2017.10~(年齢40歳)から脱サラし起業しました。これから脱サラしたいという方向けに脱サラを支援する情報発信をさせていただきます。

私が勝手に思う読みづらいブログの特徴とは?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -



私が勝手に思う読みづらいブログの特徴

 

ここ数日はネットで調べることを

よくしておりました。

 

その際に目に入った気になる

ブログもみることが多くなりました。

 

色々な記事が目に入りますが

日々のPVをたくさん集めている

パワーブロガーさんのものよりも

 

私と同様のPVを集められていない方が

なんとかPVを集めようと

悪戦苦闘しているブログを見つけると

 

つい過去の記事にさかのぼって

みてしまいます。

 

その狙いはその方が今まで

 

・どんな努力を

・どのくらいの期間

・どんな思いで

 

ブログ作成した結果が

現状のブログになっているかを

検証したいためです。

 

そういう狙いであり

人様のブログをみると

 

読みづらいなあと感じることが

多々ありましたので特徴を

ご紹介させていただきます。

 

 

ブログタイトルが意味不明だと読みにくい

 

ブログのタイトルが一見して

理解できないと読みづらいです。

 

わかりやすい例としては

 

・おじさんの株式運用報告ブログ

・2児の主婦のポイントサイト活用術

 

などは、そのブログが

 

・どんな人が

・何について書いていて

・何を伝えようとしているか

 

が一見で理解でき

読む・読まないをタイトルから

判断できます。

 

 

要はプラッとたどり着いた

読者に極めて読みやすい状態

なっていると私は感じます。

 

 

一方、意味不明なタイトル例として

 

・あお

・とーと

 

のようなタイトルをつけ、

プロフィールがない、あっても

「ゆるく生きてます」程度で

ないのと同然なものも多いです。

 

ブログ作成者からすれば

意味のあるタイトルなのかも

しれませんが

 

一見して

 

・何について書かれているか

・何を伝えようとしているか

・どんな人が書いているか

 

 

がわからないものを読むのは

ものすごくストレスになります。

 

 

私の場合はですが・・。

 

 

そして読んだ結果

どーしようもない記事だと

怒りを覚えてしまいます。

 

1万円の福袋を買ったら

中身が100円のものが入っていた

感覚に近くなります。

 

そして「2度と見るか」という

気持ちでいっぱいになります。

 

 

そういう意味では

逆に記事の内容が素晴らしければ

サプライズで良いのかもしれませんが

ほとんどお目にかかりません。

 

 

素性がわかっている芸能人以外で

意味不明なタイトルをつけるのは

良い手ではないと思えます。

 

 

よほど書いている記事の内容に

自信がある場合を除いて

読者離れを起こすと思われるので

やらない方が得策だと感じます。

 

 

記事作成の日付がわからない

 

過去の記事を読んだ際に

いつ書いたか不明なもの

結構あります。

 

例えば仮想通貨について

記事が書かれていたとします。

 

仮想通貨は、ざっくりで

2017.11~2018.1にかけて

すごいもので100倍上昇しました。

 

そして1年後で2018.12現在は

ほぼ元にもどっています。

 

仮想通貨をすすめている記事を

みたときに

 

2017.1ならすごい話ですが

2017.12であれば典型的な

ブームに乗っかる人で微妙なわけです。

 

 

が記事を書いた日付が

わからないとその判断もできないため

読んでいて、ストレスになります。

 

 

最近「はやり」のお店で

〇〇を買ってみたレビューです

とあっても

 

2018年に2014年のレビューみても

時間の無駄ですよね・・。

 

日付のない記事は

「いつの話なんだよ・・」と

 

思いながら読むため

ストレスが溜まります。

 

ブログを一生懸命書いて

PV報告をしているのに

日付がないものがあります。

 

これも同様に

いつその努力した結果なんだよ?

と読んでいてもストレスが

溜まってしまいます。

 

 

実績がかかれていない

 

実績がかかれていないブログも

読みづらいと感じます。

 

私はせどり(転売)をしていますが、

せどり系のブログをみるときに

 

実績を一切に公表していないのに

色々と書いている方がいます。

 

せどりの場合は

実績が上げられない人が

情報発信をする傾向にあるので

私の場合は読みませんが、

 

何を根拠に

人を信用させようとしているのか?

疑問に思います。

 

 

株式系のブログでもよくあるのが

経済や銘柄について色々と

書いているわりには

 

実際に10万しか投資しか

していない人もいます。

 

 

実績が書いていないので

記事をたくさん見ていくと

 

稀に10万が9万になった~

等がでてきます_| ̄|○

 

嘘の実績を書く人もいるので

何とも言えないところもありますが

 

実績の上げていない人の

ブログは見るだけ時間の無駄だと

私は思っているので

 

少なくても実績がかかれていた方が

読みやすいと思っています。

 

当たり前ですが

全く売ることができない営業マンが

「営業の極意」と題して

 

持論を色々と記事に書いても

読む意味はないわけです。

 

結局それをやっても

売れてないでしょと思うからです。

 

 

ただ価値を感じる感じないは

その人によるので、そういう意味で

実績を書いておくことは必要だと

私は感じています。

 

 

また実績がかかれていなくても

読んでいくうちに内容の薄さから

コイツ実際にやっていないな

等々わかりますが、

 

その読んでいた時間が無駄で

あったと後悔してしまいます。

 

最初から読む読まないを

判断するためにも実績が公開されて

いると読みやすいと感じます。

 

 

☆まとめ☆

 

あくまで私の私見ですが

読みづらいと感じるブログの

特徴を整理すると

 

・タイトルが意味不明

・記事の作成日付がない

・実績が公開されていない

 

の3点だと感じます。

 

内容が素晴らしいと感じれれば

上の3点を満たしていなくても

問題ありませんが、

 

 

たいていは

内容が微妙と思うことが多く

読んだ時間が無駄だったな

とがっかりするのが通常です。

 

逆に読みやすいブログは

 

・どういう人が

・何について

・何を伝えたいか

 

がタイトル等の目に入る

1ページで判断できるものであると

私は感じています。

 

 

ただ読みやすい読みづらいは

あくまで人によります。

 

あくまで私は読みづらいブログの

特徴を紹介させていただきました。


この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です