2017.10~(年齢40歳)から脱サラし起業しました。これから脱サラしたいという方向けに脱サラを支援する情報発信をさせていただきます。

「今後注目です」という結びで文を書く方の文章は読む価値がない

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -



☆「今後注目です」という結びで文を書く方の文章は読む価値がない

 

ネットで調べごとをしていて記事を読んでいると読む価値がないなと思えるものに出くわします。

 

どうしてそう感じるのかを自分なりに分析してみると文を書いている人の「意見がないもの」であることがわかりました。

 

だいたいが事実を羅列し最後に

 

・今後に注目です

・これから目が離せません

 

で自分の意見を言わずに締めくくります。

 

そういうブログを書いている方は即刻辞めた方がよいと思いましたのでその理由をご紹介いたします。

 

☆自分の意見のない人は事実の羅列だけ

 

自分の意見がない方の特徴は過去・現在の事実の羅列しかしません。

 

具体例でいうと2018.12.28でアパレルモールのゾゾタウンから老舗企業のオンワード樫山が撤退するというニュースが流れました。

 

これに対して私は記事を書きて具体的に今後どうなるかを示しました。

 

オンワード樫山撤退後のzozo株価予想

 

このニュースはタイムリーということもあり、発表2時間後に記事を書きました。

 

zozo オンワード 撤退

 

で記事アップ当初5番目でしたが3日後の12.31だと3位になっていました。

 

1位はただのニュース記事がのっています。

 

2位の記事はニュースの事実とツイッターのコメントを適当にアップし「今後に注目です」という内容です。

 

 

4位、5位もニュースのまとめやツイッターのコメントをアップしただけです。

 

どれも事実しか記事にされてなく今後どうなると思うか?の私見が示されていません。

 

何も知らない状況で見た場合には価値はあると思いますが、そこから一歩踏み込んだ今後どうなるかの私見があることが重要だと私は思います。

 

そうではないと次もそのブログを読もうと思わないからです。

 

ただの事実しか書いていないものであれば誰のものでも構わないわけです。

 

名前の売れていない評論家も過去の事実しか述べないで今後注目ですという記事が多いと感じます。

 

こういうのは日本の詰め込み教育の弊害なんだろうと思います。

 

☆わからない未来に対しての情報に価値

 

基本的に知りたいのはわからない未来に対しての情報であったり、新たな物の見方の提示をすることに価値があり人を引き付けるのではないかと思います。

 

そのような価値を提供できる人からは常に新たな情報が発信されれば知りたいと思えます。

 

結局はツイッターでフォロワーを万単位で持っている人はそういう人である場合は多いです。

 

わからないことに対しての私見を書くという行為は批判されたり、さらに意見をいうだけの見識が求められたり難易度が高くなります。

 

そのために意見を言わずに事実だけを書いたり、過去をまとめていかにも知識があるように見せかける人が多いのだと思います。

 

 

☆まとめ☆

 

自分の意見を一切述べずに現在もしくは過去の事実のみを羅列し今後に注目ですという記事は読む価値がありません。

 

読んでいても「で!何がいいたいの?」と思い最後まで読んでも「結局事実だけしか」書かれていなく無駄な時間となります。

 

書いている本人からすればもっともらしいことを書いている自己満足にひたれるのかもしれませんが新しい価値提供は皆無です。

 

そう書き方をするのは「私は何も考えていません」と公言するようなものなのでやめましょう。

 

どうせ書くのなら自分の意見をしっかりと書いた方が読者には響くと思います。

 

以上「今後注目です」という結びで文を書く方の文章は読む価値がないでした。


この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です