2017.10~(年齢40歳)から脱サラし起業しました。これから脱サラしたいという方向けに脱サラを支援する情報発信をさせていただきます。

ざっくり理解するサラリーマンの所得税の計算方法

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -



ざっくり理解するサラリーマンの所得税の計算方法

 

サラリーマンの所得税のざっくりした計算方法です。

 

確認しようと調べても細かい説明が多く、結論がわかりにくいものが多かったため自分で作成してみます。

 

①額面の給料から②③④色々と控除をしたものに⑤所得税率をかけることにより所得税を計算することができます。

 

①~⑤は下記に対応しています。

 

①額面の給料を確認する

 

まずいくら収入があるかを確認します。この額面給料をもとに計算をしています。

 

②給料所得控除を計算し引く

 

H29~H30の給料所得控除は以下です。

 

給与の収入額 給与所得控除額
180万以下 収入金額40%

65万未満65万

180万超

360万以下

収入金額40%

+18万

360万超

660万以下

収入金額20%

+54万

660万超

1000万以下

収入10%

+120万

1000万超 220万(上限)

 

③社会保険料分を引く

 

給料から引かれている健康保険料・厚生年金保険料を引きます。

 

1年分の総額です。

 

④もろもろの所得控除を引く

 

生命保険控除

・地震保険控除

・配偶者控除

・基礎控除

 

等が適用できる方は適用して控除します。

 

どんな人でも基礎控除の38万は引くことができます。

 

⑤所得税税率をかける

 

課税所得 税率 控除額
195万以下 5% 0円
195万超

330万以下

10% 9.75万
330万超

695万以下

20% 42.75万
695万超

900万以下

23% 63.6万
900万超

1800万以下

33% 153.6万
1800万超

4000万以下

40% 279.6万
4000万超 45% 479.6万

 

 

・まとめ:計算式

 

(①給料-②給料控除-③社会保険料控除-④もろもろ控除)×所得税率=所得税

 

となります。

 

 

☆具体例

 

私のH29年では

 

①給料が1000万

②給料所得控除が220万(給料10%+120万が控除)

③社会保険料が120万

④もろもろ控除が43万(基礎控除38万と生命保険控除5万)
⑤所得税率が20%-42.75万

 

①~④で617万のため20%-42.75万の税率

 

※所得税80万6500円

 

これらの計算をへて所得税が80万6500円であることがわかりました。

 

☆まとめ☆

 

ざっくりとしたサラリーマンの所得税の計算方法をご紹介させていただきました。


この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です