2017.10~(年齢40歳)から脱サラし起業しました。コストカットを徹底し、稼げなくても1人で気ままに生活できるよう日々試行錯誤しています。

アマゾン真贋調査が来たときの解除成功談。~なぜ成功したか?の分析~

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

私は2017年に真贋調査を立て続けに受けました。

 

以前、初めての真贋調査の際に失敗した記事を書かせていただきました。

 

同商品の別バージョンで計2つが真贋調査になり、アウトとなりました。

 

今回はその直後の同商品の別バージョンで再度、真贋調査となりました。

 

がしかし前回と異なり、今回は無事にクリアをすることができました( ̄ー ̄)ニヤリ

今回はどんな対応をしたか?どうして真贋調査がクリアできたか?を自分なりに分析した結果をご紹介させていただきます。

 

いつ来たか?どんなメールか?

 

2017.9月に前回の真贋調査があり、それがアウトになった1週間後に再度来ました。

 

内容は以下で前回と同様です。

 

平素はAmazon.co.jpをご利用いただき、誠にありがとうございます。

Amazonでは、当サイトで販売する商品の信頼性を確保するため、以下に挙げた ASIN につきまして、出品者様の在庫の審査手続きを行っております。出品者様の商品は引き続き出品中ですが、審査を完了するために、ご協力をよろしくお願いいたします。

ASIN:〇〇〇
商品名:△△△

お手数ですが、本日より7日以内に、下記資料をご提出いただけますようお願いいたします。
仕入れ先から発行された、発行日から365日以内の請求書、または領収書の写し。これらは、同一期間中の出品者様の販売数と対応している必要があります。
–仕入れ先の連絡先情報(名前、電話番号、住所、ウェブサイトを含めてください)。

ファイル形式は.pdf、.jpg、.png、.gifで送信してください。これらの書類は、改訂されていない、正規の資料である必要があります。Amazonから仕入れ先に連絡し、提出書類について確認させていただく場合がございますのでご了承ください。価格情報は削除することができますが、書類のそれ以外の部分は明示されている必要があります。当サイトではお客様の仕入れ先情報の秘密保持に常に努めております。

本日より7日以内に資料をご提出いただけなかった場合、もしくは提出いただいた資料が不十分であると判断された場合には、本件商品の出品がキャンセルされる場合がございますのでご了承ください。

Amazonのポリシーについて詳しくは、セラーセントラルのヘルプページをご覧ください。
–出品者の禁止活動および行為、ならびに遵守事項(https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/200386250)
–商品詳細ページの規則(https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/200390640)
–コンディション・ガイドライン(https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/200339950)

本メールにてご返信いただく際には、下記調査コードを削除せずにお送りください。

出典:アカウントスペシャリストからのメール

 

前回と同じように、以下が求められています。

①請求書・領収書

②仕入れ先の情報

 

まさに時間をおかずに連続できました。クリアできたからいいものの、おそらくここでアウトになっていたらアカウントが閉鎖になっていたような気がします。

 

もしそうであったら、他にあてがないので、どこかに再就職を考えなければならなかったと思われるので、振り返るとギリギリの踏ん張れた状態だったと思います。

 

どんな商品に来たか?

 

前回来た2商品と同じタイプの商品に真贋調査がきました。ゆえに、また同じところに領収書を頼めるわけです。

 

その点がある意味、不幸中の幸いでした。

 

前回失敗しているので、WEB上の明細のスクショやEメールの領収書ではダメというデータの蓄積があります。

 

他の商品で来たときよりも、失敗する確率が低くなると思えたからです。

 

アクション①:仕入れ先にこちらの要求通りの領収書を作成してもらう。

 

前回は仕入れ先からもらったEメールの領収書を微妙だと思いながら提出しアウトとなりました。

 

が、しっかり確認して見てみるともらったEメールの領収書の金額が間違っていたことに気が付きました。(※Eメールの領収書は仮に金額が正確であったとしても、技術のある人なら改ざんができるためアウトになったと思います。)

 

そのため、こちらも仕入れ先に対して超強気で「前回のEメールの領収書が間違っていたので、こちらの指定する様式で紙で正確に記入してほしい」と依頼することができました。

 

それなりの関係を気づけている仕入れ先ではなかったために、無理なお願いは基本できないと判断していましたが、相手がミスをしていたので超強気に依頼することができました。

 

以下の①~④の形式を指定して紙の領収書を要求しました。

 

①宛先に私の名前、住所、電話番号

②今度は会社の電話番号も入れてもらう

③社判(印鑑)をおしてもらう

④すべて手書きでなく印字で記入

 

依頼から約1週間後しっかりこちらが要望した形式の領収書もの届き、それをアカウントスペシャリストに提出するとおkとなりました。(指定しませんでしたが、しっかり収入印紙まで貼った領収書でした。)

 

それをクリアすると、今度はアカウントスペシャリストに、その仕入れ先がその商品を正規品として扱っている証明を求められました。

 

アクション②:仕入れ先がその商品を正規品として扱っている証明する

 

仕入れ先がその商品を正規品として扱っている証明は簡単にできました。

 

なぜならば、その仕入れ先しか販売していない商品をだったからです。WEBを見れば明らかでした。

 

該当、WEBサイトのURLを提示しておkとなりました。

 

これも不幸中の幸いだったと思います。

 

せどりだと、百貨店や小売店から仕入れをする人もいると思います。百貨店や小売店で買った1商品をどうやって正規品と証明できるでしょうか?

