2017.10~(年齢40歳)から脱サラし起業しました。これから脱サラしたいという方向けに脱サラを支援する情報発信をさせていただきます。

自己紹介

こんにちは。ブログの運営者の「はぶらし」です。

 

39歳(2017.9)でサラリーマンを辞め1人法人を立ち上げ生活してます。

 

私と同世代の方だと色々働き方に対して思うところがでてくると思います。もし起業ということを考えた場合には「収入がなくなる」「リスクが~」と考えるはずです。

 

その場合に実際に起業した人がどうなっているのか?というのは興味深いと思います。

 

このブログでは40歳に近い年齢で起業した私が実際にどんな風に生きているかを赤裸々につづっています。そして新たに起業したいという人の参考になってくれればいいと思っています。

 

☆☆前半(ざっくりの自己紹介)☆☆

 

~略歴~

 

・1978年生まれ(2019.10時点で41歳バツイチ子供なし)

・群馬県出身

・1997年慶応大学経済学部入学(1浪)

・2001年慶応大学経済学部卒業

・2001年大手証券会社入社

・2007年結婚

・2015年離婚(子供なし)

・2017・9大手証券会社退職

・2017・10 法人設立起業~

 

2019.10~法人3期目

 

事業内容

 

会計期間:10月~9月

 

メイン事業内容:物販:アマゾンFBAでの販売中心

サブの事業:運用:株式・FXの運用

 

 

~強み~

 

・税務に強い(税理士なしで法人税の申告できる)

・生活コストが低い

・孤独に強い(1人でいることが好き)

 

~弱み~

・協調性がない

・細かいことが気になる

・人に頼りたくないと思っている

 

~大目標(目指すべき方向)~

 

・金持ち父さんでいうところのB(ビジネスオーナー)で定期収入を稼ぎ、それをもとに(Ⅰ)投資家になりたいと思っている。現在、物販事業にて(B)を構築中。

 

大目標達成するための小目標

2019.5.15目標設定 アマゾン月間売上300万  → 2019.8.25 達成

2019.8.27目標設定 法人登記可能物件の取得 → チャレンジ中(期限2021.9.30まで)

2019.8.30目標設定 月収100万円 → チャレンジ(期限2020.3.30まで)

 

~使用している会計ソフト~

 

・マネーフォワード(スモールビジネス年払い)

 

~好きなこと~

 

・日々の決算書を更新し分析すること。

・日々の棚卸し(在庫管理)

・いいかげんな税理士の間違えを指摘すること

・転売の視点で色々な商品を眺めること

 

~趣味~

 

・ラジオ聞くこと(youtubeできいてますが・・)

 

オードリーのオールナイトニッポン

山里亮太の不毛な議論

バナナムーンゴールド

ハライチのターン

 

・youtubeを視聴すること

 

税理士YouTuberチャンネル!! / ヒロ税理士

中田敦彦のYouTube大学

HORIEONE

 

 

~好きな本~

 

・金持ち父さんのキャッシュフロークワドラント

・破天荒フェニックス

・ぶち抜く力

・ナナメの夕暮れ

・新世界

 

~好きなマンガ~

 

・キングダム(毎週立ち読みしてます)

 

~常に持ち歩いているもの~

 

・ipad

 

~特技~

 

・車中泊

3日連続で車の中で寝ても熟睡できます。移動する家と同じになっています。

 

・1日車で走行する

高速を使わない下道で1日400キロ~600キロ走行できます。九州から北海道まで2400キロ、4日かけて走行したこともあります。

 

使っているパソコンスペック

 

パソコンならマウス~♪で2019.10購入

 

デスクトップ:LUV MACHINES iH700S3N-S2-A [ Windows 10 搭載 ]

CPU:インテル(R) Core(TM) i5-9400 プロセッサー

メモリ:16GB メモリ

SSD:250GB

マウスコンピューターでデスクトップを買うときの注意点

 

