2017.10~(年齢40歳)から脱サラし起業しました。これから脱サラしたいという方向けに脱サラを支援する情報発信をさせていただきます。

1カ月でどのくらい出費しているのか確認しよう

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -



1カ月でどのくらい出費しているのか確認しよう

 

自力で法人税の確定申告をする予定でほぼ90%完成してきました。

 

9月決算だったので11/30までに申告する必要があります。

 

10/15で90%できたつもりでいましたが、細かい点をみていくと修正が必要なことが多くありました。

 

・発生主義にもとづいて売上・仕入時期を正しいものへ修正

・月に恒常的にかかる費用も正式な引落時期に修正

・前払いのものは前払い費用で資産計上に修正

・翌期に払っているが今期の費用は未払金で費用計上に修正

 

 

等々当たり前のことだと思いますが法人1期目の私は数字さえ間違えなければいいんでしょ!の考えからざっくり仕訳していました。

 

それをすべて修正しました。

 

結果、月にかかっている費用が正確に数字で確認できるようになりました( ̄ー ̄)ニヤリ

MFクラウドを利用してやっています。

 

下記のように把握しやすくなりました。

 

 

 

個人マネーフォワードは株取引が多いと微妙

 

以前は生活コストを管理するのに個人版のマネーフォワードを利用していました。

生活コストを把握しよう

 

がしかし、株式トレードが多くなるとわけわからなくなります。

 

SBI証券でやっていましたが、合計金額が億を超えると意味がわからなくなります。

 

 

 

増えたり減ったりした金額がSBIネット銀行でカウントされます。

 

そのため明らかに自分の生活水準を大幅に超えた入出金が発生し現状把握ができにくくなります。

 

 

そのため月の正確な出費が把握できなく困っていましたが今回決算書を正確にしたので把握が可能となりました( ̄ー ̄)ニヤリ

 

月16万以上で生活可能

 

2018.10の出費した費用は以下です。

 

通信費  1万4010円

備品  1318円

システム手数料等 1万0660円

本  2万0620

社会保険料  6万1540円

家賃 6万2000円

保険 1万7032円

食費 3万

 

※所得税・住民税は抜いています。

 

 

合計 21万7180円

 

結構多いですね~

 

所得税・住民税は「0円」になるように調整しているので「0円」にしています。

 

 

社会保険料は2月からは2万2000円程度になるのでそれ以降毎月4万削減できます。

 

本は法人税関係の本を経理処理したので一時的費用です。

 

これらを踏まえ将来的に月いくら程度稼いでいる必要があるかを頭に入れておきます。

 

 

月16万程度が私の場合の恒常的にかかる費用になります。

 

株で稼ぐことを想定すると1日8000円以上稼げると維持できるという算段ができます。

 

 

☆まとめ☆

 

1月でいくら必要になるかを理解しておくと法人経営が楽になります。

 

ただ日々かかる費用を完全に把握するのは結構めんどくさいです。

 

1人法人にして基本すべてを法人で支払うことにしてしまえば強制的にわかります。

 

めんどくさい反面便利です。

 

法人経営において損益分液点を限界まで下げておくことは大事だと思います。

 

把握していないと業績が厳しくなったときに無用な心理的プレッシャーがかかってあまり良くありません、

 

 



この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です