2017.10~(年齢40歳)から脱サラし起業しました。コストカットを徹底し、稼げなくても1人で気ままに生活できるよう日々試行錯誤しています。

アマゾンを使ったせどりで完全に終了。稼げてもコツコツでドカーンで大負けする可能性が大

fortyseo
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
fortyseo

※画像はアマゾンで稼ぐということのイメージです。一歩間違うと転落を表現。

 

アマゾンを使ったせどりで稼げる時代は完全に終了したと思われます。

せどりは昔からグレーゾーンであり、2021.8月時点でも同様にグレーゾーンです。

 

が明確に違ってきたのが、アマゾンが取り締まるスタンスです。

 

アマゾンは2021年6月ころから、「ちょっとでも疑わしきはとにかくアカバンする」という運営方針に変更された可能性が高いです。

 

※アカバン=アカウントをバンする=アカウントを停止・閉鎖するの意味です。

 

アカバンされると、以下のような人によっては即死級のダメージを被弾します。

 

・約2週間分の売上が永久凍結される

・ビックリするくらいの高い値段・速さで売れるアマゾン販路を失う

・訴訟リスク

・過去にさかのぼって返金対応させられる(おそらく時効の期限10年まで)

 

このように言わば、その人の人生そのものを変えてしまう可能性がある重大な処分を、アマゾンは確固たる証拠もなく軽いタッチで実行するという運営方針に2021.8月時点でなっています。

 

もはや、副業の代表格である「せどりで稼げる♪」は名実とも終了したと判断するのが妥当です。

 

10万~20万稼いだ♪とウェーイ!とやっているとある日100万~200万の損失を被ることになると思えますので、注意が必要です。

 

よくリスク分散で他販路(楽天・ヤフショ)を!という人がいますが、ズレてます。物販やるならアマゾンの一択しかありません。

 

イメージ言うなら、移動における「アマゾンは車」で「他販路は自転車」です。

 

車を封じ込まれると基本移動は無理です。自転車でもしようと思えば移動はできますが、途方もなく効率が悪くなるというのに似ています。

 

引き金は2021年6月20日の産経新聞

 

以前からアマゾンは偽物を超簡単に出品でき、しかもそれが高値でたくさん売れる状況でした。

 

この状態で脱法者が群がらないわけがありません。

 

しかもアマゾンが全く取り締まらないという状況が続いていました。

 

中華が代表的ですが、日本人も程度の差こそあれ脱法行為のオンパレードです。

 

がこの流れが明確に変わったのが2021年6月20日の産経新聞です。

 

6月20日の産経新聞にアマゾンのサイト上に女性芸能人の名誉棄損やわいせつ物頒布の疑いがある不正商品が多数販売されているとの記事が掲載されました。

 

これを受けて、推定ですが国から行政指導的なものが入ったと推定されます。

 

6月24日以降にアマゾンはとりあえず問答無用でアカウント停止を始めました。

 

加えて、アマゾンの創始者ジェフ・ベソㇲが退任しています。物販のトップも変わったと思われます。

 

以上のことより、アマゾンは基本、メーカーもしくは正規代理店契約をしている店以外は排除という経営方針に転換したと推察できます。

 

アマゾンの問題は停止に至る判断が「いいかげん」

 

違法物を販売した場合は、取り締まりを強化してもらって全く問題はありません。

 

問題はアマゾンの取り締まりが超いいかげんということです。

 

アマゾンは面倒なことは機械化(AI化)するというのが根底の方針らしいです。

 

結果アマゾンが取った行動は、無差別に商品を精査せずに「キーワード」だけでアカウントを停止するということをしました。

 

具体例が以下です。

 

・女性芸能人の名前 + 〇〇(タオル 写真 ポスターなど)

・男性芸能人の名前 + 〇〇(タオル 写真 ポスターなど)

・アニメキャラ + 〇〇

 

中華出品者が多いですが、芸能人の写真を無許可に印刷したポスターや写真、枕など知財の違反から、アイコラ系の猥褻なものを、上のキーワードで捕捉することができるためです。

