月の給料を20万から6.2万に下げると手取りが3万8000円増えるという日本の税制




給料を下げると手取りが増えます。

 

税金を税理士に丸投げすることなく、自分で理解していくと面白い現実がわかります。

 

通常であれば、多くお金が欲しい場合は自分の給料を上げることをすると思います。がしかし給料を下げた方が手取りが増えるということがおきてきます。

 

前提としては自分で法人をもっていないとダメです。

 

法人を持たないサラリーマンだと、負担の大きい税金が直撃してしまい避ける方法はありません。

 

がしかし法人を所有していると自分の意志で合法的に「税金をいじくることが可能」になります。

 

合法的に税金をいじくるというよりは正確にいうと、「もっともメリットのある税率を自分の意志で選ぶことができる」ということです。

 

そのためには

 

・税法がどうなっているかの知識

・メリットのある税率を実際に適用させる実行力

 

が必要になります。

 

なぜ給料を下げると手取りが増えるのかをご説明していきます。

 

給料の30%が強制的に税金でとられる仕組み

 

年金と健康保険が社会保険料として、給料から強制的に徴収されています。

 

法人を経営している場合だと30%の負担をすることになります。個人から法人へ出資したお金が原資となって、法人から個人へ給料を支払うと30%も税金としてもっていかれてしまいます。

 

本当にバカらしいと思います。

 

お金の流れとしては自分のお金を「法人と個人」でキャッチボールさせるだけで30%も税金がかかってしまいます。

 

このことを理解していれば、「資本金として拠出しようと思っていた金額」-「数年分の給料」=「実際に拠出する資本金」とした方が数年分の給料合計の30%も節税できることになります。

 

知っているか知らないかだけで、100万は軽く違ってくると思います。。社会保険料以外にも所得税・住民税でも同様に税金がかかるからです。

 

 

手取りを増やすために給料を増やすのは愚策中の愚策

 

つまりは手取りを増やすために、給料を増やすというのは、愚策だということになります。

 

なぜなら給料の30%は税金として払うというルールになっているからです。

 

 

給料を下げた具体例

 

前期まで給料を20万にしていました。その際の社会保険料は6万1540円です。

 

つまりは毎月20万を法人から個人に移動させると6万1540円が消えて無くなっていました。

 

年額にして73万8480円も国に差し出していたことになります。

 

自分の金を個人→法人→個人へ移動させただけで約73万消えていきました。

 

 

今期からは最も社会保険料が低くなる月6.2万へ給料を変更しました。

 

その場合の社会保険料は2万3168円となります。

 

年額として27万8016円まで下げることができました。 

 

月に3.8万、年で46万の節税になりました。さらにはこのレベルになると所得税・住民税もモチロン0になります。よって最大限、強制的に搾取される税金を少なることが可能になります。

 

 

普段の生活費は極力経費化する

 

収入が少なくなって、生活はどうするかというと極力経費化していきます。

 

スマホ代・家賃・光熱費・ガソリン代・旅行代等々はすべて会社の経費で対応します。全額に無理な場合もありますが、それでも適正に按分した分を経費化することが可能です。

 

ただこれにはそれなりの税務知識が必要になるため、軽はずみにすることなく、しっかり知識をつけてからやる必要があります。

 

これによって、私の年収は240万から74万へ1/3にはなりますが、逆に使える手取りもそうですが、可処分所得も大幅に増えるという現象がおきます。

 

 

☆まとめ☆

 

サラリーマンであると税金のいじくることが不可能なため、税法を理解しようと思わないですが、会社を立ち上げてみると税法を理解しないのは極めてもったいないことだと実感します。

 

役を覚えないで麻雀をやっているのと同じだと思います。つまりは役を知らなくてもゲーム自体をすることはできるものの、おそろしく非効率のことをするため、勝つことはまず無理だということです。

 

そのことを理解していただくために具体的に自分の給料の例を出して説明させていただきました。

 

以上月の給料を20万から6.2万に下げると手取りが3万8000円増えるという日本の税制についてでした。


 

 

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

http://haburashi.site/2019/01/28/%e6%9c%88%e3%81%ae%e7%b5%a6%e6%96%99%e3%82%9220%e4%b8%87%e3%81%8b%e3%82%896-2%e4%b8%87%e3%81%ab%e4%b8%8b%e3%81%92%e3%82%8b%e3%81%a8%e6%89%8b%e5%8f%96%e3%82%8a%e3%81%8c3%e4%b8%878000%e5%86%86%e5%a2%97/trackback/

PAGE TOP