2017.10~(年齢40歳)から脱サラし起業しました。コストカットを徹底し、稼げなくても1人で気ままに生活できるよう日々試行錯誤しています。

【行政書士試験】行政不服審査法で間違えそうな条文整理

fortyseo
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
fortyseo

 

行政不服審査法で、まだ知識が定着しておらず、あやふやになってる条文をまとめておきます。

 

あくまで自分の知識整理用です。随時更新・修正していきます。

 

31条②「全ての」審理関係人を招集・37条①審理関係人を招集

 

31条②(口頭意見陳述)

前項本文の規定による意見の陳述は、審理員が期日及び場所を指定し、全ての審理関係人を招集してさせるものとする。

 

37条①(審理手続きの計画的遂行):TAC記述

審理員は、審査請求に係る事件について、審理すべき事項が多数であり又は錯綜しているなど事件が複雑であることその他の事情により、迅速かつ公正な審理を行うため、第三十一条から前条までに定める審理手続を計画的に遂行する必要がある認める場合には、期日及び場所を指定して、審理関係人を招集し、あらかじめ、これらの審理手続の申立てに関する意見の聴取を行うことができる。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
fortyseo

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です