2017.10~(年齢40歳)から脱サラし起業しました。これから脱サラしたいという方向けに脱サラを支援する情報発信をさせていただきます。

【ヤフオク】落札で送料着払いを指定する人とは取引しない方が良い。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

送料着払いを指定する人とは取引しない方がいい。

 

 

最初に断っておきますが、あくまで私の個人的な意見です。

 

その意見に同調してもらいたいとは一切思っていませんし、万人受けする正しい意見とも思っていません。

 

着払いを選択している人を否定しているわけでもありませんが理解ができませんので、取引をしないようにしているということです。

 

送料着払いを指定する人とは取引しない方が良いと思っています。

 

そしてその根拠を書かせていただいています。

 

気分を悪くされたらすいません。先に謝っておきます。

 

 

どうしてわざわざ送料を着払いにするのでしょうか?

 

送料を着払いにする意味って何だろう?

 

ヤフオクとタイトルにつけてありますが、たまたまこの記事を最初に書いた2017年ではヤフオクしかやっていなかったために「ヤフオクで」と題しているだけでメルカリやラクマでも同様のことが言えます。

 

着払いにすると「明確に」落札者は支払いが2度になる等手間が増えるけど、着払いを選択した出品者には、わざわざ落札者に不自由を強いてまで得れるメリットはあるのかな?

 

着払いにする理由は、出品者である「自分が楽だから」と思われる

 

この記事にコメントいただき、それを読んで考えてみると送料を着払いにする理由は

 

・送料を調べてなくていいから楽

・送料を手出ししなくていいから楽

 

ということで「着払いを選択する」らしいです。

 

がしかし冷静にこの理由を考えるとかなりおかしいことに気がつきます。

 

送料を調べないってマジか・・

 

送料を調べなくていいというのをメリットにあげてくる人がいます。

 

かなり異常な考えだと思いませんか?

 

通常なら60サイズで送るのか、80サイズで送るか、ゆうパケットで送るかを決めて販売するのが普通です。

 

がしかし、自分で送料を払わない着払いをいいことに、まずは商品を売り、売れて初めて、どうやって送ろうかを決めることをすると思われます。

 

たぶん売れてもいないのに、発送する予定の箱や封筒など用意するのがめんどくさい、もしくは考えるのがめんどくさいという思考回路と思われます。

まっとうな考えであれば、他人に送料を払ってもらうわけなので、自分が負担するとき「より注意を払って」送料を決めておかないとトラブルになるということが理解できると思います。

 

がしかし、着払いを選択する方は「送料を後から適当に」決めることに何の違和感も覚えないようです

 

そのため後述で例を出していますが、クリックポスト等の185円で発送できるDVDを1200円の送料で送るという暴挙をためらわず実行するわけです。

 

かなり常軌を逸しています。(相手のことは一切考えず、自分の楽を追求する考えをしています。)

 

がしかし、着払いの人には送料を適当に後決めするのを正当化する殺し文句があります。

 

「着払いと書いてあるんだから、文句を言うな。嫌なら落札するな」

 

です。この言葉をたくさんコメントでもらいました。

 

着払いを選択する方でもまっとうに送料を伝えて、まっとうに取引している方もいると思います。が上記のような考えでやっている方が一定数いるのが事実です。

 

つまり着払いを選択していると取引をするとそういう常軌を逸した考え方をする人にあたる可能性があるということだよ!

 

送料を手出ししなくていいらしいが。。。

 

もう一つの理由は送料を手出ししなくていいというのが上がってきます。

がしかしゆうパケット(おてがる版)・ゆうパック(おてがる版)を使えば、着払いにしなくても送料が手出しになることはありません。

 

このように送料すら手出しをしたくないのであれば、着払いにしなくても発送する方法はあるのに「あえて着払いを選択」するわけです。

 

少ない小遣いだから送料の手出しはキツイという考えもあるようですが、送料の手出しすら厳しいと思うほど資金的に困窮している人と取引は怖くて私はできないよ!

 

ヤフオクであれば最大2週間程度で回収できる「送料分の手出しがキツイ」経済状態になっている人は精神状態も追い込まれている可能性が高いと想像できます。

 

そういう方とトラブルになったら大変だと思います。

 

そうでなくても早く受取確認しろの圧力がものすごいと思います。

 

送料すら厳しい資金状況なので、届いた日にすぐ受取確認しないと受け取りが遅いとキレられるかもしれません。キレて悪い評価粘着してくるかもしれません。恐ろしいかぎりです。

 

着払いとは関係ありませんが、私は4000円で落札されたものを払えないという人がいて落札者都合で削除したら、悪い評価粘着をされ、ヤフオクの評価500程度で悪いは1つだけだったアカウントが死亡したことがありました。

 

 

 

着払いを選択している人≒トラブルになったら大変な人の可能性が高い

 

ヤフオク等の顔の見えない取引ではトラブルにあうと相当な精神的な苦痛を味わうことになるよ!