 

☆☆後半(自己紹介の詳細)☆☆

 

私は2017.10(年齢40歳)で17年間勤めていた会社をやめ、1人法人を設立し、起業しています。

 

2019.6現在時点では、アマゾン・メルカリ等の物販をメインと少額でFX株式運用で生活しています。

 

1978年生まれです。独身(バツ1子どもなし)

 

大手証券会社で年収1000万以上は給料でもらっていましたが辞めて起業しました。※後述しますが、離婚して貯金は、ほぼ失っています。

 

 

20代や30代前半ならともかく40歳でしかも年収1000万を捨ててまで起業というのはめずらしいのではないかと思っています。

 

大きく稼げているわけではありませんが、ホソボソと生活できる程度は稼げ生活できています。

 

過去の利益実績

 

 

退職した証券会社に現在も勤めている人と話すと

 

大体「今はまあいいけど5年後10年後はかなりヤバいと思うから、俺も何かしないと思っているんだけどね。でも子供もいるし・・。」

 

等々言って、行動できない人が多いことがわかります。

 

 

そのため、退職し起業を考えるものの、知り合いもいないし、イマイチどうすればいいかわかならいと思う人のためと、自分の頭を整理するために以下のことを主にブログで書いています。

 

・私が起業するまでどんなことを考え行動してきたか?

・起業した後、起業する前にやっておいた方がいいと思ったこと

・起業後どんなことに苦労したか?

・現在進行形で何をしているか?

・どんなことをしてうまくいったか?

・どんなことをして失敗したか?

 

 

そういうコンセプトでブログを書いています。

 

退職して起業を考えた時グーグルで検索すれば、色々と情報はでてきますがどれも断片的です。

 

断片的な情報をみてもその情報の真偽が不明なので、書く人が違えば、当たり前ですが言うことはバラバラでイメージが全然わきませんでした。

 

かつ検索上位にでてくるのはアフィリエイト記事も多くあるため、本当の情報より、ブログ主が稼ぐためにいいように情報が加工されていることもあります。

 

これから人生をかけた勝負をする際に、うさんくさい情報を信じて行動したら大変なことになります。

 

そんなとき、時系列で連続性のある悪戦苦闘したブログを見つけた時には、とても重宝しました。

 

そこには単純に日々の悪戦苦闘したことが書かれているため、かなりリアリティーを持ってイメージすることが可能でした。

 

そういうブログを見つけたときには、時間が夜中で次の日会社がある日でも寝ずに数時間読んで、「すげー、起業するとこんなことまでしているだ。」と夢中で読んでいました。

 

 

このブログも昔の私のような方に悪戦苦闘する生のリアリティーを伝え、退職し起業する後押しになればということを意図して書いています。

 

 

 

以下細かい点を紹介いたしますので興味がある方は読み進めてください。

 

 

 

どうして起業したか?

 

17年働いていた会社は大手証券会社です。

 

給料・福利厚生はすばらしいものがあります。

 

起業してわかりますが、稼ぐのは難しいです。

 

起業して稼げてもそれなりのリスクをとって稼いでいるわけです。

 

例えば私がやっている物販だと月50万を稼ごうと思ったら300万程度を仕入れをしないと私の実力だと無理です。

 

売れなかったら300万の不良在庫を抱えるリスクで利益50万を狙うわけです。

 

かたやサラリーマンなら嫌なことを言われることがあったとしても確定で月60万程度がもらえたわけです。

 

 

そういう意味で考えると誤解を恐れず言えばサラリーマンというのは、精神的な苦痛はあるものの楽であったなと思います。

 

イメージで言えば、真剣をもって斬り合いをするか、ハリセンで殴りあうかくらいの違いがあると思っています。(人によって苦痛はそれぞれなので私はあくまでそう思うという感想です)

 

話が脱線しましたが、会社を辞め起業した理由は主に4点です

 

