2017.10~(年齢40歳)から脱サラし起業しました。これから脱サラしたいという方向けに脱サラを支援する情報発信をさせていただきます。

転売ヤー憎しの人は転売ヤー以上にひどいことを平然としていることに気がついていない件

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

t

転売ヤーへの風当たりが強くなっているが転売ってそこまで悪いのか?

昨今転売ヤーへの風当たりが強くなっています。

 

一部のモラルのない人が買い占める行為をし、それを高値で販売していることが報じられているためだと思われます。

 

が冷静に考えて、合法的に購入可能分を転売ヤーが買っただけです。心情的には、買いたい人の行列があった場合、買い占めるなんて、、ひどいとはなりますが、ルールにのっとて合法的に購入しているだけで行き過ぎていないか?と感じています。

 

転売ヤーよりもむしろ販売側の販売の仕方に問題があっただけだと思っています。

 

販売する側からすれば、売れればいいことなので、転売ヤーであろうが普通の人であろうがどっちでもいいというのが販売サイドの本音だと思います。

 

がしかし、この感情的に訴えるというのが、もっとも共感を生み出しやすいので、ニュースや雑誌で面白いように取り上げられて、転売ヤー=悪 というコンセンサスが形成されたと思われます。

 

が転売は購入代行業という側面を持っており、私は善の部分も大いにあると感じています。故にチケットの転売以外では違法にならないのだと思います。

 

以下で転売の良い部分をご紹介します

 

転売は購入代行業

もしあなた九州に住んでいて、どうしても欲しいマグカップが北海道で1日限定で200個だけ定価2000円で発売されるとしたらどうでしょうか?

 

買うために飛行機を往復でとり買いに行かねばなりません。その代金でゆうに3万はなくなると思います。さらに往復にかかる時間、そしていっても確実に買えないリスクもあります。

 

そんな時、転売ヤーがそのマグカップを3万で販売したらどうでしょうか?

 

世間一般からしたら、2000円を3万で売るなんて、ひどいとなると思います。

 

が例にあげた人にとっては間違いなく安いはずです。3万で確実に買えるからです。しかも往復する時間も他に使うことができます。

 

世の中には、この例にあげたようなことも起きて転売が成立していると思います。

 

これは悪なのでしょうか?全くの悪ではなく善だと思います。冷静に考えれば、このように定価より高くても買いたい人は一定数おり、ビジネスとして十分成り立つのが容易に想像できます。

 

これを転売ヤー憎しの人はどういう風にいうでしょうか?

 

儲けるなんて許せない、定価で売れです。

 

ズレた考えをしているのが理解できます。

 

高くても買いたい人がいるから値段が上がるだけで、買う人もそれでいいと思っているから買っているわけです。

 

それを定価以上で売るのは、けしからんというのはエゴ以外何者でもないと思っています。

 

そもそも本当に転売されるのが嫌であれば、販売サイドがずっと無期限で定価で販売すればいいだけです。が期間限定にしていることからも、おかしいわけです。

 

口では転売やめてと言いながら、無期限の定価販売をしないわけです。その方が売れることがわかっているからです。

 

転売ヤーは商品に定価以上の価値があることを見抜ける

 

定価で売る必要なんて全くありません。

 

定価で売るようになれば、例であげたようなマグカップを販売する人がいなくなり、遠方の人はまず手に入れられないことになります。

 

これでは不便な世の中にはなります。そういうことを考えず、兎にも角にも定価で売れはかなりのおかしいことであることがご理解いただけるのではないかと思います。

 

転売ヤーは諸々の条件を含め、値上がりする商品を見極めることに長けてます。そうなるまでにかなりの市場調査および商品知識、状況分析をし購入できるように、待ち時間含め努力をしているわけです。

 

前述の北海道のマグカップを見たときに、欲しい人は購入するための交通費、時間を考慮すれば、明らかに高値でも買う人がいると判断します。

 

そこから、自分が購入した場合の費用を計算し利益が出る価格でも売れるかをはじき出すわけです。

 

一方、多くの一般的な人は、物販が開始された5時間後も家でゆっくり寝ていて、あ〜もう売り切れんだって〜、こっちはまだ家にいるのに、もう転売されてる〜、転売ヤーむかつく。これから買いに行こうと思ったのに〜というツイートをしています。

 

善良な市民に販売しないで転売ヤーを儲けさせておかしいだろと言ったりしています。

 

私としては、明らかに人気になるであることすら理解せずに、ただ自分の自堕落さを棚に上げて転売ヤー批判をしている自称善良な市民の方が巨悪と感じます。

 

どんだけ楽して、欲しいものを手に入れようとしているんだと辟易します。

 

今回は転売ヤーよりも転売ヤー憎しの人の方が人間的にも悪質であると感じます。

 

以下では事例をご紹介します。

 

☆メルカリでの対応がひどい

 

オードリーの武道館ライブのグッズが販売され即完売しプレミアム化しました。そして、直後に事後で再販するから転売では買わないでねとオードリーからコメントがありました。