 

無差別にアカウントを停止するために当然にえん罪が発生します。がアマゾンは、それを当然とばかりに実行し続けています。

 

わかっていて意図的にやっています。

 

そのため、証拠書類を停止して異議申し立てをしても受け付けないないよ!と明言しています。

 

今回の違反の性質上、ポリシー又は法令違反に該当しないことの証明を目的とした資料等をお送りいただいても


Amazonでは当該資料を精査いたしかねますことをあらかじめご了承ください。

 

実際には異議申し立てを受けていましたが、かなり常軌を逸した措置であることがわかると思います。

 

アマゾンはマスク規制時にタイガーマスクのフィギュアでアカウントを停止する

 

アマゾンのいいかげんさの象徴がコロナ中のマスク規制です。

 

マスク転売に規制をかけるのは全く問題がありませんが、アマゾンはただ「マスク」と文字が入る商品の出品者のアカウントを停止しました。

 

タイガーマスクのフィギュアでアカウントが停止された事例が話題になりました。

出典:セラーフォーラム

つまり、アマゾンは下手すれば人の人生が変わってしまうかもしれないアカウント停止措置を極めて雑に超適当にやっているというのが事実で、セラーがどれだけクレームが入ろうが改善の気配がありません。

 

むしろ、拍車がかかって、次々とアカウントの無差別アカバンをやっているのが2021.8月現在まで現在進行形で続いています。

 

アマゾンでのせどりが終了な決定的な理由

 

2021.8.23のセラーフォーラムに恐ろしい事実が投稿されました。

 

知財が原因でアカウント閉鎖になった場合に、売上金没収だけでなく、過去の販売したものがすべて返金されるという驚愕の事実です。

出典:セラーフォーラム

 

こうなると一瞬で即死する人がほとんどです。

 

この方は86万が留保されている売上金だけでは足らずに請求されています。規模によると思いますが、推定だと数百万は持っていかれたことになるのではないでしょうか?

 

出典:セラーフォーラム

 

加えて、抱えている在庫をアマゾンより値段も安く、売れる速度も激落ちした他販路でさばくことになります。

 

まさに綱渡りからの転落です。

 

〇〇万稼いだぜぇ~とイキっても数年後のすべて強制返金され、数百万級の損が発生する可能性があるということです。

 

 

もはやアマゾンは簡単にアカウントが閉鎖(売上金没収される)場所であり、稼ぐ場所にあらず

 

経験したものにしかわかりませんが、アマゾンでは会話が通じません。

 

正規品を正規ルート販売していれば問題ないっしょ♪と考える方が甘いです。

 

正規品を正規ルート仕入れで販売していても、アマゾンが求める独自の基準を網羅した上で異議申し立てをしないと却下されると事実があります。

 

下記を参照ください。私は正規商品を正規ルートから仕入れて販売した商品で真贋調査がアウトになっています。

 

簡単ではないわけです。

 

アマゾンの審査を通すやり方を理解していないとアウトになることは経験者でないと理解ができないでしょう。

 

そのため、相場で20万前後がアマゾンアカウント停止を解除させるための解除ビジネスが成立しているわけです。

 

もうAmazonを使ったせどりは終了したと考えるのが妥当です。

 

※アカウントは生きていますが、私は撤退しています。利用すれば、いま保有の在庫で100万以上は稼げますが、やりません。

アマゾンは最終販売から3か月経過しないとアカウントが閉鎖できません。

私の場合は9月24日~アカウントが閉鎖可能なので閉鎖させる予定です。怖くてとてもではないですが、できません。

 

が世間一般では、せどりをやっていないインチキ情報商材屋が稼げる代表としてせどりを推奨しまくっている現状があります。

 

それでおきることは、素人がドンドンとカイジの綱渡りゲームに参戦しているということです。

 

出典:カイジ

 

軽い気持ちで参戦すると、転落死して致命傷になるので気をつけてください。

 

もしくは渡り切れる自信のある人以外はやらない方が無難です。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
fortyseo

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です