2017.10~(年齢40歳)から脱サラし起業しました。これから脱サラしたいという方向けに脱サラを支援する情報発信をさせていただきます。

2019年1月は利益率28%利益25万程度で進行中。来月以降への改善点

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -



2019年1月は利益率28%利益25万程度で進行中

 

1月はまだ終わっていなく24日までの実績です。来月の作戦も含め分析及び反省をし改善をしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

2019.1の利益率は28%とまあまあ高いものとなり、利益額も25万と私にしてはソコソコの額になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

売上は88万程度しかありません。

 

 

ちなみに過去のアマゾン単体での実績を時系列にすると以下になります。

 

売上・利益の単位は「万」

率の単位は「%」です。

 

 

売上 利益  率
17.8 221 43 19
17.9 179 43 24
17.10 88 16 18
17.11 101 19 19
17.12 133 21 16
18.1 171 31 18
18.2 56 12 22
18.3 67 12 17
18.4 78 14 18
18.5 58 10 18
18.6 64 12 19
18.7 162 28 17
18.8 161 28 17
18.9 114 24 21
18.10 43 12 29
18.11 46 16 35
18.12 70 20 28
19.1 88 25 28

 

 

2018.10~売り上げは下降していますが、代わりに利益率が上昇しています。利益率30%程度まできています。

 

利益率30%というのは、ほぼ仕入値の倍で売っているということになります。

 

2018.7や2018.8は売上が160万あるのに利益率は17%で利益額は28万です。2019.1の売上は88万しかありませんが利益は25万と160万の売上のときの利益に肉薄しています。

 

2017.9の実績が売上179万で利益43万利益率24%で最も良いですが、この時は売れるものだけを売っていた時期で参考になりません。

 

実績としてはでていても、裏側では売れにくい在庫を処分していなく、不良在庫がドンドンと積みあがるということがおきていました。経営としては下の下の方法といえます。

 

現在でもそのときの不良在庫がいまだありますが、資金繰りも圧迫しないなんとか気にならならないレベルになってきました。

 

利益率を上げるには?

 

不良在庫率が減り利益率が上昇したのにちょっとしたコツがあります。それをご紹介します。

 

売れ筋商品をガッツリと買う

 

なんだそんなことかと思うかもしれませんが、やっている方は少ないような気がします。

 

例えばですが、あるお店に10商品仕入れ対象の商品があったとします。この時多くのひとは10個を1個つつ買うとか多少傾斜をつけてバラバラと買うということをする人が多いと思います。

 

株でいれば分散投資というわけです。こうすることで万が一1個が売れなくても他のカバーしてくれるだろう、もしくはたくさん物があった方が売れる可能性が高まるだろうと考える人が多いと思います。

 

が私がやったことは最も売れると思った商品に全額突っ込むということをしました。

 

想定通り売れるものであった場合は高利益で他の人よりたくさん売れることなり( ̄ー ̄)ニヤリです。

 

仮にその商品が利益が出しにくいものであったとしても売れ筋であると薄利もしくは多少の損切でドンドン処分していくことが可能なことが多いので大きな問題になりません。

 

売れないものはやっぱり売れない

 

逆に商品数を広げて購入した方が回転率が悪く、値段を下げても売れないとなるケースが多く1点集中したほうがリスクが低いことを私は実感しました。

 

分散するとリスクヘッジにはならず、むしろ売れにくい商品をしょい込むというリスクを負うことになります。そしてそれが売れなった場合は価格を下げても中々売れないという地獄を味わうことになります。

 

最も売れる商品を1点買いすると多くの場合は想定通り売れるため利益率が上がりかつ資金回転率もあがり、不良在庫も少ないという好循環になることが今のところできています。

 

他で同じような行動をするライバルがいないのでライバルは早々に在庫切れになります。

 

そんなわけで利益率が上昇していくことになります。

 

その商品が売れるだろうという経験が必要

 

がしかし1点集中は思い込みでやってもリスクが高いので、その商品を取り扱った実績がある等の経験が必要になるため決して単純なわけでもありません。

 

私の場合は1年目に同商品を取り扱っており、おそらく今年も同じような動きをする可能性が高いだろうとの過去の実績にもとづく予想ができているためにその精度が高くなっていると想像しています。

 

 

来月以降の改善点

 

経営状態はよくなっては来ていますが、しょせん絶対額が小さくショボい結果となっていますので改善していきたいと思います。

 

 

アカウントを強くするため売上を上げる

 

アマゾンでカートをとるためにはアマゾンに手数料を多く払っている比率に応じてカートの獲得時間が決まっていると思われます。

 

ライバルと同商品でガチンコ勝負になったときにライバルが10個売れて私が0個で1個も売れないという事実に直面しました。ライバルは年末商戦にうまくのって評価がものすごく増えていたため私の5倍以上は売っていたと思います。

 

私が1点集中の利益率向上作戦に出ている間、ライバルは幅広い商品を幅広く売るということをやってました。

 

みていると在庫を損切までして処分しないので在庫を鬼のように保有していると想定され、いずれ往生するなと予想していましたが、それを大きく上回る売り上げを出していたようです。

 

の結果はアマゾン内での販売力の差に思いっきりでてしまいました。

 

これからガチンコ勝負になってくることも予想されるため、高利益率に拘らず薄利でも売れ筋商品で売上を上げる努力をしていきたいと思います。

 

 

メルカリ・ヤフオクで月20万稼げる体制を作る

 

売上小さくし、高利益にする作戦は万一アマゾンアカウントが閉鎖されても死なないようにするための方策でした。これから売上を作りにいくとすると高回転といえども在庫リスクが高まるために、早急にアマゾン以外でも月20万程度は稼げる体制を作っていきたいと思います。

 

ある程度の道筋はできています。アマゾンが求める書式の領収書を手に入れらない商品を積極的にヤフオク・メルカリに流せば達成できると思っています。

 

アマゾンに比べるとどうしても作業が多すぎるので、事務作業を効率化できる方法も考えていきたいと思います。

 

ドンドン損切りする

 

ここ数か月は金額の大きな不良在庫もなかったために、あまり薄利や損切をあまりしていませんでした。

 

が改めてよくみてみると、それなりに金額があるのに売れ行きが鈍いものがいくつかあることに気がつきます。

 

利益率が大きく下がっても次により多く稼げるように微妙な商品は積極的に売るべきだとあたらめて思いなおしました。

 

そんわけで積極的に損切りしていきたいと思います。

 

 

☆まとめ☆

 

アマゾンでの現状での実績と今後の改善点を書かせていただきました。簡単にはいかないと思いますが全力で取り組んでいきたいと思います。

 

しっかり改善していき、アマゾン単体で起業時に思い描いていた最低月50万稼げる体制の構築に邁進したいと思います。
 
 



 
 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です