 

この手の真贋調査になってしまうと詰みだと思います。

 

↓実際に詰んでしまった人の実例です。大手百貨店からセガのフィギュアを仕入れて真贋調査でアウトになり、アカウント閉鎖になったとのことです。

 

この方はメルカリやヤフオクは完全にNGにして、領収書がもらえる大手百貨店などの先から仕入れをするように注意をしていたようです。

 

まさか大手から仕入れたのに、正規品を仕入れているかの証明が求められるのか?と驚いていました。

 

私の場合は、たまたま仕入れ先が、「そこでしか売っていない商品」を仕入れていたので不幸中の幸いだったと思います。

 

真贋調査がクリアになったときのメール

 

クリアになり、以下のメールをもらいました。

平素はAmazon.co.jpをご利用いただき、誠にありがとうございます。

このたび、ご提供いただいた情報を慎重に審査いたしました。出品者様は、Amazon.co.jp で該当の商品を継続して出品することができます。

ASIN:○○○○
商品名:△△△

上記の商品を再出品する方法については、セラーセントラルのヘルプページ(https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/201186860)をご覧ください。

該当の商品の復元で問題が発生した場合は、有効な出品情報がないFBA在庫の可能性があります。出品情報のエラーを修正する方法については、セラーセントラルのヘルプページ(https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/201436600)をご覧ください。

アカウントスペシャリスト
Amazon.co.jp
http://www.amazon.co.jp/marketplace

出典:アカウントスぺシャリストメール

 

本来なら、先にアウトになった2商品も、この領収書をもってすればおkになったかもしれませんが、真贋調査の怖さを身をもって体験するためにアウトのままにしました。

 

その後も、いつアカウントが閉鎖になってもいいように覚悟をして現在もアマゾン物販をやっています。

 

そのため2020.12時点では500万でスタートした会社資金が倍の1000万になったものの、いきなり全額ぶっ飛ぶリスクを考慮して物販に投資するのは500万までと決めています。

 

クリアできた要因①:正確な領収書をもらえたこと

 

まずはアマゾンでクリアできる形式の領収書を請求できたことです。

 

簡単なようで、これが初心者の方は結構ひっかると思います。実際に私の最初の真贋調査でアウトになっています。

 

真贋調査をくらう前までは「領収書=ただの明細=金額がわかればいいんでしょ」という理解でした。

 

それを以下の失敗をしながら、なんとか正しい領収書の形式までタドリつけました。

×:WEBでの明細のスクショ

×:Eメールでの書き込みができる領収書

 

そして仕入れ先に対して、正しい領収書を書いてもらえる立場にあったことも大きいと思います。

 

私の場合は、相手が決定的なミスをしていたので、結果的に1回限りで強気に依頼できる立場でしたが・・。

 

こっちの指定通りに領収書を書くというものも、できそうで難しいことだと感じます。

 

それぞれの店にそれぞれのフォーマットがあり、通常それに応じた領収書しか作成しないと思えるからです。

 

なんでアンタのためにそこまでしなければならないの?となりやすいと感じます。

 

クリアできた要因②:正規品の証明が簡単なところから仕入れをしていた。

 

これは完全な結果論です。たまたまです。

 

なので運がよかったと思います。たまたま自分で見つけた利益商品の仕入れ先がオリジナル商品だったということです。

 

が、これも通常、せどりというと百貨店などの小売店からスマホ片手に価格差がある商品を見つけるということで仕入れをする人が多いと思います。

 

そういう意味では、そういうスタイルでせどりをやっている人は真贋調査になったらアウトになる確率が高いと覚悟しておいた方が良いと思います。

 

☆まとめ☆

 

真贋調査をクリアするには以下が必須です。

・正式な正確な領収書

・仕入れ先がその商品の正規品を扱っている証明

 

そのために、儲かるからという視点で仕入れをしていると、いつか大きな落とし穴に落ちることになります。

 

利益が少なくなっても、最低でも上に示した条件を満たす商品を仕入れる必要があります。

 

特に領収書については以下を参照いただくと理解が深まると思います。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. […] 要ご対応:出品調査のご連絡が来たときの対応~領収書編~ […]

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です