 

 

そのためにできるかぎり危険は避けて通ることが大事です。

 

 

特に自分の楽を第一に考え、相手に対する配慮に欠ける人や金銭的に困窮している方とトラブルになれば強烈な精神的な苦痛を味わうことが予想できます。

 

着払いを選択している方にそういう方が多い可能性が高いと私は思っています。

 

ゆえに着払いをしている方とは取引を避けることがトラブルを未然に防ぐことになりとても有効だと思っています。

 

 

着払いを選ぶ方を否定しているわけではありません。私は怖いので近寄らないようにしているというだけです。

 

 

着払いで嫌な思いをしたために、怒りでこの文章を書いていると思っている方も一定数いますが、私はそもそも着払いで物を購入しないので嫌な思いはしたことはありません。

 

物販を事業としてやっており、どうすれば物がたくさん売れるかを考えてたり、どういうトラブルに巻き込まると面倒になるかを徹底研究し、「着払いを選択する人とは取引を避けるべし」という結論に至っているよ!

 

メルカリでも徹底排除しています。

 

 

 

そもそもヤフオク・メルカリなど得体のしれない出品者から物を買うという行為を基本私はしません。

 

商品の信頼性が一切担保されていないからです。

 

それ以外の理由もありますが、物販についての知識・経験が深まるほど購入ルートしては適切ではないと思っています。物販をする上での仕入先として不適ということです。

 

念を押しですが、あくまで私は取引をしたくないと思っているだけ、「着払い憎しの布教活動をしているわけはない」ということをご理解の上、詳しく読みたい方は読み進めていってください。

 

嫌なお客様と付き合うと不利益を被る

 

私が感情的に「着払いは嫌だ」とダダッ子のように叫んでいると思われても困るので他の根拠もご紹介します。

 

以下の本です。

 

 

この本では「殿様バッタのセールス」と題して、自分が嫌だなと思う相手を見極め、取引を断る必要があると説いています。

 

「2割の優良な顧客が8割の収益をもたらす」という2:8の法則があり、これを逆読みすると「2割の嫌な顧客が8割の不利益をもたらす」と言っています。

 

そのために嫌な顧客と気乗りしないまま取引を進めると一時的な利益は得るかもしれないが、長期的に確実に精神的、収益的に損害を被るので、「嫌な顧客は断ることが大事」と説いています。

 

営業を経験している人であれば、「実体験から確かにそうなっていることが多いな」と納得できると思います。

 

私の場合は、着払いを選択している人=断るべき顧客と設定しているよ!

 

出品者側の立場として、着払いを選択している人から落札されないように、着払いを選択している人を見つけ次第、ヤフオクなら事前にブラックリスト登録、メルカリならブロックをするということをしています。

 

 

 

以下で具体的に自分が落札者であった場合を考えてみます。

 



 

送料を着払いにすると何が起きる?

 

当たり前ですが、落札者が商品を受け取ったときに送料の支払いをすることになります。

 

先に購入代金は振り込みをしています。さらに受け取ったときに送料を払わなければなりません。2度手間です。

 

送料込みで振り込みさせてもらえれば1度で終わることを2度することになります。

 

要は相手に2度手間をさせています。

 

 

さらに宅配BOXでの受け取りができなくなるので外出の多い人には不便となります。

 

 

 

着払いにする意味があるのは自分の過失があり、相手に迷惑または手間をかけてしまう場合だと思います。

 

たとえば上着を遠方の友達に家に忘れた来た場合、それを自宅まで送ってもらう場合です。お金を払わすわけにはいかないので着払いがしっくりきます。

 

ただヤフオクは取引です。それをわざわざ2度手間にする意味が私にはよくわかりません。

 

落札してくれるお客さまにめんどうを増やしています。

 

 

「送料を調べなくていいから楽」はトラブルを引き起こす

 

自分が落札する側であれば、少しでも安く買いたい、もしくはこの値段だから買いたいとなると思います。

 

なので送料がいくらであるかは落札する側にとって重要な要素になるわけです。

 

送料着払いの失敗談をネットで検察したら以下の失敗談が載っていました。簡単にまとめて紹介します。

メルカリで定価2000円のDVDが800円で売っていました。その方は安いのと思い落札して送料を確認すると着払いだったようです。

 

送料なんか知れているだろうと思って「できるかぎり安い方法で送って」とお願いして「了解」との返事があったようです。

 

商品が届くと着払いで1200円で、結果800円+1200円で新品と同じになって失敗したとの話です。

しっかり確認しなかった落札者も悪いですができる限り安い方法でと言われて商品以上の送料を指定してしまう配慮のなさです。

 

 

DVDであれば追跡機能のあるクリックポストで185円で送れますが、1200円で送ってしまうわけです。

 

これが、「送料を調べなくていいから楽」で後から適当に送料を決めることによるトラブルです。

 

メリットというより、むしろ地雷です。

 

着払いで出品している人が、まっとうな考えの人か、たまたま安い送料を選んでくれないかぎり、被弾することになります。

 

