2017.10~(年齢40歳)から脱サラし起業しました。コストカットを徹底し、稼げなくても1人で気ままに生活できるよう日々試行錯誤しています。

アマゾン物販クリスマスバブルで月の利益120万超え中~( ̄ー ̄)ニヤリ

fortyseo
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
fortyseo

2019年に続き2020年もクリスマス効果でアマゾン物販の月利が120万を超えてきました

2020.10月から法人の第4期目を迎え、せどりでは月利100万~を目指さないように仕入れ額を調整していきますが、チャンスとあらば積極的に利益を狙っていってます( ̄ー ̄)ニヤリ

 

月利100万超えの効果は絶大です。

 

私は日々の生活費の含めトータルでざっくり月間20万程度が赤黒ラインです。

 

そのため月利40万~50万だと20万~30万しか余剰金が貯まりません。が月利100万ともなると余剰金が80万もふえます。

 

1か月で80万の余剰資金ができると、私の場合はかなり楽です。

 

昨年も12月は150万の利益を出しました。

 

 

がこの後、在庫がなくなったこと、利益がでて気が大きくなったことがあり、激アマで仕入れを増やした結果が不良在庫を必要以上に抱えることになり大変な目に合いました。

 

そのために今回は、「あくまで、たまたまタイミングが良かっただけ」と思うようにし、しっかりを手堅くやっていきます。

 

2020.12.21まで売上412万・利益120万

 

売上は21日までで412万

 

利益は120万で利益率が驚異の32.2%です。

 

 

2019年の昨年も同じような時期に月利100万超えになりました。数字も大体同じです。

 

 

違うのは昨年は3つジャンルの商品がそれぞれ高値で売れていての結果です。

 

今年はコロナの影響で3ジャンル中2ジャンルが完全に死んでいる状態にもかかわらず、同じ利益までもっていくことができました( ̄ー ̄)ニヤリ

 

理由はプライスターのおかけです。

 

プライスターの真のメリットはデータ蓄積にあり

 

いろいろな人がプライスターのメリットを伝えていますが、表面的にしか伝えていません。

 

せどり関係で情報発信している人は「せどりで稼げない」から「せどりをネタしたお小遣い程度が稼げる情報発信をして稼ごうとしている」と思った方良いです。

 

そもそもが稼いだ経験がないので、真のメリットがわからないわけです。

 

私も↓で表面的なことを書いていますが、隠れたメリットは在庫管理できることと書いています。

 

それに加えて、昨年の〇〇日に△商品がいくらで何個売れたかも確認することができます。

 

つまり昨年のデータから今年もいつから値段が上がり始め、どのくらい売れてくるかと予想することが可能になるということです。

 

そのため私は10月、11月はあえて売れる商品を売らずに同業にカートを渡し、在庫を枯渇させる作戦に実行しました。

 

12月に高値になり、それでも高速回転で売れることが予想できたためです。

 

そして概ねそのようになったということです。

 

その判断を感覚的にしたのではなく、プライスターを使って、昨年の12月にどういう価格推移および売れ方をしたかのデータで確認したということです。

 

会社の資産状況もかなり健全に改善される

 

2020年3月からコロナ影響もあり過剰在庫が続いていました。

 

会社の資産が1000万なのに半分強が在庫になっているというバランスの悪さです。

 

 

この在庫を200万~300万まで減らしたいと思っていましたが、やっと減らすことができました。

 

↓2020.12.21時点の会社の貸借対照表です。

 

1182万中、322万が在庫で残りの860万が現金になりました( ̄ー ̄)ニヤリ

 

未収金というのはアマゾンに保留される売上金なので現金と同じです。

 

 

かなり健全になったと思います。

 

12月24日~売上が平常に戻る

 

12月は私の扱っている商品の場合は24日以降平常の売上スピードに戻ります。

 

商品によってはピッタリ売れなくなります。

 

そのこともプライスターのデータよりわかっているので、この機会に不良在庫になりそうなものはかなり処分しておきました( ̄ー ̄)ニヤリ

 

こういうことがわかっているかどうかでもかなり違ってきます。

 

私の場合はこれで1年は暮らしていける分の利益を確保できたので、後は無理せず、月20万稼げればおkのスタンスで、コロナの収束することを待っていきたいと思います。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
fortyseo

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です