①離婚をして自由になった

 

私は結婚を8年間していましたが起業する2年前に離婚をしました。

 

相手もいることなので理由は省きますが、これにて完全自由になりました。

 

思考の自由と金銭的な自由と時間の自由と世間体からの自由です。

 

本来、自分に色々考えて我流の道を歩くタイプですが、結婚してから、奥さんのこともあるし、無難に生活できればいいやとしか思わない8年を過ごしていました。

 

いわゆる何も考えずに流される生活をしていました。

 

これが離婚をすると本来の色々考えることが蘇り、結婚していたときはあきらめていたことをフルスイングでやってみることができようになりました。

 

お金についても、もらった給料、ボーナスすべて奥さんに上げていたので、ほぼ0に近い状態になりました。

が離婚後、入ってくる収入がすべて自分の自由になるお金になり、少しだけ貯金することができました。

 

これにて株式投資はもちろん色々なことができるようになりました。

 

 

加えて、一緒に食事したり、買い物に行ったり、映画にいったりと、私自身は全く興味がないものの奥さんに合わせていた時間がすべて自分の自由な時間になりました。

 

 

あとは世間体からの自由です。

 

個人的に離婚したら、恥ずかしいと思っていましたが、してみると「どってことない」ことがわかりました。

 

離婚する前の離婚したら、世間から変な目に見られるだろうなという漠然とした不安をずっともっていたことがバカみたいでした。

 

そのために世間体を気にするということがどんだけ意味のないことであるかを理解出来ました。

 

ということで守るものもなくなったので、自分のとれる範囲でリスクはとれる状態になったということが一番大きいと思います。

 

私の中ではこの結婚の8年を日本経済の失われた20年になぞらえ、失われた8年と呼んでいます。

 

 

②会社で出世がかなり遅れている

 

次の理由が出世しないことが確定したからです。いわゆる会社の内での自分の死期を悟ったわけです。

 

私の会社である時期までに管理職にならないとほぼなれないという事実上のルールがありました。

 

 

この会社で私のような立場になると、当たり前ですが、重要な仕事はもらえず、めんどうな割の合わない仕事のみを割り当てられるようになり、名実ともに窓際に数年かけて徐々に追いやられることになります。

 

 

加えて、年下が上司になってくるギリギリのタイミングでもありました。

 

 

場合によっては今まで部下であった人がある日から上司になるという可能性が目の前でおきてきたわけです。

 

 

そうなっても関係ないしと思っていたわけですが、いざ目の前にせまってくると嫌だなと思ったわけです。

 

 

前述のように給料面はあったもの体面上嫌だなと、その当時は経営のツラさを理解していないので給料より体面を優先したわけです。

 

※1人法人を経営する身になると、過去の自分に

 

「体面なんか気にしてんなよ。死ぬわけでもないし、給料だって固定でもらえるのだから、我慢しろよ。」

「その月給を稼ぐためには、こっちは300万リスクをとらないと得れない金額だぞ。」

「甘えてんじゃねえ」

 

と言っていたいですが、サラリーマンの晩年には体面を気にし、辞めることを大いに後押ししていました。

 

 

③会社の先行きが極めて悪いと思える

 

対面型の証券会社は大手銀行と同じでサービスがクソすぎるわけです。

 

昔までのブランドをよりどころに自分たちの高い給料を維持させるために

 

微妙な商品を高い手数料で販売する

 

という行為が常態化しています。

 

わかっていても手数料をとることが出世へのパスポートのため顧客利益より手数料重視の経営をしています。

 

時間の問題で転落するのが目に見えているわけです。

 

個人的に数年後にかなり縮小し、場合によっては東〇(一部伏せます)みたいになるのではないかと思っています。

 

業績不振や不祥事で事実上の会社が崩壊するということです。

 

3~5年でそうなると言って退職しましたが、2019.6で約2年ですが、業績はもちろん、色々問題もあり、近い状況に確実になってきています。

 

