2017.10~(年齢40歳)から脱サラし起業しました。これから脱サラしたいという方向けに脱サラを支援する情報発信をさせていただきます。

相場より明らかに安い値段で販売していると偽物だと思う人がでてくるので注意。~アマゾンだと真贋調査に発展する~

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -



相場より明らかに安い値段で販売していると偽物だと思う人がでてくるので注意

 

アマゾンのセラーフォーラムにまた興味深い投稿がされていました。

 

内容は、問答無用でアカウントが閉鎖になったというよくある話ですが、私が興味をもったのは真贋調査になった理由です。

 

なんと理由は以下です。

 

出品者の出品物で過度に価格が安く、偽物の可能性があるという理由でアカウント閉鎖

 

とても恐ろしいことです。安く売ると偽物扱いされてしまうということです。

 

決算対策等で安く売ろうとするとき、あまりに安すぎると真贋調査になる可能性があるということを頭に入れておかねばなりません。

 

私の場合、現在が2019.7で2019.9で法人の第2期が終わります。

 

第3期は消費税の課税業者となり、かつ簡易課税を選択するつもりなので、今期中に可能な限り損切りをしてと思っていますが、安くすると偽物扱いされる懸念があるため、思い切った損切りもしないように気をつけてなければなりません。

 

アマゾンだけでなくメルカリ等でも安く売ると偽物もしくはコンディションを偽っていると考える人がでてきます。

 

私は経験がありますのでそれを共有させていただきます。

 

ケース①アマゾンで安い値段で販売していたら、偽物ですか?と問い合わせがきた

 

私の場合は、廃版商品を大量に仕入れて、出品者が少なくなってから出品を開始するということを以前やっておりました。

 

がしかし、この商品に関しては、出品者が減ったものの価格があまり上がりませんでした。

 

売れ具合をみても、月に20個程度売れる想定をしていましたが、月に3~5個くらいしか売れていませんでした。

 

これは寝かせ失敗だなと思って、相場の30%くらい安い値段で10個程度売りに出しました。

 

そしたら問い合わせで以下のような質問がきました。

 

大変失礼ながら、偽物を売っていませんか?

 

おそらくですが、同業者が、相場より30%も安い値段で多めの数量を売りにだしたので疑問に思ったのだと想像しました。

 

そこで上で書いたように、大量に仕入れて寝かせて販売しようとしたら、想定ほど売れなくて困っている、そしてこの商品の売れていない客観的なデータ等も説明したら、納得してくれたかどうかはわかりませんが、

 

わかりました。失礼な質問をしてすいませんでした

 

で終わりました。

 

このとき怖いと思いました。希少価値の高いものを、時間が経過してから大量にもっていて、さらにそれを安値に売ると「偽物」と思う人がいるというのを実感しました。

 

しばらくは、真贋調査になるのではないかと思って、その商品を買った人の氏名住所を念のために控えておくということをやっていました。

幸い真贋調査になっていませんので、現在ではホッとしています。

 

がかなり恐怖を感じたので、それからは、在庫切れになってもいいので、少量しか納品しないようにしています。

 

ケース②メルカリで新品未開封の洋服を売ったら、一度洗濯しましたよね?と疑われる

 

メルカリで洋服を売りました。

 

こちらもそれなりに希少価値のあるものです。がしかし商品の旬を過ぎているので、1か月に2~3個しか売れません。

 

10個程度在庫があったので、早々に全部売りたかったのでこちらも相場より20%程度安く販売しました。

 

実際に未使用で買ったまま暗室で保管していたため、包装の透明な袋も一切のシワもなくきれいな状態でした。

 

そして発送でも段ボールに入れて発送したため、きれいな状態であったと思っています。

 

が、後から購入者から到着後、「これ一度洗濯してますよね?」と質問がきました。

 

そう購入者が思った理由は、「値段が想定より安すぎる」ために疑ったと思う方が妥当だと感じました。

 

そして私の事例ではありませんが今回のセラーファーラムに投稿した人の例となります。

 

ケース③安すぎると疑われて真贋調査へ発展、そしてアカウント閉鎖へ

 

実際に安い価格に設定しただけで、実際に真贋調査に発展してしまっています。

 

とても恐ろしく思います。

 

想定より安く売ると偽物だと思われる可能性が高くなるという事実が浮き彫りになります。

 

そう思うと上場企業が「決算セール」と言って安売りするのは、事情があって安くしていますよという「偽物だと思われないための工夫」であるのだろうというと想像できます。

 

安易に安く売ると大変な目にあうとことを肝に銘じておかねばなりません。

 

せっかくなので、なぜこのセラーフォーラムに投稿した人がアカウント閉鎖になったかを想像してみます。

 

セラーフォーラムに投稿された内容の要約

 

・アカウントがいきなり無効になったと主張

・安く売っていたため偽物の可能性があるがアカウント閉鎖の理由

・偽物なんか販売するわけがないと主張

・安売りしてはダメなんかおかしいと主張

・アマゾン側から何の連絡もないと主張

 

まずは、アカウントが無効と書いている時点で、知識がないことがわかります。

 

アカウントが「停止」か「閉鎖」かで対応が違いますが、「無効」という表現をしています。

 

おそらく閉鎖だと想像できますが、この投稿者がアマゾンの真贋調査に対して何ら対策をとることなく、販売をしていたことがわかります。

 

加えて以前アマゾンでアカウントが閉鎖になる人の特徴とは?で書かせていただきましたが、この投稿者にはもろに当てはまります。

 

そのときにアマゾンでアカウントが閉鎖になる人の特徴は以下と書かせていただきました。

 

・このアマゾンの対応に対して逆ギレして暴言を吐く

・教えてくれないから対応はできないと開き直り

・自分には落ち度はないので調査に応じないと調査を突っぱねる

 

今回の投稿者は「偽物なんか売るわけないだろ」と自分に落ち度はないと主張しています。

 

さらに「安売りがダメなんておかしい」とアマゾンに切れています。

 

そして「アマゾンから連絡がない」と教えてくれないから対応できないスタンスです。

 

気持ちが痛いほどわかりますが、対応が完全に間違っていたのだと思います。

 

いきなりアカウントが無効になったと書かれていますが、いきなりでもなんでもなく、「領収書、請求書を提出せよ」というアマゾンに指令をクリアすることができなく、さらに、できない場合の対応等が間違っていたためにアカウントが閉鎖されたと考えた方が妥当です。

 

アカウントが継続できているかどうかは運である要素も強いとは思いますが、できる限りアカウント閉鎖にならないように情報収集しておくことは最低限必要かと思います。

 

そういう意味ではこの方は、ノーガードで攻め込みすぎて、カウンターをモロに食らってK・Oになってしまったということではないでしょうか?

 

まとめ

 

無計画に相場より安値で販売すると、偽物だと疑われるリスクがでてくるということは理解しておくべきです。

 

事情があって安くても売りさばきたいときは、「決算セール」のようなことを付け加える必要があると思われます。

 

瞬間思ったこととしては「近々に引っ越す予定なので、それまでに売りたいので安くしています」がメルカリならいいかなと思います。

 

アマゾンだと難しいと思います。安易に安売りできません。

 

以上相場より明らかに安い値段で販売していると偽物だと思う人がでてくるので注意。~アマゾンだと真贋調査に発展する~でした。


この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です