2017.10~(年齢40歳)から脱サラし起業しました。これから脱サラしたいという方向けに脱サラを支援する情報発信をさせていただきます。

アマゾンでの保留注文攻撃の手口が判明する!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -




アマゾンで物販をしていると同業者から嫌がらせ攻撃を受けます。

 

私はよくライバルAさんに商品画像を消される嫌がらせを受けます。がしかし嫌がらせをうけ1年が経ち、相当苦労しましたが今では簡単に対応できるようになりました。

 

 

がまだ自分なりの防御策ができていない攻撃に「保留注文攻撃」がありました。

 

ここ数か月、定期的に保留注文攻撃を受けています。

 

どういう手口で攻撃をしてくるかもわかりませんので対応の仕方がわかりませんでしたが、今回ざっくりと全貌が見えてきました。

 

これにて対応ができるようになってきます( ̄ー ̄)ニヤリ

 

実際にどんな手口で保留注文攻撃をするかというと以下と推定されます。

 

①購入アカウントを複数作って「嫌がらせ専用購入アカウント」で保留注文攻撃をしている。

②嫌がらせ注文と思われないように「実際に購入するアカウント」で少額の商品を実際に買う

 

とても巧妙にできてきます。注意深く注文をチェックして細かく分析していたらわかりました。

 

もちろん、その細かい事実データをもとに分析した結果をテクニカルサポートに通報すみでアカウントを停止させるよう依頼しておきました。

 

悪用する人がいるとマズイので細かくはご説明しませんので、ざっくりと説明させていただきます。

 

保留注文攻撃とは?

 

アマゾンで「支払いをコンビニ払い」で商品を購入すると支払い期限が7日あります。

 

これを逆手にとって「購入する意思がない」のにライバル出品者の在庫をすべて購入して7日後に支払いをせずに自動キャンセルさせるという行為です。

 

こうするとライバル出品者の在庫を7日間消すことができます。

 

商品Aに自分含めてライバルの二人しかいなかった場合に保留攻撃をすれば、7日、独占的に自分だけが販売できるようになるというわけです。

 

また純粋に嫌がらせとして保留攻撃をすることもあると思います。

 

ひどい場合と7日経った後に再度保留注文攻撃を仕掛ける人もいるようでそうなると14日売れない状況となります。

 

↓アマゾンの保留の仕組みを悪用したやり方になります。

 

購入意思のない注文を繰り返すとアマゾンアカウントが停止される

 

保留注文攻撃は嫌がらせに有効な一手となりますが、やりすぎるとアマゾンアカウントが停止されるペナルティを受けます。

 

嫌がらせを受けて通報するとアマゾンから以下のような回答を得ます。

 

本件に関しましては、出品者様よりいただきました追加情報を、改めて担当部署へと報告し、調査を強化するよう私にて申し伝えさせていただきました。

ご多忙ななか、詳細な情報をご提供いただけましたことに、心よりお礼申し上げます。

 

このような不審なご注文が繰り返されることで、出品者様のご心労が重なることや、販売機会の損失、また、費やされるお時間をお察しいたしますと、
 
テクニカルサポートにおいても大変心苦しく存じますが、Amazonではこのようなご注文についても随時調査や警告、アカウントの停止措置等、適宜対応しております。

 

 

要は、未来永劫アマゾンでの買い物ができないペナルティーを受ける可能性があるわけです。

 

そのリスクを回避するために保留注文攻撃をする人は「ごく稀に少額で商品を買う」ということをしてきているようです。

 

よく考えられています。

 

アカウント停止を避けるために、たまに少額で購入をしている!

 

30回中1~2回でも買っていれば、客観的に「購入意思のない注文」と判断するのが極めて難しくなります。

 

1回でも買っている以上、「たまたま間違えた」「買おうと思ったけどお金が無くなった」等かぎりなく嘘だと思えても100%嘘だと言い切ることはできなくなるからです。

 

手の込んだやり方をしていると感心します。

 

私が受けた攻撃では50個保留注文されて5個だけ買われました。45個は1週間後にすべてキャンセルになっています。

 

しかも45個は別のキャンセル専用のアカウントで保留攻撃をしており、実際に購入するアカウントではキャンセル注文がないようにしています。

 

わかりにくいことだと思いますので以下でご説明します。

 

購入アカウントを複数保有。使いわけ嫌がらせをわかりにくいようにしている

 

アマゾンでは出品者のお店で一度でも購入すると「過去の購入履歴」、「キャンセルした履歴」がすべて確認できるようになります。

 

よって保留攻撃をしていたアカウントで商品を購入してしまうと、過去に大量にキャンセルをしていたことが明らかになります。

 

そのため保留攻撃をする人は複数の購入アカウントを作成しています。

 

アマゾンではクレジットカードの分だけ購入アカウントを作成することが認められています。デビットカードでもおkなので、いわば50口座くらいは平気で作れることになります。

 

複数の購入アカウントのうちで保留キャンセル用のアカウントと実際に少額購入する用のアカウントを使い分けていると思われます。

 

そうすることで、出品者に「保留攻撃をしていた事実を隠すこと」が可能になります。

 

今回、注意深く分析することでそうしていることが理解できました。どうやって確認できたかは内緒です。

 

悪用されたら困ることと、実際にやっている人にこの記事が読まれて対抗策を作られたら、めんどうになるからです。

 

まとめ

 

アマゾンで保留注文攻撃で悩んでいる人も多くいると思います。

 

保留注文攻撃をしてくる人は

 

①購入アカウントを複数作って「嫌がらせ専用購入アカウント」で保留注文攻撃をしている。

②嫌がらせ注文と思われないように「実際に購入するアカウント」で少額の商品を実際に買う

 

という行動をしていると思います。あとは「誰がやっているかの特定作業」ができればいいだけです。

 

じっくり観察していると「誰が嫌がらせ攻撃をしているか」わかりますので、あきらめずに細かく注視していると良いと思います。

 

人の足を引っ張ることに、よくもこんな手の込んだことをして、ある意味たいしたもんだと思います。

 

以上、アマゾンでの保留注文攻撃の手口が判明する!でした。

 



 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です