2017.10~(年齢40歳)から脱サラし起業しました。これから脱サラしたいという方向けに脱サラを支援する情報発信をさせていただきます。

初心者でもできる決算書の作り方

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -



初心者でもできる決算書の作り方

 

私は2017.10に会社を設立し2018.9で初決算を迎え2018.11で申告を終えました。

 

全くの初心者ですが、税理士なしで私1人でやりました。

 

その実体験より初心者でもできる決算書の作り方をご紹介させていただきます。

 

決算書は①財務諸表と②法人税申告で構成

 

会社の1年の活動内容のうちお金の動きのすべてを記録したものが決算書になります。

 

そして決算書と一括りに書かれていますが、2つに分かれていると思っていただいた方が理解しやすいと思います。

 

上場企業でよくでてくる貸借対照表・損益計算書等の財務諸表が1つです。もう一つがこの財務諸表をもとに税金を計算する法人税申告書です。

よって決算書を作成するとは

 

・①財務諸表を作る

・②法人税申告書を作る

 

この2つを作成するということになります。

 

①財務諸表はクラウド会計で簡単に作れる

 

貸借対照表や損益計算書等の財務諸表は簡単に作れます。

 

ひと昔前であれば、日々の取引を帳簿に書いて、そこから総勘定元帳に転記し、さらに~というめんどくさいことが行われていました。

 

簿記の2級程度の知識がないとまず自力では無理でしたが、今はクラウド会計を使うことで自動的に日々の仕訳ができるようになっています。

 

現金取引をせず、すべてカードや振込等記録が残る取引をしていることが前提です。

 

毎月3000円程度かかりますがクラウド会計を導入すればボタン一つで財務諸表を作成することができます。

 

会計ソフトはインストール型とクラウド型がありますがクラウド型を選ぶのが良いです。

 

インストール型とクラウド型の違い

 

ひと昔前は、会計ソフトを購入し個々のパソコンにインストールして使うというタイプが主流であり、現在においても使っている方が多いです。

 

 

出典:https://www.m2ri.jp/news/detail.html?id=260

 

 

がインストール型だとインストールしたパソコンでしか利用できないため不便です。

 

そのため現在は、どのパソコンでも利用できるクラウド会計型が増えています。

 

クラウド型に急速に変わっている最中ということです。

 

税務署の法人税申告書の法人事業概要説明書に会計ソフトは何を使っていますか?という欄がありますが、2017年版はクラウドという項目はありませんでしたが、2018年版からはクラウドという項目がでてきました。

 

クラウド会計のおすすめはマネーフォワード

 

クラウド会計は主に3つです。

 

・弥生オンライン

・マネーフォワードクラウド会計

・freee

 

 

シェアだと弥生が断トツでマネーフォワード、freeeと続きます。

 

出典:https://tech.nikkeibp.co.jp/it/atclact/active/17/060200090/042400068/

 

では弥生が良いかというとそういうことではありません。

 

弥生はインストール型でほぼ独占状態でした。

 

そのため既存の契約者がクラウド型の弥生にスライドしていると考えるのが妥当です。

 

むしろ、クラウド型になりマネーフォワードとfreeeにシェアを奪われていることになっています。

 

マネーフォワードとfreeeですがスタート自体はfreeeが1年程度早くスタートしていますが、

 

 

マネーフォワードの方が後発ながらシェアを多くとっています。

 

クラウド型ではマネーフォワードが最も勢いがあります。

 

 

2017年には東証マザーズに上場もしています。

 

個人の資産管理の方でもシェアを伸ばしており、個人でも利用しているから法人でも利用するというこれからの経営者が選びやすいのがマネーフォワードになります。

 

 

私も副業時代に個人版のマネーフォワードを利用していたために法人でもマネーフォワードを利用するという上記の流れです。

 

2018.10.15のマネーフォワードの決算説明会の資料を読み込むと絶好調さが確認できます。

 

 

 

 

PFMとは個人版の家計簿サービスのようなものです。

 

個人で700万人利用がありその中から法人を経営している人は法人でも利用する流れです。

 

そして法人でもマネーフォワードクラウド会計の伸びが「加速」となっています。

 

 

個人版は昨年同時期と比較して31%増法人版は驚異の85%増すごい勢いで伸びています。

 

下記図は従業員の人数です。

 

 

ずっと倍増で増やしてきています。

 

 

上のシェアの例でだしていますが未だインストールが多く「これから」クラウド型に強烈なシフトがおきます。

そのために従業員をたくさん雇用しています。

 

株式投資の視点にはなりますが拡大余地がものすごく大きい分野でそこで最も勢いがあるのがマネーフォワードだということです。

 

マネーフォワードクラウド会計詳細はこちら

上記の理由より私はマネーフォワードのクラウド会計がのちのトップシェアになるものと思うのでおすすめです。

 

とおすすめはしたもののクラウド会計自体には大きな違いはありませんので

 

ご自身の好きなものを選んでも良いと思います。

 

弥生オンライン詳細はこちら
 freee詳細はこちら

 

これらを導入し、自動仕訳していくことで財務諸表等は簡単に作成できるようになります。

 

自動仕訳があっているかはグーグルで検索

 

クラウド会計により日々の取引が自動仕訳されていきます。

 

仕訳された勘定科目があっているか?わからないときはグーグルで検索すればおkです。

 

勘定科目とは仕訳の名前です。

 

電気料・ガス・水道料金であれば電気料金やガス料金とせずに光熱費として仕訳する必要があります。

 

