2017.10~(年齢40歳)から脱サラし起業しました。これから脱サラしたいという方向けに脱サラを支援する情報発信をさせていただきます。

デスクワークで背中痛くなったときの解決方法 【健康】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

デスクワークで背中痛くなったときの解決方法

 

2017.10~起業して、ほっておくと1日中自宅に閉じこもることが多くなりました。

 

それから半年程度経ったあたりから背中がつらくなるようになりました。椅子に座ると背中が突っ張る感じがして、すぐに横になりたくなってしまいます。

 

そのために1日40分~1時間の散歩を始めましたイマイチ回復しません。

 

知識習得のために読み物をする場合は横になりながらでも問題ないのですが、このブログを書く作業になるとどうしても椅子に座ってやった方が効率が良いので困りました。

 

結論からいうと針治療が効果絶大です。

 

その前に私が実体験したあまり効果がなかったことをご紹介します。

 

効果少:りらくるなどの全身マッサージ

 

よくある全身マッサージ店ですが、あまり効果ありません。気持ち楽になり、数日は効果ありますが、抜本的に改善しません。

 

やっていることも疲れているところを重点的にマッサージするだけ治療の要素が極めて薄いため改善しなくて当たり前だと思います。

 

効果中:整体マッサージ

 

全身マッサージと違い症状を聞いてもらえるのでどうしたら改善できるかを具体的に教えてもらえる等全身マッサージに比べると一歩踏み込んだ内容になります。

 

が整体であっても改善をさせるマッサージ含めた全身マッサージなので効果が中程度です。

 

ただしっかり質問すれば知識を得ることができます。

 

効果大:針治療

 

針治療は直に治療をしてくれます。

 

デスクワーク等で背中が痛い場合は背中の筋肉負荷がかかりすぎているためにおきる症状です。

 

背骨の周りの↓の筋肉が使い過ぎで固くなっているのを柔らかくすることが根本の解決策です。

 

 

出典:http://www.teramaeseikotuin.com/?p=4148

 

 

針治療の場合は、背骨の周りの筋肉に直接針を打って治療できます。

 

なんで針を打つと治療になるかというと針が打たれることで筋肉が傷ついたと体が勘違いし血流を活性化し筋肉を改善させようとする力が倍化するためです。

 

ちなみに全く痛くないです。

 

針治療をした後の効果

 

背骨の周りの筋肉には自律神経がたくさんあるようです。

 

そのため、背中がつらいと同時に自律神経が興奮状態になっており結果として慢性的に眠れなくなります。私は疲れたら寝るというだけで意識して寝ようということがないので実感はしていませんでしたが、

 

針治療をした後は横になると恐ろしいくらいすぐ寝るようになりました。加えて、背中がつらいというのも本日で針治療後1週間ですが、まだ大丈夫です。

 

なので、おすすめです。

 

 

☆まとめ☆

 

何をするにも原因をしっかり理解し、それに対する解決策を講じるのが良いと実感しました。なんとなく背中痛い、マッサージ行こうではダメだなと痛感しました。

 

それはさておき、背中が痛いと仕事がはかどりませんので同じ症状の方は針治療をすることをおすすめします。

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です