2017.10~(年齢40歳)から脱サラし起業しました。これから脱サラしたいという方向けに脱サラを支援する情報発信をさせていただきます。

ZOZO元日の売上前年比126%増39億6865万!!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -



ZOZO元日の売上前年比126%増39億6865万!!

 

 

ZOZOの一日取扱高

元日に39億6865万円を記録し過去最高額に

 

というニュースが飛び込んできました。

 

2018の大納会では

アパレルの重鎮オンワードがzozoから

撤退するニュースが流れ

 

これから出店企業の撤退が続くのでは

ないか?と株価が急落しました。

 

そのニュースの個人的な見方は

下記で書かせていただきました。

 

オンワード撤退の影響とその後の予想

 

 

ここでも書かせていただきましたが

個人的には企業の撤退は一部に

とどまりzozoにとって影響は

あまりないと思っています。

 

アパレル企業は典型的な

薄利多売業種で体質改善をしないまま

 

いたずらに体力を消耗し続けた

斜陽業態のため

 

顧客を集め販売力のあるzozoを

切るだけの余裕のある企業は

ごくごく一部しかないと思えるからです。

 

 

☆元日に39億も売り販売力を証明!

 

アパレル業界は

生産した80%は捨てられる前提で

商品を作成していると

言われています。

 

アパレル業界の理解するのに

下記本はおすすめです。
 
 

誰がアパレルを殺すのか

 
 
 
 
 
 
 
 
これを読むといかに

アパレル業界が虫の息になっている

が理解できます。

 

 

そしてとにもかくにも

売ってくれるところを求めていることも

理解できます。

 

 

余裕がまったくないため

とにかく売れればいいというのが

業界の体質になっていると

思われます。

 

zozoは年末に10%引きを

出店企業に強要する

アリガトウサービスを開始しました。

 

その結果オンワードが徹底し

これから撤退企業が加速するが

懸念が浮上しました。

 

がしかし元日の驚異の39億の売上等の

現実を目の当たりにすると

 

商品を売りたい企業に

zozoからの撤退するという

選択肢はなくなるのではないか?と

個人的には感じています。

 

 

株価は反転するか?

 

zozoの2019.3の会社予想は

 

売上 1470億

営業利益 400憶

経常 400億

EPS  91.44

 

 

というかなり強気予想に

なっています。

 

がしかしクイックコンセンサスでは

 

売上 1292憶

営業利益 350憶

経常 347憶

EPS   79.48

 

とかなり下がっています。

 

そこに大納会では10%程度も

下がっています。

 

市場では3Qの決算で

大幅下方修正するだろうとの

予想している人が多いかと思いますが

 

もう相当織り込んでいるのは

ないかと思います。

 

個人的は

PBがふらふらしている状態でも

株価は前期の業績のころの株価である

2400~2500円が適正だと考えています。

 

 

よって現在の2010円というのは

相当安いと思っていますが

正月明けの株価はどうなるでしょうか?

 

 

☆まとめ☆

 

大納会でオンワードの撤退があり

zozoの株価が急落しました。

 

今後の撤退が加速するのではないか?

と不安が煽られたせいです。

 

がしかし一転し

元日に39億の売るという販売力を

誇示しました。

 

アパレル企業は喉から手がでるほど

売ってくれるところを求めていると

思います。

 

10%の負担を嫌って

最も売れるプラットホームを捨てる企業が

加速するとは個人的に思えません。

 

1/4~株価はどう反応するのでしょうか?

 

私は買いのスタンスで臨みたいと

思っています。

 

 

以上

ZOZO元日の売上

前年比126%増39億6865万!!

についてでした。


この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です