 

その後、メルカリでオードリーグッズが定価より高く販売されるものが出品されるとある一定の方達が

 

○転売禁止、この商品を買ってはいけません

◯事後の再販で公式サイトで定価で買いましょう。

◯定価以上で販売する人は通報しましょう

 

と堂々と我に正義ありとばかりに出品者の商品ページに嫌がらせコメントを連発しました。

 

メルカリにおいては、メルカリで買った商品は高く売ってはならないという規約がありますが、通常で入手したものについては禁止されていません。

 

つまりメルカリでは転売は禁止されていません。

 

それなのに禁止されていないものを禁止だーとコメントに書き込み妨害行為をしています。

 

他サイト誘導は規約違反にもかかわらず、オードリーの公式サイトへの誘導を公然としています。

 

定価より高いものを通報しましょうも完全なる妨害行為です。

 

さらには転売するなと実際に転売かどうかの確証もないにもかかわらず、妨害行為をしています。その人が買うまでに交通費、宿泊費で万単位の出費をしていたら赤字で、いわゆる利益が出る転売ではないわけです。

 

我に正義ありと堂々とコメントしていますが、この人こそ疑う余地なしに規約違反をしています。何様のつもりなのでしょうか?

 

逆に私はこの我に正義ありのコメントをした方を全て明確な規約違反でメルカリに通報しました。あなたたちこそが確実に明確に規約違反をしていることを理解していないのでしょうか?

 

さらに恐ろしいのが、こういうコメントをした人のアカウントをみると別商品で平気で転売しています。某アイドルのグッズを定価の倍以上で売っていたりしています。

 

恐ろしい限りです。転売ヤーよりも転売ヤー憎しの人たちの方が悪だと強く感じます。

 

 

☆結局は妬み、ひがみだろう

 

なんでこんなことが起きるかといえば、妬み、ひがみと私は思っています。要は転売ヤーは値上がりする可能性がある商品に敏感で仕入れ、実際に利益を出して売ることができます。

 

ある種の特殊能力です。さらにそれを不良在庫にせず捌ききる判断能力もないと生き残れません。

 

転売ヤーは値上がりするであろう商品を見極めることに長けていますが、それに加え、不良在庫にならせずに捌き切る判断能力も備えています。

 

定価より高く買ってくれる人のおおよその数を理解しないとダメです。当たり前ですが、2000円のマグカップを誰もが3万円でも安いと思うわけではありません。

 

3万でも安いと感じ買ってくれる量を仕入れることが大事です。加えて、販売動向から売れ行きが怪しければ早々の早いタイミングで損でも資金回収をします。

 

個別では損が出てもトータルで益になるように調整するわけです。これを見誤ると不良在庫の山になってしまいます。

 

ほとんど転売の方は、ある時期まで稼げるもの、不良在庫を処分できなく往生するのが通常パターンだと思います。

 

そう簡単に転売ヤーで食べていくことはできない現実です。

 

つまり一般の人ではやりたくてもできないのだと思います。そして、それなりの利益が上がっていることがわかるので悔しいのだと思います。だから唯一できることとして、転売は悪と感情に訴えて妨害行為をして優越感に浸ることしかできないのだろうと思います。

 

オードリーのグッズにしても転売ヤーなら販売開始数時間前から購入するために並びます。が一方、ギリギリまで寝て、自分の動けるタイミングで買いに行って売り切れた、転売ヤームカつくと人気商品を並ばずに手に入れられると思っている自分の自堕落さを横に置いている転売ヤー憎しさんがいます。

 

そういう人たちが、定価で売れーと叫んでいるかと思うと今の日本を象徴して腐っているなと思う次第です。

 

☆まとめ

 

今回を受けて、転売ヤー憎しの人の方が、よっぽどタチが悪いと実感しました。

 

当たり前ですが、転売は違法ではありません。嫌であれば買わなければいいだけです。高くても買いたい人がいるから値段が上がるわけです。

 

もっと言えば、明らかに販売サイドが需要より少量しか生産しないために値上がりが起きるというのが本質です。

 

販売サイドは物が完売し、売れ残らないような量しか販売していないだけです。そこに着眼し転売ヤーはその商品を合法的に買うことをしているということです。

 

転売ヤーは品薄になるであろうことを予想し、リスクを取って合法的な範囲で買い付けをし転売益を出します。一方、転売ヤーを批判する人は、売り切れになって初めて悔しがり、転売ヤーを非難します。

転売ヤー批判者の性根が腐っていることが理解できました。

 

そして、そういう堕落した人には間違っても負けませんが、群れをなして暴挙に出るといことは理解しておかないと思わぬところで足をすくわれることも出てきてしまうので、記事にしてまとめておきました。

 

転売ヤー憎しの世論が多いですが、転売ヤーを憎しと言っている人たちの方がタチが悪いことをご紹介させていただきました。


この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です