2017.10~(年齢40歳)から脱サラし起業しました。これから脱サラしたいという方向けに脱サラを支援する情報発信をさせていただきます。

フリマ形式で利用したときのメルカリとヤフオクの違いは?~出品者の場合~

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -



フリマ形式で利用したときのメルカリとヤフオクの違いは?~出品者の場合~

 

メルカリとヤフオクでここ3日で100件以上取引をし、違いを感じましたのでまとめておきます。

 

私は高く売るより早く売りたいというニーズがあり、ヤフオクもフリマスタイルというか即決する値段で出品するということをしました。

 

よって代表的な違いである「ヤフオクなら高く売れる可能性がある」というのは除外して考えます。

 

あくまでフリマ形式のメルカリとヤフオクを使った場合の違いについてです。

 

出品者としてのメルカリとヤフオクの特徴はざっくり以下だと感じました。

・取引相手とやり取りを少なくし、機械的にガツガツ売りたい場合はヤフオク

・取引相手とのやり取りが多くなっても、とにかく早く売りたい場合はメルカリ

 

具体的にどういうところに違いがあるかは以下です。

 

メルカリ ヤフオク
交渉でき売れやすい ×
やり取り少なく取引したい ×
安値にすれば売れやすい ×
出品直後に売りたい ×
同梱ができる ×
クレカ払いの着金が早い ×

 

 

具体的にご説明していきます。

 

違い①交渉でき売れやすいかどうか?

 

メルカリ ヤフオク
交渉でき売れやすい ×

 

ヤフオクでは交渉はほぼ無理です。

 

厳密には値下げ交渉ができたり、質問より交渉をやろうと思えばできますが、基本交渉はありません。

 

あくまで出品した価格で買うかどうかです。

 

一方メルカリであれば、「あと100円安くしてくれらたら買います」等の購入者の意向に柔軟に対応できるよ!

出品者側からすれば値段は、ともかくとして、早く売りたいというときにはメルカリを利用するのが良いです。

 

違い②やり取り少なく取引ができるか?

メルカリ ヤフオク
やり取り少なく取引したい ×

 

違い①の交渉できるのデメリットの側面です。

 

メルカリは価格交渉等ができ、早く売ることができます。がうざったいコメントがたくさん届きます。

 

値下げできますか?

いくらまで下げられますか?

1か月後に買いたいので取り置きお願いします!

半分の値段にしたら買います!

 

等々まともに対応していたら、発狂して頭がおかしくなるコメントがたくさん来ます。

 

 

これらに加えて、購入前には必ずコメントして返答を待たねばいけない謎のルールもあります。

 

さらに取引に関係ないことを意味不明に聞く慣習があるっぽいです。

・いつ届きますか?

・どこに発送しましたか?

 

のような配達業者に聞け!自分で住所の設定を確認しろ!ということも平気で聞いてきます。

 

要はメルカリは取引をしたら終わりではなく、人によっては取引以外のやり取りを求めてくる場合あるところというわけです。

 

私は、ちょっとウザイなと感じます。

 

3日で100件ほど私は販売しましたが、イチイチコメントなど確認してられません。コメントに気が付かないと悪い評価をもらうことになります。

 

 

 

そういう場合だとヤフオクの方が便利です。

 

ヤフオクは基本無言で取引さえすればいいというのが通例になっています。

 

違い③④安値にすれば売れやすいか?出品直後に売れるか?

メルカリ ヤフオク
安値にすれば売れやすい ×
出品直後に売りたい ×

 

似たようなことなので違い③④は一緒に説明します。

 

ヤフオクは検索がしっかりしているので、商品の値段を最安値にすれば見つけてもらえて落札される可能性が高いです。

 

が一方、メルカリは「出品したらすぐ売れる」ことが最重要事項でシステムが構築されていると思われます。

そのため、メルカリでは安値で出品することではなく、一定時間経過したら削除してまた出品をするということを繰り返すと安値でなくても売れていくよ!

今回はメルカリ5か月ぶりだったのでこの原則を忘れていて、しばらく安値で放置していたら、私より高い値段の同商品がガツガツ売れていました_| ̄|○

 

ということで、時間があって多少高く売りたい場合は、メルカリで出品→削除→出品の無限ループをするのが良いです。

 

放置してしまうのはNGです。

 

こういう作業が面倒であればヤフオクに出品するのが良いです。しっかりと検索で見つけてもらえるからです。

 

違い⑤同梱ができるか?

メルカリ ヤフオク
同梱ができる ×

 

匿名配送で、複数の商品が落札された場合の配送についてです。

 

メルカリの場合は、落札後商品を同梱で発送するのは規約違反になります。

 

メルカリ便で発送予定の2つの商品を同梱で送ることした場合、片方の商品はシステム上送らなかったことなります。

 

本当は同梱で送られているのに、一方が届かないとゴネてトラブルになるからだと思います。

 

よってメルカリでは落札後の同梱はできません。

 

一方でヤフオクの場合は、まとめ取引という複数の商品を落札した場合に同梱発送ができる仕組みになっています。

 

出品者側から指定できなく、あくまで落札者の善意になりますが、それでも複数の商品が落札された場合半分程度が同梱発送を選んでくれます。

 

そうなると送料はもちろんのこと、発送手続きも減らすことができ、出品者にはありがたいです。

 

違い⑥クレカ支払いの着金確認は早いか?

メルカリ ヤフオク
クレカ払いの着金が早い ×

メルカリではクレカ支払いの場合、注文即時入金扱いになります。

 

一方ヤフオクの場合は「ヤフー審査中」となり6時間前後の審査時間を経たのちに着金扱いになります。

 

大量に件数をさばいて発送していこうとすると、6時間でもタイムラグがあると即発送ができないでの若干ストレスになります。

 

大量受注で商品を即時発送しないで貯めてしまうと在庫管理ミス、発送ミス、発送遅延等もろもろ悪いことがおきやすくなります。

 

そういう面ではメルカリは即時入金扱いなので便利です。

 

まとめ

 

フリマ形式で利用したときのメルカリとヤフオクの違いは?~出品者の場合~について実体験よりご説明させていただきました。

 

ザックリでまとめると以下だと思います。

・件数多く売ることを考えるとヤフオクの方が便利

・どうして即時に早く売りたい場合はメルカリが便利

 

あとは人の性格にもよるとは思いますが、やり取り少なく取引したい場合はヤフオク、いろいろ良くも悪くもやり取りしながら取引したい場合はメルカリと考えても良いかもしれません。

 

私はどうもメルカリの意味不明なやり取りのラリーを受け入れることができません。

 

メルカリはよほど体調の良い機嫌のいい時にしか利用できません。怒りで震えてしまいます((((;゚Д゚))))

 



この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です