2017.10~(年齢40歳)から脱サラし起業しました。これから脱サラしたいという方向けに脱サラを支援する情報発信をさせていただきます。

アマゾン販売で稼ぐコツ:強いライバルがいるかどうかで売り方を変えること

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -



アマゾン販売で稼ぐコツ

 

せどり(転売)で稼ぐコツは?となると「価格差のある商品を見つけること」という人が多いと思います。

 

初心者の方だと、価格差のある商品を見つけられないという人が多いと思います。その人たちをカモるために、仕入動画をアップしてドヤ顔し商売する人がいます。

 

がしかしそんな情報をありたがっているうちは、間違いなく稼げないで終わります。

 

価格差のある商品をみつけるのは「基本中の基本」

 

そもそもビジネスに正解はなく、かつ正解は常に変化します。今日まで売れていたものは明日以降も売れるわけではありません。

 

よって売れているものを他人から教えてもらおうとする思考回路をしている時点で同時に滅びに向かって進んでいることになります。

 

価格差があるものは、「理由があるから」定価を上回り高くなっているわけです。

 

そのため「どうして価格が高くなっているかの理由」を分析します。そして、その理由にあてはまる商品を探し出せばいいわけです。

 

これは難しいことではありません。ちょっと考えればわかることです。

 

自分の好きなもので定価より高値で売られているものがあれば、それがどうして高くなっているかを考えれば、おのずと答えはでてきます。

 

価格差がある商品を見つけられるということは、基本中の基本であり、戦闘のリングに上がる資格が得れただけのようなものです。

 

これだけでは全く稼げるようになれません。

 

価格差のある商品の数の確保も「基本」

 

次の段階になると、価格差のある商品をある程度まとめて買える仕入先を確保しなければなりません。

 

価格差のある商品をそれなりに見つけても、購入できるのが1つだけであると十分に稼げません。

 

価格差があるものを大量に買える仕入先を確保することが次に大事なります。

 

そのノウハウのない方が、人気商品販売日の前々日くらいから並び先頭に待機し、批判を浴びながら全在庫を買うという暴挙にでます。

 

このような批判を浴びるような買い方ではなく、まっとうな方法で価格差のあるものを大量に買えるようにする必要があります。

 

これもちょっとしたコツがあればできますのでそんなに難しいことでもないと思います。

 

次が勝負の分けれ目になると思っています。

 

アマゾンのライバルの強弱で売り方を変えることが「勝負」

 

 

アマゾンは原則1商品=1カタログです。

 

そのため強烈な価格競争がおきます。加えて販売セラーのアカウントの強さによってカートの取得率が大幅に違ってきます。

 

価格差のある商品を大量に仕入れることに成功したとします。

 

がしかし自分より強いアカウントのセラーがたくさんいると恐ろしいことがおきます。

 

商品はたくさん売れるものの、強いアカウントのセラーの在庫ばかりが減って、自分の在庫がほとんど減らないということが起きます。

 

せっかく価格差のある商品を大量に仕入れることができても、自分より強いアカウントのセラーが同様に大量に仕入れていた場合に、思ったより売れない(ほとんど売れない)ということになります。

 

そのため、自分より強いアカウントのセラーの在庫を見極め、早めに在庫切れを起こさせるように価格競争を仕掛ける必要がでてきます。

 

同じような価格にしていると、ライバルが十分に売れたあとに、初めて自分の在庫が売れていくことになるからです。相手の在庫が多かった場合だと最悪、相手が在庫切れになる前に商品の売れ時(旬)が終わってしまうことも考えます。

 

そうなると価格差のある売れる商品を仕入れていたにもかかわらず、売れずに在庫がたくさん残るという悲しい結果がおきます。

 

そのため以下2点を把握する必要があるということです。

 

・日々ライバルの在庫をチェックし、自分とライバルにどれだけ力の差があるかを把握する

・ライバルが在庫をどれくらい保有しているかを推定できるようにする

 

 

こうなるとライバルの状況によっては、せっかく価格差をある商品を大量に仕入れることができても、薄利で売るしかなく、全く稼げないということも起きてきます。

 

が、アマゾンで販売する以上それが当たり前と思わなければなりません。

 

そして良く起きます。自分だけが利益商品に気が付いているなんてことは滅多におきません。

 

価格差のある商品を見つけてありがたがっているうちは、せっかく見つけた商品を薄利で売るなんてことはできないと思います。結果、商品の売り時(旬)を逃し、不良在庫化することになります。

 

こういう流れがあるために、価格差がある商品の情報をありがたっているうちが稼げるようにならないという理由になります。

 

 

☆強いライバルの有無によって売り方を変えている人が強い

 

見ていると薄利になると、追ってこず、高値にして待っているセラーも多くいます。

 

それで、うまくいくケースもありますが、うまくいかないケースの方が多く、資金効率が恐ろしく悪くなります。

 

そういう人の商品をみると数年前の旬を過ぎた商品を俺様価格で高値販売しています。

 

よってこういう人は時間が経つごと、徐々に力を失っていきます。資金がなくなってくるので当たり前です。

 

むしろ薄利でもガンガン売ってくる人は、薄利であってもその分アマゾンのアカウントが強くなるため、今後の布石に十分なっているわけです。

 

そういう売り方をしている自分より強いアカウントのセラーがいた場合は厄介で、そのライバルの特徴をつかみ、うまく対処していかないと稼げなくなってしまうので注意が必要です。

 

アマゾンで稼いでいくには、価格差のある商品うんぬんよりもこのライバルセラーに対しての対処方法がうまい方が稼げていると私は思っています。

 

具体的に強いライバルセラーがいたときの対処方法はこちら

 

 

☆まとめ☆

 

アマゾン販売で稼ぐコツは、価格差のある商品を見つけられることではありません。

 

価格差のある商品を見つけるのは基本中の基本として、ライバルの状況によって臨機応変に売り方を変え、ライバルセラーにうまく対処することが最も大事で稼ぐコツだと思っています。

 

人によって考え方は色々あると思いますが、私が思うアマゾン販売で稼ぐコツをご紹介させていただきました。

 



 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です