イメージでは氷山にあたる直前のタイタニック号だと思っています。

 

そうなると真っ先に使えない社員からリストラにあうだろうと予想しました。

 

その前に自分で稼げるようになり起業しようと思ったわけです。

 

 

④65歳~でも稼げるようにしたい

 

今は人生100年といわれるほぼ元気で長生きできる時代になっています。

 

証券会社のお客様でもしっかり運動している人は90歳でも超元気です。

 

そのために65歳で定年でその後稼げなくなるというのは微妙だと思ったわけです。

 

最近は〇〇大臣が年金があっても2000万ないと老後は崩壊する的なことを発言して問題になっていますが、日本は借金大国なので年金がもらえない確率大でかつ税金がドンドン上がる可能性が高くなるのは明確です

 

 

何歳になっても稼いで行ける方法を身に着けたいと思ったわけです。

 

自分で起業して自分で稼げるようにする仕組み・方法を作っていく方が10年タームでみると正解だろうという考えを持っていました。

 

 

他にもいくつか理由はありますが主だったものは以上になります。

 

 

どのように起業するまでもっていったか?

 

具体的には起業準備に1年半かかりました。

 

出世の道が閉ざされ起業を視野にいれたのが2016.5~です。

 

会社退職が2017.9

会社設立が2017.10

 

です。

 

まずある程度自分で稼ぐことをやってみようと努力を開始しました。

 

 

2016.5~2016.10 アフィリエイト:失敗

 

 

それまで自宅にパソコンもない状態でしたがとりあえずパソコンを買って色々調べてました。

 

するとブログを書けば、南の島にいながらでも自動的にチャリンチャリンと入って稼げますよ的な記事が多くみつかりました。

 

それを純粋に「すげー、こんな世界があるならやってみよう」と単純に信じてやってみました。

 

要はアフィリエイトで稼ごうと思ったわけです。

 

初期費用ほぼ「0」だしと空いた時間でもできそうだとブログを書くことから始めました。

 

 

 

本当に無知でしたので、適当にブログをみながら、

 

サーバーと契約したり

ワードプレスと契約したり、

ドメイン取得したり、

 

わけもわからず、とりあえずやっていました。

GMOとXサーバーの2つのサーバーで契約していて、2年後に初めて、「これ1つ無駄じゃねえか?」と気がつくらいのレベルでした。今でもあまり変わりませんが・・。

 

 

よくある初心者がやることとしての3か月程度で100記事書けばアクセスが集まり始めるというのを信じて書きました。

 

 

そして結果も同様よくあるごとく100記事書いてもアクセスは微妙という結果に終わりました。

 

そのあともいくつか試したものの5か月で1万くらいしか稼げなくこれはダメと頓挫しました。

 

2019.6で思うことは、「検索窓に入力される可能性が高いキーワードを含み、かつそれなりに質の高い記事を100記事書いた場合」には、アクセスが集まるという前提条件がすっかり抜けていたことに気がつきます。

 

そんなこんなで完全に収益化に失敗しアフィリエイトに関しては未だに稼げていません_| ̄|○

 

5カ月真剣に取り組んで、1万も稼げないという散々な目に合いました。

 

目論見が甘いとこういうことがおきますので、見切り発車で会社を退職するというのはリスクが高すぎます

 

あくまで稼げるメドが立ったときに、退職を実行するというのが最もリスクが少ないです。

 

2016.11~2016.12 ポイントサイト:△稼げるが数万円

 

次にネットで調べてみつけたのがポイントサイトです。

 

よくあるクレカを作成したら1万というやつです。

 

もしくは

 

3000円の化粧品を買うと3000円くれるという実質無料で商品が入手できるやつです。

 

利用した案件

 

 

無料で手に入れたやつをヤフオクで売るということをすれば月4万~5万程度までは稼げることがわかりました。

 

 

