2017.10~(年齢40歳)から脱サラし起業しました。コストカットを徹底し、稼げなくても1人で気ままに生活できるよう日々試行錯誤しています。

マネーフォワードのクラウド会計で仕訳をエクセルで入力する方法

fortyseo
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
fortyseo

マネーフォワードのクラウド会計で仕訳をエクセルで入力する方法をご紹介します。

 

マネーフォワードのクラウド会計にやり方とテンプレートが用意させていますが、恐ろしくわかりずらいです( `ー´)ノ

私のこれを何度も読み返したり、実際に試してみましたが、まったくできませんでした。

 

やってもやってもエラーの連続でした_| ̄|○

 

そこで我流でやり方を考えてやってみたらできましたので、それを紹介します。

 

①すでに入力されている該当の勘定科目の仕訳をエクスポート(出力)する。

②該当勘定科目を入力したい日付と数字を変更してインポート(入力)する。

 

ということをやればおkです。

 

すでに入力されているものを利用すればいけるのでは?とやってみたらできた。

 

すでに自動仕訳や手入力で仕訳された仕訳がマネーフォワードのクラウド会計内に存在しています。

 

わかりやすく言えば過去のものです。

 

例えば

2020.9.20 役員報酬62,000 / 普通預金 62,000

という仕訳があれば、これをエクセルにエクスポート(出力)して、それを日付変えればいけるんじゃないか?と仮説を立てました。

2021.1.20 役員報酬62,000 / 普通預金 62,000

これを今度はインポート(入力)していると見事にデータが仕訳に反映されました。

 

具体的なエクセル入力のやり方

 

具体的なやり方をご説明していきます。

 

①クラウド会計の画面から↓の会計帳簿>仕訳帳をクリック。

 

ホーム画面の会計帳簿の仕訳帳のクリックします。

 

 

②具体的な勘定科目を選択し検索をクリック。

 

エクセルで入力したいと思っている勘定科目を選択します。

※今回の例は勘定科目の「役員報酬」です。

 

↓役員報酬を選び、検索をクリックします。

 

検索すると↓のように過去の入力された役員報酬が勘定科目の仕訳のみがでてきます。

 

 

③エクスポートのCSV出力をクリックします。

 

上で「役員報酬」が勘定科目の仕訳がでているのを確認してから、エクスポートのCSV出力をクリックします。

 

 

④ダウンロードをクリック

 

役員報酬の過去の入力した仕訳が出力されたので、これをエクセルにダウンロードします。

 

 

↓のように役員報酬の仕訳がエクセルに出力されます。

この例でいうと10月~1月の役員報酬62,000 / 普通預金 62,000がでています。

 

 

このエクセルデータをたたきにして数字を変えればおkというわけです。

 

⑤ダウンロードされたエクセルデータを入力したいデータに変える

 

実際に2/20、3/20で役員報酬62,000 / 普通預金 62,000をエクセルから入力したい例で考えます。

 

上のエクセルデータのうち、取引NOを消して、日付を2/20、3/20に変えます。

※取引NOは入力したままだとエラーになるので消します。

 

 

このエクセルデータを保存します。

それを今度はインポートします。

⑥再度、クラウド会計の画面から↓の会計帳簿>仕訳帳をクリック。

 

再度クラウド会計のホーム画面に戻り会計帳簿>仕訳帳をクリックします。

 

⑦インポート>仕訳帳をクリック

 

↓画面にあるインポート>仕訳帳クリックします。

 

 

⑧インポートするCSVファイルを選択の「ファイルを選択」をクリックして、保存したファイルをインポートする

 

 

↓先ほど保存した役員報酬のファイルを選択するとインポートボタンが押せるようになるので押します。

 

 

⑨数字・勘定科目等が間違っていないことを確認し、「確認」ボタンを押す

 

↓今回の例で言えば、2/20、3/20の役員報酬62,000 / 普通預金 62,000を入力したいのでこれでおkです。

 

 

エラーがあると↑で確認を押しても「エラー」となり先に進みません。

 

⑩最終確認であっていれば保存をクリック

 

 

 

⑪無事に仕訳完了

 

日付の下にインポートマークが表示され、無事にエクセルデータから入力ができました。

 

 

 

※まとめ

 

やってみたらわかると思いますが、マネフォワードが用意したテンプレやマニュアルを見ながらやってもエラー続出でなかなかできません。

 

結局、我流でやってみたらできました。

 

通常の自動仕訳されているものであれば楽ですが、一部補助科目等を使って細かい仕訳をするものはイチイチ入力するのは手間です。

 

エクセルで入力できるとかなり楽になります。

 

またこれから新規にクラウド会計を使ってみようという方もエクセルデータからの入力ができないイラつくと思いますので参考になれば幸いです。
以上、マネーフォワードのクラウド会計で仕訳をエクセルで入力する方法でした。

 

下記で1か月無料で試すことができます。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
fortyseo

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です