株式運用で成功するには運用成果を月1%の年12%とするのが良いのではないか?




株式運用で成功するには運用成果を月1%の年12%とするのが良いのではないか?

 

どうすれば安定的かつ継続的に

運用で稼いでいけるかを

真剣に考えています。

 

「短期トレード」においてです。

 

株式等で失敗する人が多いのは

運用成果を過剰に期待すぎ

いうのが諸悪の根源ではないかと

思っています。

 

というのも1年前くらい

借金が60万ある人が

FXで借金を返済していくという

ブログをみていました。

 

その方は「5万」をもとでに

月2万づつ稼いで返そうと

悪戦苦闘していました。

 

5万をもとでに月2万は間違っているのでは?

 

月2万という金額自体は

大したことないと思いますが、

 

冷静に投資額にたいしての

リターンを考えると「無理」

というのが明らかです。

 

月2万で年24万稼げたとすると

年間480%の投資リターンです

 

もしファンドマネージャーなら

年収100億稼げるのではないかと

思える運用パフォーマンスです。

 

もちろんFXは25倍レバです。

 

実質100万での運用になるので

リターンとしては年24%を

目指しているというわけです。

 

 

がしかし100万の資金を入れて

運用するのと5万の資金で

100万運用するのはでは

 

本人の心理的プレッシャーが

全く違います。

 

案の定、その方の運用成果を

みていると、

 

1か月目 1万5000円利益

2か月目 2万利益

3か月目 5000円利益

4か月目 -1万5000円損

5か月目  -3万円損

6か月目  ブログ更新なくなる

 

 

こんな感じになっていました。

 

ブログをみて思っていたことは

月2万の目標が間違っている

とずっと思っていました。

 

そもそも年率480%の運用を

しようとしているのですから

無理なわけです。

 

がしかし冷静にみると

そうなのですが

 

自分におきえたときも

同じようなことをしていることに

気がつきました。

 

月1%年12%で1000万を複利運用するとどうなるか?

 

投資金額の月1%だと

とても稼いだ気になれないのが

通常だと思います。

 

月10%や20%を目指したいというのが

投資の世界ではないでしょうか?

 

そうすると年間としては

120%や240%を目指すこととなり

 

前述してFXの方と

たいして変わらないことを

やっていることに気がつく

思います。

 

そのために月1%つまり年12%で

複利運用をした場合に

どういう結果になるかを

理解しておく必要があります。

 

 

金額1000万で考えます。

 

No. 年数 元利合計 利息 実質金利
1 1年目 11,200,000 1,200,000 12%
2 2年目 12,544,000 2,544,000 25.44%
3 3年目 14,049,280 4,049,280 40.4928%
4 4年目 15,735,194 5,735,194 57.3519%
5 5年目 17,623,417 7,623,417 76.2342%
6 6年目 19,738,227 9,738,227 97.3823%
7 7年目 22,106,814 12,106,814 121.0681%
8 8年目 24,759,632 14,759,632 147.5963%
9 9年目 27,730,788 17,730,788 177.3079%
10 10年目 31,058,482 21,058,482 210.5848%

 

なんと10年目には

1000万が3100万になっていることに

なります。

 

 

十分な成果ではないでしょうか?

 

そうとはわかっていても

凡人は目先の利益を欲しがる習性が

あります。

 

 

目先の利益より将来の利益に目を向けるべき

 

お金持ちの考え方は

超未来志向と言われています。

 

今消費に回すのではなく

将来増えて帰ってくるものに投資する

ということを徹底している

 

と言われています。

 

お金もちでは一見すると

貧乏人に見えるというのは

現在に過度な消費をしていないからと

思うと納得いくと思います。

 

 

この未来志向の考え方を

腹の底まで落とし込まないと

株式でしっかり勝っていくのは

難しい気がしてきました。

 

 

☆まとめ☆

 

株式で「短期トレード」で

継続的に安定的に稼いでいくためには

 

月1%利益目標が結果としては

成功するのはないかと

思い始めました。

 

そのために1000万の複利で

年12%を10年で3000万になると

ことを頭に入れたら

納得しやすいのかと思います。

 

投資の神様である

ウォーレンバフェトでさえ

年率20%といわれています。

 

凡人では年12%程度が

身の丈に合っている気がします。

 

それ以上をめざすということは

イメージでは丁半ばくちを

掛け金全部で再投資しているのと

 

たいして変わらないのではないかと

思えます。

 

確率論で考えても

いつかはやられてなくなるわけです。

 

そうならないためには

月1%年率12%で十分とし

手堅く運用することではないか

と思います。

 

 

目先の欲を捨てられるかが

成功の秘訣なのではないか?

と思った次第です。

 

だがしかし株式運用で

月1%で満足というのは

高速道路を30キロで走るようなもので

通常はとても耐えられないと思います。

 

ゆえにこの1%を徹底できることが

資産を安定的に増やせるコツでは

ないか?と思いました。

 

そして月1%程度なら

過度のリスクを取らず

良いタイミングだけに投資して

無理なく回収できると思います。

 

それでやめることができるか

というのが最大の試練です。

 

 



 

 

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

http://haburashi.site/2018/11/04/%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e9%81%8b%e7%94%a8%e3%81%a7%e6%88%90%e5%8a%9f%e3%81%99%e3%82%8b%e3%81%ab%e3%81%af%e9%81%8b%e7%94%a8%e6%88%90%e6%9e%9c%e3%82%92%e6%9c%88%ef%bc%91%ef%bc%85%e3%81%ae%e5%b9%b412%ef%bc%85/trackback/

PAGE TOP