2017.10~(年齢40歳)から脱サラし起業しました。これから脱サラしたいという方向けに脱サラを支援する情報発信をさせていただきます。

1人法人経営の社会保険料は重い!年収750万以下ではざっくり月収の30%がとられる!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -



社会保険料は重い!年収750万以下ではざっくり月収の30%がとられる!

 

サラリーマンのときは全く理解しようともしませんでしたが、起業すると社会保険料の重さを実感します

 

具体的にどれくらいか?を見ていきます。

 

私が住んでいる佐賀県の場合です。

 

住んでいる都道府県によって若干税率は違くなりますが大きな違いはありません。

 

このくらいかかるんだーとざっくりのイメージでとらえてください。年収が750万以下までこの税率が適用されます。

 

健康保険料は10.61%かかる!

 

 

 

病院にいったときに料金30%負担で助かる♪と思いきや毎月給料の10.61%がっつりととられています( ゚Д゚)

 

サラリーマンの方でも月給の約5.3%が毎月とられています。零細企業社長である私は月給20万で2.1万も取られています。

 

これを物販で換算すると利益率20%で売上約10万分です。毎月10万の売上を国のために働いていることになります_| ̄|○

 

厚生年金は18.3%かかる!

 

 

 

毎月給料の18.3%がっつりともっていかれます( ゚Д゚)

 

サラリーマンの方でも半分の約9.1%がもっていかれます。零細企業の社長である私は月給20万で3.6万取られます。

 

これを物販で換算すると利益率20%で売上約18万分です。

 

毎月18万の売上を国のために働いていることになります_| ̄|○

 

☆合計28.91%が社会保険料としてかかる!

 

健康保険で10.61%

厚生年金で18.3%

合計で28.91%

 

かかることになります。

 

月給20万だと5万9820円もっていかれることになります。利益率20%の物販で考えると売上30万分の稼ぎが消えることになります。

 

零細企業には非常に重たい!

 

これが弱小の企業にとっては非常に重たいです。2018.5は中古ゲームせどりにチャレンジして大いに失敗しました。

 

その結果は

 

 

売上58万_| ̄|○

 

 

利益10.5万_| ̄|○

 

 

がしかし社会保険料は5万9820円( ゚Д゚)

 

稼ぎの60%が社会保険料にもっていかれ何をしているのかわからなくなってきます。

 

☆まとめ☆

 

稼げばいいだろということにはなるわけですが、稼げないときもでてくるわけです。

 

そんなときに振りかえってみてみると社会保険料の負担が重たいということです。新たに給料を決めるときはよく考えて決めた方が良いと思います。無駄にたくさんの社会保険料を払うことになってしまいます。

 

社会保険料を安くする具体例をご紹介

 



この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です