2017.10~(年齢40歳)から脱サラし起業しました。これから脱サラしたいという方向けに脱サラを支援する情報発信をさせていただきます。

副業・本業業務でせどりをメインにしない方が良い4つの理由

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

副業・本業業務でせどりをメインにしない方が良い4つの理由

 

2017.1~せどりをやり始めました。

 

最大で2017.8で月間49万程度稼ぎ、現状では月間10万~30万程度で推移しているのが私の実績です。

 

詳しくは↓

過去の利益実績

 

2017.8から利益が下がっているのは純粋に投入資金を大幅に下げただけです。

 

2017.8ころは月間200万程度数か月仕入をし、利益は49万上がっていても在庫で600万を抱えているという状況でした。

 

一方、現状は利益は10万~30万でも在庫を200万程度に抑えてやっています。(直近は多く仕入をしていますが・・。)

 

投入金額が大きくなれば、必然と利益は上がりますが、在庫も多くかかえることになるというがせどりです。

 

せどりをメインでやらない方がいい理由を実体験よりご紹介させていただきます。

 

※あくまで私がそう思うという個人的な見解なのでご理解ください。

 

せどりをすると在庫を多く抱える

 

商品を仕入をしないと販売できませんので仕入をすることになると思います。

 

が売れる分だけを仕入れることなんてもちろんできませんので多めに仕入し在庫を抱えることになります。

 

月間売上の3倍程度の在庫を抱えることになってしまうのが平均のようです。

 

さらにせどりの場合利益率の平均は20%と言われています。私もおおむねそうなっています。卸仕入れをする方は10%まで落ちます。

 

見かけ上は利益が上がっていても在庫等を考慮すると現金がなく自転車操業的になってしまうのが通例です。

 

キャッシュフロー内で回してる方も見かけますが、全体の10%もいないと思われます。

 

よって通常、売り上げの3倍程度の在庫を抱え続ける資金量が必要になります。

 

即金性はあるものの資金効率を考えると決して良くないのがせどりであると思います。

 

不良在庫がなかなか売れない

 

売上の3倍程度抱えた在庫ですが、それが売れているものであった場合は問題なく売れていきます。が売れない商品を抱えてしまった場合は売るのが大変です。

 

アマゾンで売るのが主流ですが、アマゾンで売れなくなると大幅に売る速度、値段が下がる傾向にあります。

 

私は以前アマゾンで出品停止にあいました。

 

もう1年も経ちますが、40万程度停止になり他で売りに出しても現状まだ20万程度残っています

 

このようにアマゾンで売れなくなったり、純粋に売れない商品を仕入れてしまった場合の回収がすごく難しいというのが実感です。

 

損して売るわけになるのですが、少しづつ長期間にわたって超低速で売ることになるので精神的に疲れてきます。

 

ぼったくりの情報発信者が多い

 

せどりが在庫ビジネスで実は儲かりにくいという証明だと思いますが、うさんくさい情報発信者が多いです。

 

通常教材で1万~3万、コンサルで10万~30万程度超高いものだと50万~100万というものもあると思います。

 

 

コンサルは受けたことがないのでわかりませんが、情報教材に関しては全く意味ないです。自分で調べようとすればネット上にほとんどでています。

 

わざわざ買うようなレベルではないです。実際に10個程度買って思ったことなので間違いないです。

 

このようにタダでさえ、資金効率が悪いせどりですが、悪意のある先人たちがたくさん罠をしかけて待っています。

 

労働集約型ビジネスである

 

せどりは基本自分が動かないと利益が稼げない労働集約型ビジネスです。外注化する等自動化させる方法もありますが、基本労働集約型です。

 

言い方が悪いですが、スーパーのレジ打ちや、コンビニバイトと何ら変わりがないわけです。やれどやれど、楽にならずというビジネスなので本腰を入れてやることではないと実感します。

 

☆まとめ☆

 

あくまで私の実感としてのせどりをメインにしない方がよいと思える理由を書かせていただきました。

 

中にはせどりでうまくやっている人もいるかとは思いますが、あくまで私はそう思うというだけですのでご理解ください。

 

せどりではなく、何に力を入れればいいかというと「資産運用」です。上げた4つの理由をすべて解決しているのが資産運用です。

 

追ってご紹介していきたいと思いますのでよろしくお願いします。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です