推移表が見やすくなりました。

 

↓推移表。これが月単位で比較できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しっかり正確な月日で仕訳することで

その月の売上・費用等が

正確にわかるからです。

 

とても便利です( ̄ー ̄)ニヤリ

 

光熱費も月にどれだけ

かかっていたかが一目瞭然です。

 

経営実態がかなり

クリアになりますので

とても良いです。

 

 

税務署に狙われにくくなる

 

もう一つが色々ネットで

調べていると

 

税務署が調査する対象になりやすいのが

決算書がいいかげんである会社だと

書かれていました。

 

確かにその通りだなと

思った次第です。

 

決算書がざっくりしていた場合に

この会社はいいかげんだから

 

税のグレーの部分をついて

追徴課税にしても反論できないだろう

 

というように

考えるのが通常と思えるからです。

 

 

その対策のためにも

決算はできるかぎり

正確かつ細かく作成しておいた方が

安全だと思います。

 

 

☆まとめ☆

 

法人を設立して間もないときは

決算で何を求められるかも

わからないので

 

結果として効率の悪い

仕訳をしてしまうことも

多くあります。

 

のため、あらかじめて

仕訳は正確な月日でやるべし

ということをご紹介させていただきます。

 

白色申告の個人事業での

申告ではざっくりでも大丈夫に

なっていますが

 

法人だと正確な月の売上・仕入が

必要になります。


Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

http://haburashi.site/2018/11/01/%e8%b5%b7%e6%a5%ad%e3%81%97%e3%81%9f%e3%82%89%e3%82%84%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%8a%e3%81%8f%e3%81%a8%e3%81%84%e3%81%84%e3%81%93%e3%81%a8%e2%91%a0%ef%bd%9e%e5%a3%b2%e4%b8%8a%e8%a8%88%e4%b8%8a%e3%83%bb/trackback/

PAGE TOP