郵送する際の送料も送料としてではなく荷造運賃と仕訳する必要があります。

この光熱費や荷造運賃のことを勘定科目といいます。

 

上記の例だと比較的わかりやすいですが曖昧になっているものもあります。

 

例えばテレビ等を購入した場合で10万以下であった場合、固定資産とすることもできれば消耗品費にすることもできます。

 

その法人の使用用途によって複数の選択肢を選べます。

 

この勘定科目が自動仕訳されたときにあっているか?がわからないケースがでてくるわけです。

 

その際はグーグルで「電気代 仕訳」等で検索すれば解決策がでてくるということです。

 

強いて言えば簿記3級くらいの知識があった方が良いです。

 

2週間程度勉強すればほぼ問題ないレベルになると思います。

 

簿記3級に合格できる勉強法はこちら

 

 

クラウド会計導入で財務諸表はおk

 

ここまでをまとめると決算書を作成するには

・財務諸表の作成

・法人税申告書の作成

が必要になりますが、

 

クラウド会計を導入することで日々の取引が自動仕訳されボタン一つで財務諸表が作れるようになります。

自動仕訳された勘定科目があっているか?わからない場合はグーグルで検索すれば解決できます。

 

細かい点としては決算特有の処理が必要な点があり完全に財務諸表が完成というわけではありませんが、以上の作業で80%は財務諸表の作成できます。

 

あとは今期払ったお金だと実質来期扱いのため来期の費用にする等の細かい微調整が必要になります。

このあたりは「決算 注意点」等でグーグルで検索していけば対応できると思います。

 

以上ができることで毎月税理士を雇う意味はなくなります。

これによって月2万~1年で24万~がコストカットできます。

 

②問題は法人税申告書の作成

 

初心者が決算書を作成する上でネックになるのが法人税申告書作成です。

貸借対照表や損益計算書で会社の利益は計算されますが、

 

この会計上の利益と税金を納めるための利益は別ものという考えをしています。

そのために財務諸表にある利益を税金を納めるため利益に調整するのが法人税申告書の役割です。

 

法人税申告書は財務諸表のようにクラウド会計で作成できません。

システムもあるようですが

 

・非常に高価

・毎年購入が必要

自分で作業すること

 

になるためコスパが悪いと思います。

よって選択肢としては

 

・税理士に頼む

・システムに頼らず自分で作成する

 

の2択だと思います。

 

法人税申告書は税理士の頼むと10万~

 

法人税申告書の作成を税理士に頼んだ場合は通常10万~程度だと思います。

 

フルに税理士と契約すると

 

月2万~

法人税申告書作成 10万~

 

の年34万~が相場だと思います。

 

費用をあまりかけたくない方はすべて自分でやろうとしますが、通常法人税申告書作成に挫折して法人税申告書の作成のみを税理士に頼むという人が多いと思います。

 

ネットで調べてみても月の記帳代行で税理士を雇うのは無駄だが法人税申告書作成は税理士に頼むのが良いというのを多く目にします。

 

一方、実際に法人税申告書を税理士なしで自力で作成するとどれくらい大変なのでしょうか?

 

 

法人税申告書を自力作成に120時間

 

実際に私は2018.9の決算で法人税申告書を自力で作成し申告をしました。

 

法人設立初決算

簿記は3級所持

 

程度の知識です。

 

 

法人税申告書とは、なんぞやから始まり別表とは~等120時間程度勉強したら作成ができるようになりました。

 

それまでの過程は↓で書いています。

 

法人税申告書を作成するまではこちら

 

難しくないが理解しにくい

 

私の税理士なしで申告してみた感想は内容自体は難しいないが、勉強しにくくなっているので初心者にはハードルが高くなっているということです。

 

ただわかりにくい専門用語がたくさんでてくることや複雑な法人税申告書を1冊の本で網羅して説明するのがむずかしいため勉強していて挫折しやすくなっています。

 

が実際には作成にあたり

 

この数字は「ここ」

あの数字は「あそこ」

 

と対応がきまっており実際はあまり難しくないわけです。

 

がそれはある程度その事実が理解できたためにそう思えるのであり

 

初心者が勉強するとダメだ税理士にお願いしようとなる方が多いと思います。

 

法人税申告が難しく思える理由はこちら

 

 

法人税申告書を自力で作成するをご紹介

 

120時間も勉強するのであれば本業に時間使った方が良いという方もいるかもしれませんが、

 

それはあくまで仕事がたくさんある人の考えることだと思います。

 

それに税務の知識がない人が経営する会社は効率の悪いです。

 

現に在庫があっても税金は全く変わらないのに在庫があると税金がかかると言って無理に在庫を圧縮する人もいます。

在庫があると税金がかかるはうそはこちら

 

税務知識は確実にあった方が良いので120時間程度なら費やす価値が十分あると私は思っています。

 

法人税申告書を勉強するコツはこちら

 

 

☆まとめ☆

 

実際に私は法人設立1期目から税理士なしで法人税の申告を行いました。

 

それを踏まえたうえで初心者でもできる決算書の作り方をご紹介させていただきました。

 

決算書には

 

 

①財務諸表作成

②法人税申告書の作成

 

がありますがクラウド会計を導入すれば財務諸表は比較的簡単に作成できます。

マネーフォワードクラウド会計はこちら

 

法人税申告は若干難易度が上がり120時間程度勉強が必要になりますが、学ぶ価値はあると思います。

 

私が法人税申告書を作成した過程は下記でまとめてありますのでイメージをもっていただければ幸いです。

 

法人税申請書を作成するまでの過程はこちら



この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です