2017.10~(年齢40歳)から脱サラし起業しました。コストカットを徹底し、稼げなくても1人で気ままに生活できるよう日々試行錯誤しています。

16時間断食のオートファジーを約2か月やってみた感想と変化

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

2021.3月1日~2021.4.24現在、16時間断食のオートファジーを続けています。

16時間断食というと何だか空腹でしんどそうなイメージが先行すると思いますが、空腹を感じるのは最初の1週間~2週間程度です。

 

その後は、1日3食のときと同じように普通に何事もない生活に戻っていきます。

 

目に見えるわかりやすい具体的な変化としては私の場合は以下2点がおきました。(健康面は良くなったかは不明)

 

①体重が70キロ→65キロに。(身長は170)
②1か月の食事が5万→3万へ

 

体重は2017年3月に人間ドックに行ったときに70キロでした。その後もずっとこんなもんでした。

 

それがオートファジー後の簡易な人間ドックで体重が66キロまでになりました。

 

それ以外に目にみえないことや、やってみて感じたことをご紹介します。

 

16時間断食オートファジーをやってみようと思ってキッカケ

 

私はもともと食事には執着しないタイプで、1日1食であとはコーラを飲むみたいな生活をしていました。

 

結果、常時、糖分を口に含むことになり、虫歯がたくさんできるようになり歯医者には定期的に通うことになりました。

 

おかげでハズレ歯医者を見極められるようになりました。

 

実際に社会人になって結婚するまでは体重は大体55~60キロくらいで、結婚後に常時70キロ程度で推移するようになりました。(身長は170)

 

結婚をキッカケとして普通の人並みに食事をするようになり、食事をとる習慣みたいなものができたためです。

 

離婚後も惰性で食事を定期的にとる習慣が残っていたわけですが、以下の本をたまたま目にしたので、健康にもいいのであれば昔の状態に戻そうと決意したわけです。
 
 
お金がない中で見切り発車で起業しましたが、起業後4年目になり、その間も1円たりともお金が減らなかったことから、金銭的には問題ないと自信を深めました。

なので、健康に気をつかう余裕がでてきたということです。

空腹を感じるのは最初の1週間~2週間くらい

 

16時間も食事をしないと、さぞかし空腹になるのでは思うかもしれませんが、最初の1週間~2週間くらいです。

 

私の場合は、喉の渇きと空腹を勘違いしていました。(お腹へっていないのに、食べたくなる気分になるのは喉が渇いているからだと理解しました。)

 

1日にコーラをたくさん飲む習慣はありましたが、それを辞めると水を飲むという習慣がないため、水を飲むということを一切してませんでした。(水はマズイからできるかぎり飲まないとしていました。)

 

最初の数日は、空腹に感じたら、仕方なく水を飲むということをやり、水を飲んだら空腹がやわらぐの繰り返しでした。

 

そのうちに空腹ではなく喉が渇いているのでは?と思うようになり、喉が渇かなければ空腹を感じにくいハズと仮定し定期的に水を飲むようになったら、空腹を感じることがなくなりました。

 

私の場合、「空腹に感じる=喉が渇いたとき」であり、それを防ぐために定期的に水を飲めばいいということに気が付くのに1週間~2週間かかったということです。

 

他の人はどうかわかりませんが、私の場合はそうでした。

 

1週間~2週間経過した以降は、特に空腹を感じることはなくなりました。加えて、水も抵抗なく飲めるようになりました。

 

長らく健康にも歯に悪いため、コーラを飲み続ける習慣を辞め、水を飲む習慣にしたいと思っていましたが、16時間断食のおかけで水を飲むことの習慣化に成功しました( ̄ー ̄)ニヤリ

 

どの時間を絶食の時間としたか?

 

私の場合は、わかりやすく0時から16時までを絶食の時間としました。

 

一時的ではなく、ずっと継続していくつもりなので、夕食の時間に普通に食事ができるような時間設定にしました。

 

2021.4時点は完全引きこもり状態で人と食事をするようなことはありませんが、万が一、人と接触するようなことがあると夕食時間に食事ができないと色々と面倒と思えたためです。

 

16時間はすぐ経過する

 

16時間も食べないのか!と思うかもしれませんが、結構すぐ経過します。

 

本の中でも書かれていますが、16時間の中に睡眠時間も含まれるわけなので、長いとは感じにくいと思います。

 

私の場合であれば、ざっくり朝の5時に寝て昼の12時~14時に起きます。

 

0時に絶食タイムに入ってから5時間程度活動して、後は寝るだけです。起きたらパソコンで色々と寝ている間のことをチェックしているとあっという間に2~3時間経過します。

 

1か月も継続してやっていれば、16時間断食をしているという感覚すらなくなってくると思います。

 

何を食べるか?

 

私はだいたいジョイフルに行って、500円の下記のエッグスラットプレートを食べます。

 

まともに食べるのは食事っぽい食事はこれだけです。(パン1個、卵、ヨーグルト、レタス)

 

がこれだけだと「栄養面」が心配なので、それっぽいもの(①~⑤)を食べることにしています。

 

①カロリーメイト1箱(ブロック4本)

 

②ウィダーインゼリー(エネルギー1個とビタミン1個)

 

③ヨーグルト1箱の半分

 

④カルシウムウエハース1つ

 

⑤らっきょう5粒

これで本当に栄養面が足りているかはわかりませんが、とりあえず、それっぽいものをこれでもか!と食べるようにしています。

 

種類は多いですが、量的には大したことありませんで5分もあれば食べ終わります。この①~⑤は食事というよりも薬という感覚です。

 

ヨーグルトとらっきょうは以下の本のマネをしました。

 

食費も月5万→3万程度になった

 

16時間断食をした副産物で食費が減りました( ̄ー ̄)ニヤリ

 

私は普段使ったお金をイオンカードで支払っています。

 

11日~翌月10日という締めなので、2月10~の引き落としからオートファジーの10日分の費用削減効果がのっかってきていることになります。

 

月約5万かかっていた食費が約3万まで減ってきました。

 

いつでも食べれると、どうしても不必要に物を買って食べてしまいます。16時間断食になると必然と食べれないので物を買わないようになりました。

 

これは良い傾向です。

 

私は月給6.2万で生活していて、この食費分が月の赤字になっているので、5万→3万になることは大きいです。

 

体重は70キロ→65キロへ(約2か月で5キロ減)

 

体重は別にどうでもいいのですが、目に見える変化として70キロ→65キロと5キロ減になりました。

 

おそらく食べ過ぎでなければ私の体重は60キロくらいになるのではないかと思っているので、おそらくあと5キロくらいは減っていくのではないかと想像しています。

 

食べるのが何もよりも大好きという人以外はおすすめの16時間断食

 

もともと1日3食というのは戦争時に屈強な人を大量生産させる仕組みだった説があります。

 

その時の政権と食品会社が癒着して1日3食というのを当たり前っぽくしたようです。

 

その名残で、今でも1日3食が当然っぽいようになっていますが、冷静に考えると食べ過ぎであることに気が付くと思います。

 

実際にやってみるとわかりますが、1日1食でも空腹になることなく十分問題なく生活できます。

 

食べるのが何よりも楽しいという人以外は16時間断食をやっていると良いと思います。

 

金銭的にも余裕ができ、健康状態が(たぶん)良くなり、無駄にあれこれ食べる時間もカットできるので良いことの方が多いと思います。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です