2017.10~(年齢40歳)から脱サラし起業しました。これから脱サラしたいという方向けに脱サラを支援する情報発信をさせていただきます。

日産200億申告漏れ、50億追徴課税へ【税理士がいるのに申告漏れ大企業事例】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -



日産200億申告漏れ、50億追徴課税へ

 

 

税理士なしで税務申告をしている

私としては税理士を雇っていれば

追徴課税の心配はないのか?

 

ということはとても気になります。

 

会計処理がめんどくさいから

税理士を雇うというのはなく

 

会計処理は問題なくできるが

 

追徴課税が怖いので

税理士を雇うということが

意味のある行為なのか

 

検証したいためです。

 

そんなわけで目に入った

大企業の追徴課税になった例を

まとめていきたいということで

記事を作成しています。

 

 

日産200億申告漏れのニュース

 

 

追徴課税の理由

 

タックスヘイブン対策税制が

指摘されているようです。

 

 

タックスヘイブン対策税制は、

法人税率が低い国や地域に

 

利益を移すことによる

課税逃れを防ぐために導入されたものです。

 

 

詳しい内容はニュース記事だけでは

判断できませんが、

 

ざっくりととらえると

 

ある条件を満たせば

タックスヘイブン対策税制の適用外になる

ようですが、

 

この解釈が

日産側と税務署側で違うようです。

 

 

税法は解釈次第でなんとでもなる

 

税法を勉強する上で理解できたのが

極めて明確な判断できない

グレーゾーンが多すぎるということです。

 

 

理由は、はっきりしていて

決めて難解な数行の条文が

すべての判断の基礎になるためです。

 

 

しかもこの判断は

そのときの社会通念・常識に照らして

判断させるという

決めて不明瞭な決定の仕方をします。

 

 

ゆえに前例が少ない事例は

税務署のさじ加減一つで

追徴課税になってしまうわけです。

 

 

☆まとめ☆

 

税理士がいたとしても

追徴課税は普通におきると

いうことです。

 

 

現在の税法は

数行の条文が基礎となり

解釈次第でなんとでも

できるからです。

 

 

 

追徴課税=悪ではなく

追徴課税=よくあること

 

 

くらいに思っておくことが

必要だということです。

 



 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です