2017.10~(年齢40歳)から脱サラし起業しました。これから脱サラしたいという方向けに脱サラを支援する情報発信をさせていただきます。

アマゾンの真贋調査でアカウント閉鎖・停止になったらピンチ!影響を軽微にする簡単にできる防衛策

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -



アマゾンの真贋調査でアカウント閉鎖・停止になったらピンチ!影響を軽微にする簡単にできる防衛策

 

アマゾンの真贋調査は誰も怯えるところだと思います。

 

真贋調査に対する恐怖は1番はアカウントが閉鎖されてしまうということだと思います。本題に行く前に、なぜアカウントが閉鎖されると困るかをおさらいします。

 

アマゾンは物販を自動化できる唯一のプラットフォーム

 

アマゾンは唯一「半自動で物販ができるプラットフォーム」です。これは何よりも大きいです。他よりも高く売れるということもありますが、それよりも自動化のほうが大きいです。自分の自由に使える時間が増えるので良いです。メルカリと比較すると、その良さを痛烈に感じます。

 

物販をしながら、他のことに時間を使えます。税務の勉強をするも良し、本を読むのも良し、ブログを書く時間にあてるものを良しです。他のことをやっていても、アマゾンがドンドン集客して、販売して、決済して、発送までしてくれます。物販をしながら同時並行で別のことをできます。いわば自分がもう一人できた状態になります。

 

一方ここ数か月メルカリをそれなりにやってみました。半年で評価が900くらい増えたと思います。確かに不良在庫の処理やそこそこ利益もあがりましたが、「めんどくさい」し「他のことができない」です。まさにラットレースではないですが、自分がねずみのようにタイヤの中をぐるぐる回っている実感があります。

 

そして次につながっていない感が強く、ゲンナリしてしまいます。アマゾンであれば売上が上がれば、アカウントが強くなる=販売力が上がります。よって薄利で売ることになっても、未来への布石を打っている前向きな気持ちになれます。メルカリでは売れど売れど、次につながっている感じが皆無です。

 

ヤフーショッピングや楽天は、私は経験ありませんが、基本手動なはずです。

 

よってアマゾンを失ってしまうと、仮に物販で稼げたとしても、ドップリ使った状態になってしまいます。次につながる布石等はかなりうちづらくなります。

 

個人的にはアマゾンで販売できなくなったら、物販からは撤退したほうがいいと思っています。そんなわけで失わないように細心の注意を払わなければなりません。が細心の注意を払ってもアカウント閉鎖や停止になってしまうことをあるかと思います。

 

以下で本題の真贋調査でアカウント閉鎖や停止になっても影響を軽微にする簡単にできる防衛策をご紹介します。

 

防衛策①高回転で売上をとにかく上げる

 

アマゾンでは明らかに売上が多い(=手数料を多く払っている)方が優遇されています。

 

同値で並んでいても、売上の多い人のほうが明らかにカートの取得時間が長くなっています。それだけではなく、いろいろ便宜を図ってもらえる可能性があると私は思っています。

 

↓で書きましたが、真贋調査まで依頼できている可能性も指摘されています。

売上の大きい大手企業の依頼で真贋調査にもなる模様

 

そのため、欲張って高く売るということよりも、薄利でもガツガツ回転させていったほうが得策だと思います。便宜を図ってもらえるかどうかは別としても確実に販売アカウントは強くなるので有効だと思います。

 

たくさん売って早く資金を回収するという流れを作っておいたほうが良いです。アカウントが停止になった際に可能な限り在庫が少ない状況になるようにしておくのが良いと考えるからです。
少しでも高く売ろうとか寝かそうとすると保有期間が延びます。そしてアカウントが停止されたら目も当てられません。

 

いいサイクルは↓です。

薄利でもたくさん売る→アカウントが強くなる→売れやすくなる→アカウント停止されても比較的在庫少ない

 

悪いサイクルは↓です。

 

欲張って高い値段で売れるまで待つ→アカウント弱いまま→在庫残りやすい→アカウント停止されたら影響大

 

 

防御策②:2週間を待たずに、ひたすら出金する

 

アカウントが停止されたときの2次災害は、売上金が事実上没収されることです。

 

アマゾンでは真贋調査が原因でアカウントが停止された場合、真贋調査での疑惑が完全に晴れない限り売上金は拘束され続けると言われています。

 

よって防衛策①でガツガツ売っていったとしても、実際に自分の口座に振り込まれるまでは、安心してはいけません。売れていたとしても、事実上アマゾンに人質として捕らえられているのと同意です。

 

そのためにアマゾンの正式な入金サイクルの2週間を待っていることはリスク管理の観点からするとよくありません。よって適宜出金手続きをする必要があります。やり方は下記で書かせていただいています。

アマゾンで入金サイクルの2週間を待たずに自分の口座に入金させる方法

 

私は出金可能金額が10万を超えたら、出金手続きをしています。ここ最近は3日に1回出金手続きをしています。売上金はアマゾンにある限り、本当の意味での自分のお金ではないことを肝に銘じるべきです。そして真贋調査でアカウントが停止されたら没収されてしまうということを理解しておくべきです。

 

 

まとめ

 

気をつけていてもアカウントの閉鎖や停止になってしまうこともあると思います。

 

よって、いつそうなってもいいように、できるかぎり防衛策を打っておく必要があると思っています。その中で簡単にでき、私も実践していることをご紹介させていただきました。

 



 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です