法人税申告書(別表)の細かい書き方は「最初は」税務署で聞くのが効率的。




法人税申告書(別表)を税理士なしで作成するには?

 

私は2017.10~に脱サラして

吹けば飛ぶような小さい会社を

設立しました。

 

今回税理士なしで

法人税申告書を作成し

税務申告を1人で終わらせました。

 

基本私の会社は

1人法人で規模が小さいです。

 

そういう前提であることを

ご理解の上読み進めて

いただければと思います。

 

法人税申告書の「細かい」書き方は「最初」は調べない方がよい

 

私が実際にやったことで

しないほうがいいなと思ったことは

 

法人税申告書の「細かい」書き方は

「最初」は調べない方が良い

 

ということです。

 

 

税理士なしで税務申告をするとなると

ネックになるのが法人税申告書です。

 

MFクラウドやfreee等の会計システムが

あれば決算書までは問題なく作成できると

思います。

 

 

よってどうやって

法人税申告書を作成すればいいかで

 

法人税申告書 書き方

 

等でグーグル先生で調べると

思います。

 

 

これが良くありません

 

 

でてきたものをクリックしてみると

 

①別表4の〇〇に税引前利益を入力

②別表5-2に前期法人税を~

③別表6の~

 

のような具体的な書き方を

説明してくるものが多いです。

 

がこれは無視した方がよいです。

 

 

なぜならば、企業は千差万別なので

自分の会社とは違う具体例をみても

役にも立ちにくいからです。

 

最初から細かい書き方を

理解しようとすると

 

スケート初心者が

トリプルアクセルにいきなり

挑戦するようなもので無謀です。

 

 

調べるとどうしても

細かい書き方に焦点が当たって

しまいますが、

 

細かい書き方はまず無視

別表がどういうものかの理解

自分の会社にどの別表が必要かを

理解することに力を割きます。

 

 

 

 

自分の会社にどの別表が必要かを最初に理解すべし

 

法人税申告書の作成で

めんどくさい別表ですが

全部で19種類あります。

 

19種類が何のために

必要な書類かを市販の本等で勉強します。

 

下記の本あれば、ほぼ理解できると思います。
 
 

2019年申告用 別表の書き方がスラスラわかる 法人税申告書虎の巻

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

その中でどの別表が必要になるかを

理解することを第1にするべきです。

 

私の場合であれば

 

別表十一:貸倒引当金

別表十五:交際費

別表十六:減価償却費

 

 

等々は設立まもなく

こじんまりした会社のため

ありませんので必要ないです。

 

 

必要なのは8つだけでした。

 

どの企業にも必ず必要な5つ

 

別表一:所得の申告書

別表二:同族判定

別表四:所得の明細

別表五㈠:利益積立金・資本金明細書

別表五㈡:租税公課

 

と個別に必要な3つ

 

別表六:所得税額控除

別表七:欠損金

別表十六:繰延資産

 

 

以上のように

自分の会社でどの別表が必要か?

を理解するが最初にやることだと

思います。

 

別表の細かい書き方を「最初に」

理解しようとするのは効率が悪いです。

 

 

簡単な別表は作成しておく

 

19種類ある別表の理解と

自分の会社の必要な別表を

理解できたら

 

 

比較的簡単に作成できる別表は

作ることをします。

 

 

 

別表は、

 

①複数の別表が連動して

作成が難しいもの

 

 

②単独の別表のみで簡単

作成できるもの

 

があります。

 

 

作成が難しい別表は自力をあきらめる

 

①複数の別表が連動して

作成しなくてはならないものは

 

作成が初心者にはむずかしいので

自分で記入するのはあきらめます。

 

難しいのは必ず書かなればならない

以下の別表です。

 

 

別表一:所得の申告書

別表四:所得の明細

別表五㈠:利益積立金・資本金明細書

別表五㈡:租税公課

 

 

これらは互いに

数字が連動するところもあり

初心者が書くのは困難です。

 

 

本をみればわかやすい別表は作成する

 

②単独の別表のみで簡単に

作成できるものであれば

 

本を見ながら等で作成することが

できます。

 

私の例で言えば

 

別表十六:繰延資産

 

などは単純に決算書の

繰延資産の金額を所定の場所に

書けば終了です。

 

このように単独で書けるものが

むずかしくないので

書いておきましょう。

 

ここまでできたら

別表・決算書をもって税務署にいきましょう。

 

 

別表・決算書をもって税務署へいく

 

 

 

自力で作成できた別表は

実際に書き方があっているか

確認してもらいます。

 

 

自力で作成した別表と

決算書を税務署職員にみせて

 

この利益の状態と

作成できた別表をもとにすると

 

別表一:所得の申告書

別表四:所得の明細

別表五㈠:利益積立金・資本金明細書

別表五㈡:租税公課

 

はどのように書けば良いでしょうか?

 

と聞くと丁寧に教えてくれます。

 

これにて法人税申告書の

別表はすべて記入完了になります。

 

 

注意:税務職員も間違うこともある

 

上にあげた例で別表は完成できますが、

税務職員でも間違うときがあります。

 

一度税務職員に見てもらって

終わりでなく、

 

一度別表が完成した時点で

再度書き方を自分である程度

わかるレベルまで理解しにいくのが

良いと思います。

 

最初に細かい書き方を覚えるのはなく

実際に完成した別表をもとに

再度細かく理解しにいくという方が

頭に入りやすいと私は思います。

 

 

そして自分でもチェックし

後日もう一度税務職員に

確認してもらうというのが

安全だと思います。

 

追徴課税になったときに

税務職員にみてもらってますけど・・。

 

というのはもちろんですが

通じないため万全を期す必要が

あります。

 

 

☆まとめ☆

 

税理士なしで法人税申告書を作成しようと

すると一番のネックになるのは

別表の作成だと思います。

 

 

難しい別表の書き方を

最初から自力でやろうとすると

頓挫してしまう可能性が高いと感じます。

 

それを防ぐためには

むずかしいことは税務署を頼ると

いうことをやるといいと思います。

 

最初はハードルが高い印象を受けますが

その後、継続的に税理士費用が削減

できます。

 

生涯の費用削減効果は数千万級なので

自力でやる価値は十分にあると思います。

 

以上、自分で税理士なしで

法人税の申告書を作成して感じた

 

法人税申告書(別表)の細かい書き方は

「最初は」税務署で聞くのが効率的

 

ということを書かせていただきました。



Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

http://haburashi.site/2018/11/15/%e6%b3%95%e4%ba%ba%e7%a8%8e%e7%94%b3%e5%91%8a%e6%9b%b8%ef%bc%88%e5%88%a5%e8%a1%a8%ef%bc%89%e3%81%ae%e7%b4%b0%e3%81%8b%e3%81%84%e6%9b%b8%e3%81%8d%e6%96%b9%e3%81%af%e3%80%8c%e6%9c%80%e5%88%9d%e3%81%af/trackback/

PAGE TOP