2017.10~(年齢40歳)から脱サラし起業しました。これから脱サラしたいという方向けに脱サラを支援する情報発信をさせていただきます。

法人税申告書の書き方を勉強するための初心者におすすめする本

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -



法人税申告書の書き方を勉強するための初心者におすすめする本

 

私は2017.10に会社を設立し、税理士なしで法人税の申告をしております。

 

従業員もいなく、私1人だけの法人で大した取引もしていないので1人でできるだろうと思っているためです。

 

知識としては簿記3級をもっている程度です。

私の法人税申告実績

・現在2019年10月現在:法人3期目(2017年法人設立)

・1期目は税理士なしで法人税申告書作成し申告すみ

・2期目も税理士なしで法人税申告書作成し申告すみ

・顧問税理士なし

クラウド会計を使って決算書(貸借対照表・損益計算書等)を作成さえすれば法人税の申告を終わりだぜ~と勘違いして焦って法人税の申告書って何?というレベルからスタートしました。

 

悪戦苦闘しながらでも税理士なしで申告できていますので、役に立った本をご紹介します。

 

ご紹介する前に法人税申告書を税理士なしで作成するコツをご紹介させていただきます。

 

法人税申告書を税理士なしで作成するコツ

 

法人税申告書を税理士ないで作成するコツ

①難しい別表4、別表5、別表1は税務署で書き方を教えてもらう。

②決算書の数字が確定していれば、別表4、別表5、別表1は10分あれば完成する。

 

法人税申告書は書き方の本を見ればある程度は書けますが全部はおそらく難しいと思います。

 

ネックは別表4と5です。

 

この別表4と5がいろんなところの数字と連動しており、初心者では理解できにくいです。

 

私は最初の決算時に120時間くらい勉強に費やしましたが別表4と5は理解できずに終わりました。

 

が理解できなくても全く問題ありませんでした。税務署に行って聞けば教えてもらえるからです。

 

逆に言うと、別表4.5以外は比較的簡単に理解できます。

 

学習のポイントは別表4.5は概略だけを理解し細かいことは理解しようとしないことです。というか、したくでもできないです(;一_一)

 

決算書と別表をもって別表4.5の書き方がわかりません税務署に行って質問すると丁寧に教えてくれます( ̄ー ̄)ニヤリ

税務署を利用する注意点

仕訳が合っているか?を聞くのはNGです。

決算書の数字が確定しており、別表4と5と1以外が完成していることが必要です。

丸投げするのは失礼なのでやめましょう。

 

 

とりあえず法人税の申告書を完成させ申告が終わってから、改めて時間をかけ別表4.5を理解しにいけばいいと思います。

 

詳しくは↓下記で書いています。

 

 

本題に戻りまして全くの無知識から法人税申告書を作成するために実際に役にたった本をご紹介させていただきます。

 

①STEP式法人税申告書と決算書の作成手順

 

実務的はこの本がもっとも良いです。具体的な記入例も豊富です。

 

赤字決算の場合や分割法人の場合等の解説もあり、とても参考になります。

注意点

法人税の申告書について知識がほとんどない方だと難しく感じると思います。

別表って何?申告書って決算書とどう違うの?というレベルなら後で紹介する虎の巻を先に勉強した方が良いです。

私自身は完全なる初めてのときこの本を読んでも意味がわかりませんでした。

 

2回目の申告時、基本的なことが理解した後、具体的書くの?という状況になったときはとても重宝しました。

 

 

法人税申告書虎の巻

 

 

知識が全くない方の場合はこの本が良いです。

 

決算書があるのになんで法人税申告書を作成するの?と思ったり、別表って何?というレベルであった場合には、この本はとても良いです。

 

注意点

別表って何?法人税の申告書って何?というレベルで概略を理解するには最もわかりやすい本だと思います。
が具体的にどう書けばいいか?になると上のSTEP式の方が具体的でわかりやすいです。

 

この本で基礎を理解したのちに上でご紹介してSTEP式で具体的に法人税申告書を作成していったら良いと思います。

 

 

※この2冊と税務署で法人税の申告は可能

 

私は税理士を使わずに法人税の申告書を作成し申告をしています。

 

最初の1年目に、右も左もわからないときは「法人税申告書・虎の巻」を教科書にして基本的に基礎知識を理解しました。

 

その状態でも別表4と5と1以外は大した問題なく作成することができました。

 

別表4と5と1はどうしても作成ができなかったので、決算書と別表4と5と1以外の別表をもって税務署に相談をしていきました。

 

やり取りは以下です。

私:決算書と別表4.5.1以外ができたのですが、別表4.5.1をどう書いていいかわかりません。

税務署:決算書を見せてください。

税務署:この数字を別表4のここに書いてください。

税務署:この数字は別表5のここに書いてください
5分~10分指示通り記入する

税務署:以上で終わりです。

私:え!もう終わりですか?20時間くらい考えていても書けなかったんですが・・。

というくらいあっさり別表4.5と1が完成しました。

 

完成した後に、実際にどこの数字が転記されたかをチェックして理解を深めるということをしました。

 

なので別表4.5.1が書けない状態で悩んでいたら、税務署を利用することがおすすめです。

 

☆まとめ☆

 

設立間もない法人であれば19種類ある別表もほとんど使わないと思います。

 

私は7種類だけでした。

 

税理士なしで法人税申告書を作成するコツは税務署をうまく利用するということだと思います。

 

私は2週間で4度訪問しました。

 

決算終了から法人税申告までに2か月もありますのでわからなければ何度でも聞いたらいいと思います。

 

ただ何の努力も知識もなしで聞きに行くだけだとただの迷惑行為になります。

 

最低限の知識は備えておく必要があります。

 

よって今回は最低限の知識を効率よく取得できると思った本をご紹介させていただきましたのでご活用いただければ幸いです。

 

以上法人税申告書の書き方を勉強するための初心者におすすめする本のご紹介でした。

 

別表4と5についての理解度をさらに深めたい場合は下記を参照ください。

 



この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. […] なんとかなるレベルになるかと思います。     勉強するのにおすすめの本はこちらです。       (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});       […]

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です