送料を調べなくて楽と考えて、一定数の方が落札後適当に送料を決めている現実があるかぎり、地雷を踏む可能性は高いということです。

 

 

 

正式な着払いのメリットは送料過不足をなくすことらしいが・・・

 

自分がら楽という理由でなく、正式な着払いのメリットは本来は送料の誤差をなくすことのようです。

もしヤフオクに出品している商品のサイズが60サイズと80サイズどちらになるか分からない微妙なサイズである。

 

その場合に、先に60サイズの送料を受け取り80サイズだった場合はその差額をもらわなければいけません。

 

また80サイズの送料を受け取り60サイズだった場合は購入者は送料を騙されたと思ってしまいます。

 

そういったトラブルを避けるためにも確実に正しい送料で取引をすることが出来る着払いが利用されます。

 

出典:https://torisedo.com/27955.html

確かに、ヤフオクでは送料を過度に請求している人をよく見かけます。

 

今でも普通郵便なのに200円の送料等をよく見かけます。送料にはヤフオクの手数料がかからないので、本体価格を安くして送料を多くもらって利益を増やすというやり方が昔はよく行われていたらしいです。

 

そういう取引がされるのを防ぐために着払いを選択するというのはありなのかもしれませんが、現在では本来の送料以上を請求するとヤフオクであれば規約違反でアカウントが停止されるようになっているため、わざわざ着払いにすることはないと思われます。

 

通報してそういう出品者を追放すればいいだけです。

 

送料誤差を防ぐためには着払いでなく前もって提示すればいい

送料の誤差を防ぐための着払いとのことですが、世の中には着払いにしていなくてもしっかり対応されているところはたくさんあります。

 

 

☆前もって送料を提示することです。

 

ネットでブックオフを利用した場合ある商品の送料は一律200円です。

 

実際はゆうメールを使っているので送料は180円です。これをうけて20円過剰請求だという人はいないと思います。前もって提示され、納得して買っているからです。

 

 

そう考えるとわざわざ細かい送料誤差を気にして着払いにする必要もないわけです。

 

 

以上を総合すると着払いを選択する意味はないと思える

 

以上のことからヤフオク、メルカリ等において着払いを選択する意味はないと私は思っています。

 

着払いにすることで落札者に

①2度支払いをさせる

②宅配ボックスでの受け取りができない

という2重の不自由をあえることになります。

 

 

加えて、送料が想定以上の多額になりトラブルになる可能性が高まってしまいます。

 

そしてメリットらしいことと言えば、出品者が楽?らしいです。これらは今まで書いたようにメリットではなく、むしろトラブルメーカーです。

 

着払いにするメリットが全くないと思っています。

 

にもかかわらず着払いを選択している方をみると私は理解ができませんので、恐怖を感じるため避けるということをしています。

 

 

私以外の人の意見

 

「ヤフオク 着払い」で検索したら以下の文がでてきましたのでご紹介しておきます。

ヤフオク出品者が発送方法に「着払い」を指定していると、ろくな事が無いと思っているのですが、どうなのでしょうか?

 

着払いに指定する理由は送料のトラブルがどうだとか様々な言い訳があるのでしょうが、着払いにしている出品者ほど根が横着と言うか面倒臭さがりなのか、よく梱包がお粗末なケースがあったり、

 

何より1番感じる事は無駄に大きい段ボール箱に入れてきて空気の分まで送料を払わされるケースが多いように思います。受け取る側の事は考えていない出品者が多いと感じます。

 

先日も着払い指定の出品者から送られて来た段ボールは、いかにもスーパーのごみ置場から拾って来たようなお粗末な物を使い、それは良いとしても箱の半分以上が空間で異常に送料が高くつき、もう予想通り過ぎてヤマト便のドライバーの前でひっくり返りそうになりました。

 

着払い取引は、それが当たり前なのでしょうか?
みなさんは、どう思っているのでしょうか?

出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1264648902

同じように思う人もいるということです。

 

 

✰まとめ

 

ヤフオクやメルカリの顔の見えない取引においてトラブルになると精神的に相当な苦痛を味わうことになるよ!

 

できれば避けたいと誰も思うと思います。

 

これまでの記事で書いたように着払いにはデメリットこそあれ、メリットらしいメリットはありません。にもかかわず「着払いを選択している人」には私は怖くて近寄れません。

もちろん着払いを選択している人の中にはまっとうな人もいると思いますが、一定数の常軌を逸した考え方をする人が着払いを選択している中に高確率でいると思っています。

そのために、最初から取引を避けるということをやっています。

 

あくまで私の個人的な意見です。着払いを選択している人を否定しているわけではありません。

 

~~注意:安易にメルカリ・ヤフオクで仕入れをして転売すると法律違反になります~~

 

個人でもヤフオク・メルカリを使って転売がしやすい昨今ですが、2019年半ばからヤフオク・メルカリで買ったものを転売すると法律違反になっています。

 

そこを理解しておかないと知らずに逮捕されることになりますので注意してください。

 

 



 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です