しかし基本これは1回かぎりなので継続性がないので収益の柱としてはダメなわけです。

 

 

 

このあたりの実績は

 

過去の利益実績

 

で書いています。具体的に知りたいからは見てください。

 

そこで次のものを見つけにいきます

 

2017.1~2017.9 アマゾン転売:〇30万~50万稼げる

 

ポイントサイトでの転売で稼げた事実から転売について調べるとどうやらアマゾンで販売するのが良いということがわかったので2017.1~始めました。

 

最初はよくあるように楽天のセール品等探していたのですが、ひどく退屈で続きませんでした。

 

 

どうやって仕入れをしたらいいかネットで調べていつか実践してもすべて微妙で仕入られるものをみつけられませんでした。

 

 

それでたまたま自分が関心があった商品を見てみたら普通に利益が20%程度取れて売れることがわかりました。

 

この分野にお金を少しつづ投下していたらしっかりと稼ぐことができました。

 

その状況は下記の過去利益の2017.1~2017.9までをみていただいたら詳細がわかるようになっています。

 

過去の利益実績

 

 

たまたま関心があった商品群が利益が出せるものであったのがすべてなので運だったような気もします。

 

 

この点からもネットで共有されているような稼ぎ方はまず稼げないということを改めて実感しました。

 

知らない人が多いから価格差があり利益がでるのだということです。

 

不安があると周りはどうやっているのだろうとか気になってしまいますが、この発想は稼げない典型例です。

 

やっている人が少ないもしくはいないから儲けられるわけです。

 

ネットでやり方を探すというのは過去稼げて今は稼げない手法であるのが通常なわけです。

 

 

話は脱線しましたがアマゾン転売で月30万~50万は稼げるなと収益の柱の1つにメドが立ったということです。

 

 

〇株式:投信運用:月5%程度利益だせる

 

株式運用は証券会社にいながらも真剣に自分の資産を運用していなかったのですが、

 

起業を視野にいれ真剣にやり始めました。

 

すると凸凹はあるものの運用額の5%程度は月間で稼げたのでなんとかなるなと思っていました。

 

主にソニー銀行の楽天のトリプルブルベアでやっていました。

 

がそうはいっても株式運用だとリスクがあるので株式運用以外に収益の柱が2~3つできたら会社を辞めようと思っていました。

 

 

アマゾン転売にメドが立ったのであと1つは欲しいな思っていましたが

 

 

実際は運用とアマゾン転売だけで会社を辞め、起業することになりました。

 

 

2017.9.30 会社退職

 

私が勤めていた会社は副業禁止でした。

 

が2018.7の時点でアマゾン転売の利益が150万程度でてきていました。

 

住民税で副業はバレるのでバレた規則違反で退職金0になったら嫌だなとのリスクを考慮し、

 

年内の2017.12ころに辞めると計画しましたが、辞めたいときに辞められるものではないということを気心知れた上席よりアドバイスもらいました。

 

 

転勤発表時、期末等の区切りの良いときでないとダメだろと忠告されました。

 

 

そうすると年内退職するには2017.9.30しかないとのことで即退職する旨を会社に伝えたというのがざっとした流れです。

 

簡単には辞めさせてくれなくて苦労しました。その件は下記で書いています。

 

なかなか退職させてくれない会社とのやり取り

 

 

 

以上がざっと退職するまでの流れになります。

 

2017.10~2018.9法人第1期目

 

アマゾンでの転売メインに取り組んでいきましたが厳しい出発となりました。

 

 

法人設立直前にアマゾンの出品に関するガイドラインが大きく変更され

 

ヤフオク仕入のアマゾンで売るという稼げていたやり方ができなくなりました。

 

かつ真贋調査という出品したものが本物であるかを証明せよという調査に悩まされました。

 

本物であってもアマゾンが求める形式の書類を提出しないと出品できなくなるリスクがあることが顕在化しました。

 

