2017.10~(年齢40歳)から脱サラし起業しました。これから脱サラしたいという方向けに脱サラを支援する情報発信をさせていただきます。

SBIネオモバイル証券の手数料は安い~少額で買うときの手数料比較~

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -



SBIネオモバイル証券の手数料は安い~少額で買うときの手数料比較~

 

SBIネオモバイル証券のメリットの一つは少額で株式が買えることです。

 

1株から購入することができます。数百円のお金で株式を購入ができることになります。

 

がしかし、通常小さい金額で株を買うと手数料が高くなるため、少額で株式を買うことはできるものの事実上使い勝手の悪い取引形態となっています。

 

そこでいろいろ比較してみると

 

SBIネオモバイル証券の少額で株式購入する際の手数料が「とても安く」使い勝手が良い

 

ということがわかりましたのでご紹介させていただきます。

 

ご紹介する前に通常の少額で株を購入する場合どういう買い方をするかをご説明させていただきます。

 

単位株未満の取引(少額で株を買う方法)とは?

 

通常株式を買う場合は100株で買うことが多いです。このような株を買うのに最小単位を「単位株」と言います。

 

100株未満で購入する場合は単位株未満で株を売買することになります。

 

※単位株が1株である銘柄もあります。

 

単位株未満の取引はどこの証券会社でもやっています。わざわざSBIネオモバイル証券でやる必要があるのか?という疑問がわきます。

 

そこで単位株未満取引における手数料を比較していきます。

 

野村証券での単位株未満取引の手数料 1.1%(最低でも550円)

 

まめ株の売買手数料(税込)=約定金額×1.100%
最低売買手数料(税込)は550円です

 

SBI証券での単位株未満取引の手数料 0.55%(最低で55円)

 

約定代金の0.5%(税込0.55%)
最低手数料:50円(税込55円)

 

楽天証券での単位株未満取引・・買い付けはしていない

 

楽天証券では単位株未満の取引はやってなさそうです。

 

調べてみてましたがでてきませんでした。

 

SBIネオモバイル証券の単位未満株取引の手数料・・・220円(50万以下なら何度でも)

 

SBIネオモバイル証券では月間の取引金額が50万以下なら220円となっています。

 

つまり何度取引しても50万以内なら220円と破格になっています。

 

月間の株式取引約定代金合計額 サービス利用料
0円~50万円以下 220円(税込)
50万円超~300万円以下 1,100円(税込)
300万円超~500万円以下 3,300円(税込)
500万円超~1,000万円以下 5,500円(税込)

 

5万の取引を10回したときの具体的な手数料金額比較

 

5万×10回=合計50万分の取引をした場合の手数料比較をしていきます。

 

①野村証券 5500円 (50000×1.1%=550円×10回=5500円)

②SBI証券 2750円  (50000×0.55%=275円×10回=2750円)

SBIネオモバイル 220円 (50万以下は一律220円)

 

圧倒的な安さだと思います。

 

↑は5万の取引ですが、これをもっと少額にしたときでも手数料の安さがわかります。

 

5000円の取引を10回で計50000円分の取引をしたときの手数料比較です。

 

①野村証券 5500円 (550円に満たないときは一律550円×10回=5500円)

②SBI証券 550円  (55円に満たないときは一律55円×10回=550円)

SBIネオモバイル 220円 (50万以下は一律220円)

 

 

※単位株未満取引をやっていない・やっていても1/10の場合もある

 

 

単位株未満取引の場合、楽天証券のように取り扱っていないところや、また取り扱っていても「単位株の10分の1でしか取引できない」証券会社もあります。

 

金額が比較的小さい銘柄であれば、それで問題ありませんが大きい銘柄になると10分の1でも結構な金額になります。

 

日本有数の年収の高い会社「キーエンス」は株価が70000します。10分の1でも70万が必要になります。

 

任天堂やユニクロも40000しますので10分の1でも40万が必要になっています。

 

よって1株でも買うことができれば資金に余裕がない人には投資する機会が増えてよいことと思えます。

 

実際にやってみた日本電産8株(約10万分買付)

 

日本電産を実際に買ってみました。

 

株価が1万4000円あり、100株単位なので購入には約140万かかってしまいます。

 

貧乏人の私では大きい金額で買うのに2の足を踏んでしまいます。

 

よってSBIネオモバイル証券で8株(10万分)買ってみました。

 

 

 

 

↓現状ではしっかり利益を出しながら推移してくれています。

 

 

 

まとめ

 

株式取引はリスクを伴います。

 

初心者のうちから自分にとっての大きな金額を投資すると失敗したときに再起するが大変になってしまいます。

 

よって少額から取引して経験を積んでいくことが大事だと思っています。

 

がしかしSBIネオモバイル証券が出てくる前は、そうはいても手数料が高くなっており投資効率が悪い状況でした。

 

今回SBIネオモバイル証券がでてきたことによって少額での株式投資の効率が劇的に改善できています。

 

SBIネオモバイル証券では月間の取引金額が50万以下なら220円となっているからです。

 

株式投資は稼ぐ系では最高難度であると同時に最強の効率の良い投資です。

 

経験を積んで稼ぐようになっていきたいものです。
その余っているTポイントで投資してみませんか?【SBIネオモバイル証券】

 

 



 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です