2017.10~(年齢40歳)から脱サラし起業しました。これから脱サラしたいという方向けに脱サラを支援する情報発信をさせていただきます。

アマゾンを使ったせどりでどれくらい稼げるのか?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -



アマゾンを使ったせどりでどれくらい稼げるのか?

 

サラリーマンが副業を検討する上て上げられる代表の1つがせどりです。

 

せどりはいわゆる転売のことです。

 

 

どれくらい稼げるのか?気になる人も多いと思いますが、

 

人による

 

というのが本来なら答えです。

 

イメージで

 

プロ野球選手になったらいくら稼げますか?

 

と聞いているのと同意です。

 

 

イチローやダルビッシュ級になれるかずっと2軍どまりにあるかはその人によるとしかいえないと思います。

 

 

がそれだと話にならないので私の具体例をご紹介します。

 

個人的には1年間で売上1000万粗利ではなく税前利益で200万程度妥当なのではないかと思っています。

 

2017.10~2018.9の1年の実績

 

 

 

2017.10.1~2018.9.30の実績です。

 

売上で1258万

仕入金額が751万

販売個数は3876個です。

 

 

 

利益合計だと

 

利益率 18.5%の

利益額 233万

 

となります。

 

通常ここまでで終わる人が多いと思いますが、私の場合はランニングコストまで考慮していきます。

 

 

これに維持するためのランニングコストが

 

FBA倉庫への配送料 62054円

商品返送手数料 6375円

保管手数料 34927円

月間登録料 58212円

プライスター 57600円

 

計 16万1568円

 

FBA倉庫への配送料は商品をアマゾン倉庫へ送る送料のことです。

 

商品返送料は売れなさそうなものをアマゾンから手元に戻した先の送料です。

 

保管手数料はアマゾン倉庫で商品が売れずに残っているとかかる費用です。

 

月間登録料はアマゾンの月間の利用料金です。

 

プライスターは上の図の実績を載せたもので利益計算をしてくれるシステムです。

 

↓これになります。

プライスター

 

 

これらが実際にかかる間接的な費用になります。

 

 

よって実際の利益を求めるには商品が売れて〇〇円の利益♪ではなくそこから間接的にかかる費用も引かないと正しい利益が把握できなくなります。

 

 

私の場合の正しい正確な利益は売上1258万-仕入751万-アマゾン手数料-維持手数料=217万1152円

 

税前利益:217万1152円

税前利益率:17.3%

 

となりこれが私の1年の実績となります。

 

作業時間:ほとんど時間かけていない

 

私のやっているアマゾン物販は

 

・1人で完結

・作業時間がほぼない

・在庫のゼロになってもいい範囲でする

 

が特徴だと思っています。

 

利益の絶対額は少ないものの恐ろしく効率がいいと思っています。

 

ほぼ自動になっているといってもいいレベルになっています。

 

一時期3か月ほど中古ゲームせどりで店舗仕入等をかなり徹底してやりましたが全く稼げませんでした。というより私には合いませんでした。

 

この時の反省を踏まえて超効率的になったと思えます。

 

店舗仕入も基本しないのでガソリン代等もかかりません。

 

ネットでの新品せどりなので例えば100個で30万円のものを3セットで90万仕入れるということだけをします。

 

事務作業も売れた個数を把握しておけばいいだけなので苦労はありません。

 

領収書等も数枚あれば終わりです。

 

FBA倉庫への発送も月に140サイズの段ボールで多いときで5個程度です。

 

やることが少ないように意図的に取り組んでいるわけです。

 

利益率が高くても鬼のような作業が待っている中古せどりでも、在庫を相当抱え利益率が低い業者仕入でもない独自路線でやっています。

 

 

絶対額が少ないもののこのくらいがせどりではちょうどいい水準ではないかと思っています。

 

理由を以下でご説明します。

 

いきなり退場リスクがある

 

物販では集客が最も大切で大事だと思います。

 

そしてせどりが素人でも簡単にできるようになったのは強烈に集客できるアマゾン販売できるようになったからです。

 

がアマゾンでは問答無用でアカウントがはく奪されることがあります。

 

そしてアカウントがはく奪されてしまうと息の根が止まってしまいます。

 

 

一切交渉は通じず問答無用でいきなりアカウント停止になってしまうということが恐ろしいです。

 

 

メリカリ・楽天・ヤフーが販路としてはありますが、全くもってアマゾンの変わりにはなりません。

 

 

販売価格・事務作業等において歩きと車のスピードくらい違いがあります。

 

 

それゆえに私の場合は最悪在庫がすべて「0」になっても立ち直れる範囲でするのが良いと考えています。

 

 

よく業者仕入等で数千万仕入をして販売している方がいますが私は恐ろしくてできません。

 

 