ここから派生し最悪問答無用でアマゾンのアカウントが閉鎖になるリスクまであることがわかりました。

 

 

アマゾンはヤフオク・メルカリよりも高く売れかつ事務作業もいらないので超優秀な販路ですが

 

上であげたような恐ろしいリスクがあったわけです。

 

 

そのため自分なりの対応策が完成するまで大量仕入は停止状態となりました。

 

~~※アマゾンの求める書類についての注釈~~

 

この点に関しましては税務を勉強するとアマゾンの考えはまっとうで、むしろ私の方が、素人状態でルールもわかっていない状態で物販をやっていた現実が理解出来ました。

 

通常アマゾンの求める形式の書類がないと消費税の仕入税額控除が一切受けられなくなります。要は問答無用で8%損するということです。つまりはそういう書類がなくて物販をしているのはあり得ないという事実です。

 

ただ消費税の免税期間である間は消費税について考えないためにこの事実を理解することができませんでした。

 

~~~~

 

かわりに中古ゲーム仕入等を3カ月がっつり取り組んでみましたが大いに失敗しました。

 

 

そんなお先真っ暗状態にいきなり突入したためどうすれば少ない利益でも会社がつぶれないかを真剣に考えました。

 

 

本業は好調に思えても事業環境で180度変わってしまうことを身をもって体験したからです。

 

 

生活コストをどんなに収入が上がっても上げないことは元より

 

 

税金を学び、仕組みを理解できると同じ収入でも手取りが多くする方法があることがわかりました。

 

 

 

私のブログをみていただくと税理士ではありませんが税金関連の記事が多いと思います。

 

 

すべて自分で調べ実践しています。

 

この税金の知識のおかげで年の生活費の大部分は税金のカット分から捻出できるようになっています( ̄ー ̄)ニヤリ

 

かなり強い会社になったと自負しています。

 

 

2018.10~法人2期目

 

法人2期目は株式運用をメインとしてやっていきたいとスタートさせました

 

アマゾンの問答無用のアカウント閉鎖リスクと税務申告の大変さを理解したからです。

 

株式の個人の源泉徴収制度が秀逸で、かつ在庫リスクもないため、やっぱり運用を軸にしようと決意しスタートしました。

 

ブルベアでは実績を比較的簡単に利益が上げられましたが

 

 

株式はブルベアほど簡単ではなくやりがいがとてもあります。

 

個別株への短期投資で継続的に利益を上げるスタイルを完成させるべく邁進していきます。

 

 

がしかし、運用は安定した収入があってこそのものだと痛感しました。

 

 

運用は、いいときもあれば、悪い時もあります。

 

運用しか収入源がないと、悪いときでも、今月は後50万は利益ほしいな~等相場を無視した個人的な願望に取引してしまうことが多くなることに気が付きました。(あくまで私の場合です。)

 

そうなるとパフォーマンスが悪化します。そのため、さらに無理をし利益を上げようとする負のスパイラルに陥りそうになりました。

 

その事実に気が付き、「安定な収益源」を構築するのが先だという考えになり、2019.1~車中泊をしながら全国での仕入れを開始する等物販を再度強化して現在にいたっています。

 

 

実績としていては↓下記の状態です。

 

過去の利益実績

 

 

一方、支出を抑える意味において税務知識が強力な武器になることを実感しています。税務知識の修得にもかなりの時間を使っています。

 

2019・6時点では

 

・年末調整

・確定申告

・社会保険の随時改定

・財務3表の作成

・法人税申告書の作成

 

このあたりは、税理士を雇わず、1人で完結させることが可能になっています。

 

これより2019年の費用は法人で40万円、個人で92万の計132万の資金流失を防いでいます( ̄ー ̄)ニヤリ

 

こんな現状です。

 

その日々悪戦苦闘する様子はブログに書いていますので良ければ見てくださると幸いです。

 

※2019.6更新