2017.10~(年齢40歳)から脱サラし起業しました。これから脱サラしたいという方向けに脱サラを支援する情報発信をさせていただきます。

商品画像の背景を白にするにはクリッピングマジック

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -



商品画像の背景を白にするにはクリッピングマジック

 

アマゾンで出品しているとメイン画像の背景を「白」することが求められます。

 

画像を自分で編集して背景を白にしたり、無料のツールを使う方法もありますが、微妙な仕上がりになることが多く、はっきり言うと使えません。

 

アマゾンにおいて背景が白でないとおきるデメリット

 

アマゾンでは背景が白でないと規約違反としてメイン画像にすることができません。そしてメイン画像がないとアマゾンにおいて検索対象外になります。検索対象外になるということは事実上出品していないことと同意になります。

 

つまりは出品しているのに「出品されていない」状態になるということです。通常であれば、そんなに神経質になる話でもないわけですが、ライバルとの競争が激化してくると「やっかいな問題」になります。

 

 

ライバルが妨害行為で画像削除をしてくる

 

ライバルが妨害行為で画像を削除するということをしてきます。

 

そしてアマゾンでは重箱の隅をつつくような指摘をしてもメイン画像が消されてしまいます。例えば、写真をとった光の加減で一部が少しだけ暗くなっていた場合に、「本来の色と違う色で写真を載せている」と指摘するとあっさりメイン画像は消えます。

 

ほかにも以下のように少しおかしいと思えることを拡大解釈して画像削除依頼をすると簡単にメインが画像が消えるようになっています。

・画像が不鮮明

・大きさが小さい

・色が違う

・説明文は不適切(なぜか説明文の指摘に画像が消えます)

 

私はある時期、この嫌がらせを受けて、「画像登録→削除→画像登録→削除」の無限ループを5日程度やられたことがありました。トータルで30回以上消されたと思います。

 

初めは真剣に対応していましたが、削除された理由のいい加減さと回数の多さから「嫌がらせ」をされていることと、「アマゾンでは簡単にメイン画像を消すことができる」ことがわかりました。

 

つまりは自分である程度、きれいな画像を作れるレベルになっていないと画像消される攻撃にあって販売機会損失をすることになるというわけです。

 

きれいな画像を作っても、その背景を「白」にしなければなりません。その際にクリッピングマジックを使うとかなり簡単に秒で背景を「白」にできます。

 

この攻撃を受けた場合は、目に目をで相手の主力商品と思える画像をドンドン消していきましょう。お互いに消す合戦になると相手も疲れてやめてきます。

 

背景を「白」にするのに、おすすめのクリッピングマジック

 

背景を白にするには有料になりますがクリッピングマジックがおすすめです。

 

下記のように簡単に背景を白にできます。

 

 

 

↓のように商品の画像はしっかりしていても背景が白でないものを掲載して、ライバルに睨ませると一瞬でメイン画像が消されます。よって背景は手間をかけず白にできるようにしておかねばなりません。

 

 

 

 

この対策ができれば、ライバルに消されようが、簡単に別画像を作成することも可能になります。

 

クリッピングマジックの気になる料金は?

 

プランがざっくり3パターンあります。

 

ライト

 

15 クレジット/月

  • $3.99 / 月
  • 未使用のクレジットの繰り延べ
    (最大 75)

 

スタンダード

100 クレジット/月

  • $7.99 / 月
  • 未使用のクレジットの繰り延べ
    (最大 500)
  • バルククリッピング

 

プロ

500 クレジット/月

  • $14.99 / 月
  • 未使用のクレジットの繰り延べ
    (最大 2,500)
  • バルククリッピング

 

私はライトで十分なので月450円程度払って利用させていただいています。

 

 

まとめ

 

嫌がらせで画像を消されるととてもやっかいでした。そのたびに画像を作ってアップしても再度消されるという繰り返しだったからです。

 

がクリッピングマジックを利用するようになってからは、それらしい画像をすぐ白背景にできるので、嫌がらせをうけても簡単にいなせるようになりました。

 

費用はかかるものの嫌がらせに対する保険と新規の画像を簡単に作れるようになれるので許容範囲だと思います。白背景を作るのに苦労している方にはおすすめです。

 

CLIPPING MAGIC

 



 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です