経費を引く前の粗利の段階で利益率10%程度なのによく数千万も仕入できるなあと度胸に驚嘆します。

 

 

せどりはそもそも大量仕入れできない

 

せどりというのは転売です。

 

価格差の違いに注目して利益をだす商売です。

 

 

通常は価格差がない方が普通なわけです。

 

よって価格差が開いた商品が多いときはたくさん仕入ができるわけですが、

 

そもそも商品が少ない等需要と供給のバランスが崩れたものを狙うため大量に仕入れられない業態なわけです。

 

そのため売上が安定しないというのが大前提になります。

 

 

がそれをはき違えて毎月コンスタントに稼ごうとすると無理がでてくるわけです。

 

毎月コンスタントを追求していくと上述の業者仕入に移行することになります。

 

業者仕入はせどり(転売)ではなく小売りです。

 

利益率の低い従来型の効率悪いお仕事の延長なのでそちらへ移行したらアウトだと思います。

 

労多くして益少なしです。

 

業者仕入が中心だとおそらくですが月商1000万でもあまり手残りはないと思います。

 

CASHはほぼ残らなくかわりに在庫が数千万あるというのが常態化していると思います。

 

そして銀行からも借り入れをするという状態になると思います。

 

売上だけは大きくなり一見するとすごそうに見えてしまうため始末が悪いです。

 

 

そもそもせどりではたくさん仕入れようとすることに無理があるということです。

 

 

これと逆の考えで中古を扱うという方法があります。

 

中古であればコンディションを上げて高く売る等ができるので利益率は高くなると思いますが今度はコンディションを上げる作業、また商品の管理、利益計算等の収益にならない事務作業が鬼のように大変になります。

 

利益率だけを見るとかなり高くなりますが、

 

事務作業がとてつもなく増えるため実質は利益率20%もいけばいい方なのではないでしょうか?

 

 

つまりは実質あまり稼げないということです。

 

よって情報発信することによって収入を補おうとする人が多いのだと思います。

 

本当に満足できるほど稼げていたら通常情報発信はしないと思います。

 

せどりと情報発信は極めて相性が悪いからです。

 

つまりせどりで稼げる金額はほそぼそと生活できる程度までがもっとも効率よいところだと私は思っています。

 

具体的な金額としては月10万~30万程度が稼げる範囲ではないかと思っています。

 

それ以上を求めるのは業態的に難しいのはないか?と思っています。

 

大きい金額も稼ぐことは可能ですが焼き畑農業的なことをやるイメージになっていると思います。

 

外注化はリスク?

 

作業になれてくるとクラウドワークス・ランサーズを使って外注をすすめている方がいらっしゃいます。

 

 

リサーチ方法、購入基準をマニュアル化し仕入をしてもらい、

 

商品写真や商品コメント、梱包、発送まで外注化するという方法です。

 

がしかしそういう方のアマゾンアカウントをみると評価がボロボロです。

 

外注化している人は低評価もらいすぎる

 

 

要はいいかげんに出品されるということです。

 

 

タバコくさく黄ばんだものが非常に良いのコンディションで出品されたりしているようです。

 

 

厳密には、2018.11現在ではアマゾンでの評価はほぼ無条件に削除できるようになっているのでなんとかなっていますが、削除できなくなったら稼げなくなるリスクがあるわけです。

 

もっと言えば本人にそのつもりはなくても購入したお客様サイドからしたらウソをついて販売している悪徳業者なので場合によっては通報され、かつ頻度が多いのならアカウントはく奪になるリスクもあるのではないかと私は思っています。

 

 

顧客ファーストを企業理念に掲げるアマゾンならそういうする可能性も十分になると思えます。

 

 

よってアマゾンアカウントが傷つく可能性があることを人にお願いするというのはかなりリスクがある行為だと私は思っています。

 

◎税引前で年利17%は良い

 

色々デメリットの方を書きましたが、せどりで年率17%の利回りを考えるとかなり良いと思います。

 

絶対の金額は少ないもののそれでも1000万の投資で年200万手堅く稼げるのであれば十分だと思います。

 

ただ欲をかいてそれなら2000万や3000万突っ込むかとなると話が違ってきます。

 

そもそも需給の歪みを狙うので大量に資金を突っ込めばよいというわけではありません。

 

 

逆に自分の在庫で値段を崩すようなことにもなり本末転倒になります。

 

☆まとめ☆

 

せどりは稼げるかの質問に対して1000万で年200万程度を稼ぐくらいなら手堅く稼げるのではないかと思っています。

 

もっと稼ぐ方法のあるかと思いますが記事の中で書かせていただいたように

 

せどり(転売)という価格の歪みを狙うビジネスの特性上大きく稼ぐのは難しく無理がでてくると思っています。

 

 

以上アマゾンを使ったせどりでどれくらい稼げるかの個人的な考えをご紹介させていただきました。



この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です