月次決算のメリット!利益が上がりやすくなる月次決算のやり方をご紹介




月次決算のメリット!利益が上がりやすくなる月次決算のやり方をご紹介

 

 

決算書とは会社の業績・内容が

一目見ればわかるように

なっているものです。

 

法律では1年に1度作成を

義務付けられているため

 

1年に1度だけ作成する企業も

多いと思います。

 

 

がしかし決算書が

会社の実態を正確に表すもので

あれば最低でも月次で把握する必要

あると思います。

 

 

当たり前ですが、その方が

軌道修正しやすいからです。

 

 

特に在庫に関しては

どんぶり勘定で管理していると

不良在庫の山になり

 

 

資金繰りの悪化・回転率の悪化等が

おき効率の悪い経営をすることに

なります。

 

在庫を処分する際も

何をどれくらい、どのくらいの損で

売るか等の判断もできにくくなります。

 

 

よって当たり前ですが

月次決算をやった方が良いわけですが

やらない企業の方が多いと思っています。

 

本題に行く前に

月次決算をしない会社が多い理由を

ご紹介させていただきます。

 

決算書を税理士に投げ理解できない人多い

 

決算書を作成するには

会計の知識が必要になります。

 

最低限のものであれば

1週間もあれば習得可能なわけですが

しない方の方が多いと思います。

 

簿記3級の知識を効率よく取得する方法

 

 

理由は社長は本業に注力すべし、

わからない会計に時間を費やすくらいなら

その時間を本業に回すべき

 

 

という勉強しないための

格言ができており

それを踏襲しているためと思われます。

 

 

 

そして高い費用を払って

決算書作成を税理士に丸投げします。

 

 

そのため決算書が作成されて

見ても理解できない

ということが起きていると思います。

 

 

そして決算をみた税理士から

アドバイスをもらって

経営を修正するという残念な流れに

なっています。

 

 

自分の経営する会社なのに

ざっくりした利益しか把握できず

 

細かい内容は税理士に聞かないと

わからないということに

なります。

 

 

そんなわけで、

決算書をみても理解できないため

月次で決算してもしょうがない

ということです。

 

 

仮に決算書が読めたとしても

作成自体を税理士に任せているため

 

タイムリーな作成ができないため

月次決算をしていないということも

あると思います。

 

以上が月次決算をしない理由だと

私は考えています。

 

 

次に月次決算をしないとどうなるか?

をみていきます。

 

 

月次で決算処理しない場合の決算書

 

私はマネーフォワードクラウド会計

使っていますので

 

マネーフォワードの例でご紹介します。

 

下記は私の会社の前期

2017.10~2018.1の損益計算書です。

 

赤の〇が利益です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上記の損益計算書の利益は

 

10月 -18.9万

11月 -120.8万

12月 -118.7万

1月  +72.2万

 

となっています。

 

実際の損益は

 

10月 +21万

11月 +32万

12月 +34.5万

1月  +38.2万

 

です。

 

 

メチャクチャなんですよね(´Д`)

 

 

なんでこんなことがおきるかというと

 

利益=売上-仕入+在庫

 

で計算されるのが会計ルールに

なっているためです。

 

在庫を計算しない

利益=売上-仕入となってしまい

 

仕入をするとその分が

そっくり利益にマイナスとして

反映されてしまいます。

 

そのために正確な利益を計算するには

在庫を月次で把握し、決算書に反映させる

必要があります。

 

つまり

月次で棚卸しを行い、決算処理する

ことが必要になります。

 

 

月次での棚卸のやり方

 

月次で棚卸するやり方は簡単です。

 

 

年に1度の決算のときの

棚卸する仕訳は

 

商品  〇〇万  / 期末商品棚卸高 〇〇万

 

です。そして期初になったときに

反対仕訳をします。

 

期首商品棚卸高 〇〇万  /  商品 〇〇万

 

となります。

 

 

月次でやる場合は

 

商品  〇〇万  / 期末商品棚卸高 〇〇万

 

と同様に仕訳しますが、翌月には

 

 

期末商品棚卸高 〇〇万  /  商品 〇〇万

 

 

と期末商品棚卸高として

繰り返し仕訳していけばおkです。

 

 

これを期首商品棚卸高でやってしますと

月の経過とともに期首商品棚卸高が

 

累積していき、おかしな数字になり

不完全な決算書になるので注意です。

 

 

月次決算をすると即座に状況がわかる

 

実際に私は月次で決算をやりはじめました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しっかりと実態に合わせた数字が

確認できるようになりました。

 

前期と違い、仕入れするたびに

利益が赤字で表示されることは

なくなりました。

 

 

利益の絶対額が小さいのは

私の力不足なので大目に見てください。

 

またしっかりと把握できるためには

補助科目を使って残高試算表を

見やすくしておくことが必要です。

 

残高試算表での補助科目作成仕方
 
 

マネーフォワードクラウド会計はこちら
 
 

☆まとめ☆

 

月次決算のやり方・メリットについて

ご紹介させていただきました。

 

税理士に丸投げする方が多いのと

そのため決算書を読めないので

月次決算しない方も多いと思います。

 

月次決算をすることによって

 

上の例では月次の利益について

把握しやすくなったことをご紹介

しましたが、

 

個別の経費や個別の在庫の管理も

容易にできるようになります。

 

 

把握できれば、コストカットすることや

早めに損切で在庫調整する等でき

会社に利益が上がりやすくなると思います。

 

以上

月次決算のメリット!

利益が上がりやすくなる

月次決算のやり方をご紹介について

でした。

 

 



 

 

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

http://haburashi.site/2018/12/02/%e6%9c%88%e6%ac%a1%e6%b1%ba%e7%ae%97%e3%81%ae%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%81%e5%88%a9%e7%9b%8a%e3%81%8c%e4%b8%8a%e3%81%8c%e3%82%8a%e3%82%84%e3%81%99%e3%81%8f%e3%81%aa%e3%82%8b%e6%9c%88/trackback/

PAGE TOP